メインメニューを開く

来歴編集

神奈川県茅ヶ崎市出身。神奈川県立鶴嶺高等学校慶應義塾大学法学部法律学科卒業。1991年TBS(当時の東京放送)に入社。同期にはアナウンサーの秋沢淳子安東弘樹、映画事業部担当部長の平野隆、現TBSラジオ国会担当記者の武田一顯、制作局プロデューサーの大久保竜らがいる。

ADなどを務めた[1]後、報道局社会部に配属。警視庁検察庁担当記者としてオウム真理教事件警察庁長官狙撃事件など歴史に残る大事件をはじめ、東京地検特捜部が手がけた数々の事件を取材後、外信部ニューヨーク支局特派員となる。[2]帰国後は『イブニング・ファイブ』の編集長、社会部および外信部でデスクを務め、2009年7月より『総力報道!THE NEWS』にキャスターとして出演。報道局ニュース部次長、『Nスタ』編集長を経て[3]2013年4月1日 - 2014年10月3日は夕方の報道情報番組『Nスタ』(平日のみ)に出演し、JNN協定枠(17:50 - 18:15)のメインキャスターを務めた。2014年10月6日 - 2017年3月31日はリニューアルされたNスタのニュースゾーン『Nスタ・第2部(ニューズアイ)』(17:50 - 19:00[4])のメインキャスターを務めた。

人物・エピソード編集

  • 幼少時より空手を習っており、有段者。
  • ニューヨーク支局では現場至上主義を掲げ、FBICIAの対テロ戦争の裏側や国連を中心に取材。さらには凶悪なストリートギャングに半年間潜入密着、児童買春の少年少女の実態を追うなど社会問題を中心に特集を製作した。またスペースシャトルコロンビア号の空中分解事故ハイチのクーデターさらにはハリケーンの「カトリーナ」による災害など多くの犠牲者を出した現場からもリポートした[2]
  • 報道特集NEXT』のディレクターの一人でもある。
  • 『総力報道!THE NEWS』出演時、裁判員裁判のニュースを報じる際に自ら描いた法廷内スケッチを使って解説を行い、中継レポートでもスケッチやイラストを多用した。
  • 東京ディズニーランドに計15回ほど訪れたことがある。また外国にあるディズニーランドにも複数ヵ所訪れたことがある。[5]

親族編集

現在の出演番組編集

過去の出演番組編集

著書編集

  • 『ドキュメント秘匿捜査・警視庁公安部外事1課スパイハンターの344日』 講談社、2009年2月。
  • 『時効捜査 警察庁長官狙撃事件の深層』 講談社・第42回大宅壮一ノンフィクション賞候補、2010年4月。
  • 『背乗り 警視庁公安部外事二課』 講談社、2014年9月。
  • 『マルトク 特別協力者 警視庁公安部外事二課』 講談社、2015年10月。
  • 『完全秘匿 警察庁長官狙撃事件』 講談社+α文庫、2016年2月。[10]

脚注・出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ gooテレビ番組『2013年3月28日・ちちんぷいぷい』(2013年11月4日閲覧)
  2. ^ a b 総力報道!THE NEWS キャスタープロフィール2013年4月15日閲覧。
  3. ^ 第十一回梓立祭2013年4月15日閲覧。
  4. ^ JNN協定枠は17:50 - 18:15
  5. ^ TVでた蔵『2013年5月7日・Nスタ』(2013年11月4日閲覧)
  6. ^ 宿毛市役所facebook - 『第11回梓立祭のお知らせ』に「竹内明氏(竹内明太郎の曾孫)」と表記。2013年4月15日閲覧。
  7. ^ 自由民権運動に関わり、自由党に入党して『東京絵入自由新聞』を創刊。その後、佐賀県の芳谷炭鉱を経営。小松製作所、唐津鉄工所の創立者であり、日産自動車の前身の快進社等を設立し、さらに早稲田大学理工学部、高知県工業高等学校(現・高知県立高知工業高等学校)などを創設し、工業立国に尽力した。ちなみに、国産第1号車であり日産自動車のブランド名として使用されていた「ダットサン」(DATSUN)のTは竹内明太郎の頭文字のTである。
  8. ^ 原則、第1部内コーナー「NEWSこれはジケンだ!」と第2部のJNN協定枠(17:50 - 18:15)のみの出演だが、重大なニュースが入電された場合は時間帯に関係なく出演した。
  9. ^ 当日は日曜日で通常は出演しないが、ISILによる日本人拘束事件が急転したことに伴い“緊急特番”とし放送時間を拡大したため出演。
  10. ^ 2010年刊「時効捜査 警察庁長官狙撃事件の深層」を文庫化した上で改題。また内容も一部加筆・修正を行った。

外部リンク編集