メインメニューを開く

第4次吉田内閣(だいよじ よしだないかく)は、衆議院議員自由党総裁吉田茂が第50代内閣総理大臣に任命され、1952年昭和27年)10月30日から1953年(昭和28年)5月21日まで続いた日本の内閣である。

第4次吉田内閣
The 4th cabinet of Yoshida Shigeru.JPG
国務大臣任命式後の記念撮影
(1952年10月30日)
内閣総理大臣 第50代 吉田茂
成立年月日 1952年昭和27年)10月30日
終了年月日 1953年(昭和28年)5月21日
与党・支持基盤 自由党、(緑風会[注釈 1]
施行した選挙 第26回衆議院議員総選挙
衆議院解散 1953年(昭和28年)3月14日
バカヤロー解散
内閣閣僚名簿(首相官邸)
テンプレートを表示

目次

概要編集

第4次内閣は大日本帝国憲法下での1900年明治33年)に伊藤博文明治天皇からの大命降下を受けて組閣した第4次伊藤内閣以来であり[1]日本国憲法下では初めてであった。また、この後第4次内閣を組閣した内閣は長らく存在しなかったが、65年後の2017年平成29年)に安倍晋三が第195回国会で首班指名を経て第4次安倍内閣を組閣した[1][2]

今日バカヤロー解散として知られる吉田の発言があったのが、この内閣の時である。第25回衆議院議員総選挙の結果発足した内閣だが、この発言によりわずか半年余りで解散となった。

閣僚編集

内閣官房長官・副長官編集

政務次官編集

1952年(昭和27年)11月10日任命。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 会派として与党入りしていない。

出典編集

  1. ^ a b “【第4次安倍政権】新内閣が発足 安倍晋三首相、第98代首相に選出”. 産経ニュース. 産業経済新聞社. (2017年11月1日). http://www.sankei.com/politics/news/171101/plt1711010025-n1.html 2017年11月2日閲覧。 
  2. ^ なお、財務大臣の麻生太郎は吉田の孫にあたる。

関連項目編集

参考文献編集

外部リンク編集