篠原保

篠原 保(しのはら たもつ、1965年11月7日[1] - )は、日本のキャラクターデザイナーイラストレーターである。

特撮のキャラクターデザインを中心にアニメや玩具など、幅広い分野を手がけている。

目次

経歴編集

鹿児島県鹿児島市出身。九州芸術工科大学芸術工学部(現:九州大学芸術工学部)画像設計学科卒[1]。大学在学中の1987年、『超人機メタルダー』のキャラクターデザインでデビュー[2][3]。ただし、同作品や翌年の『世界忍者戦ジライヤ』などへの参加は本人的にはあくまで「ヘルプ」という意識だったようで、自身のウェブサイトでは1989年の『高速戦隊ターボレンジャー』がデビュー作という扱いとなっている[1]。1988年に大学卒業後、デビューのきっかけとなった師匠である雨宮慶太主宰の有限会社クラウドに入社[1]

1989年に『高速戦隊ターボレンジャー』の敵デザインを単独で手がける[4]。元々はクラウドへのオファーであったが、当時は雨宮が『仮面ライダーBLACK RX』と『機動刑事ジバン』を担当して多忙であったため、企画者104の推薦もあり選ばれた[2]。以後、『忍者戦隊カクレンジャー』まで『鳥人戦隊ジェットマン』を除くスーパー戦隊シリーズの怪人デザインを手がけた。

1995年にクラウドを退社した後はフリーランスとして活動を開始する[1]フリーランスでの活動開始と前後して3DCGにも手を伸ばしており、スーパー戦隊Vシネマや『人造人間ハカイダー』ではソフトのジャケットデザインを多数手がけている。

1996年、『超光戦士シャンゼリオン』にて、ヒーロー側も含めたほとんどのデザインを手がける[1]。その後はゲームや『変身サイボーグ99』などの玩具デザイン、『鉄甲機ミカヅキ』への参加を経て、2001年に『破壊魔定光』でアニメ作品を初担当。

2002年より仮面ライダーシリーズに参加して以降はほぼ毎年、東映特撮に参加している[3]。2006年6月には、初の作品集となる『イコン』が発売された。

実生活では2005年2月20日に長男が誕生し、1児の父親となった[1]沖縄県在住。

作風編集

雨宮の影響が強く、怪人ごとにシルエットの変化を念頭に置いた作風が特徴である。『地球戦隊ファイブマン』の終盤頃から雨宮からの影響で筆ペンを用いるようになる[5]

雨宮や同業の出渕裕らは、自身の手がけたキャラクターが思い通りに活躍しないことへの不満から自ら監督として作品を手がけるようになり、篠原へも自分でキャラクターを動かせる立場になるよう勧めているが、篠原自身はやられ役の怪人を望んで描いているため不満はなく、むしろ自身のキャラクターが造形化されることに感謝をしている[3]

スーパー戦隊シリーズで携わる企画者104の松井大は、篠原は締め切りのぎりぎりまでデザインに時間をかけることが多く、次の発注に移っても前に発注したものの別案が提出されてくることもあったと証言している[6]

活動編集

テレビ作品編集

特撮編集

アニメ編集

映画編集

※前項に属する作品の映画化は除く。

オリジナルビデオ編集

※前項に属する作品のビデオ化タイトルは除く。

漫画編集

  • 1991年 鉄機剣士・武王伝(キャラクターデザイン)

ゲーム編集

小説編集

  • 2008年 真っ黒焦げの凶暴なウサギ(※著/和智正喜)(キャラクターデザイン)

玩具編集

※前項に属する作品の商品化は除く。

  • 1999年 トキマ・スチームヘッド
  • 1999年 変身サイボーグ99
  • 2003年 ミクロマン200X(マスターフォース他)
  • 2007年 ACTION WORKSシリーズ

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 篠原保. “ABOUT ME”. 2014年12月30日閲覧。
  2. ^ a b 百化繚乱 上之巻 2011, pp. 358-360, 「DESIGNER'S INTERVIEW13 篠原保」
  3. ^ a b c 百化繚乱 下之巻 2012, pp. 358-361, 「DESIGNER'S INTERVIEW12 篠原保」
  4. ^ 百化繚乱 上之巻 2011, p. 238.
  5. ^ 百化繚乱 上之巻 2011, pp. 280、360.
  6. ^ 「特別対談 横田誠(企画者104×松井大(企画者104)×野中剛)」、『宇宙船』vol.151(WINTER 2016.冬)、ホビージャパン2015年12月29日、 pp.112-113、 ISBN 978-4-7986-1147-1
  7. ^ 百化繚乱 上之巻 2011, p. 253.
  8. ^ 百化繚乱 上之巻 2011, p. 303.
  9. ^ 百化繚乱 上之巻 2011, p. 246.
  10. ^ 百化繚乱 上之巻 2011, p. 302.
  11. ^ ミノタウロス、ナパイア、デュラハン、コウガサブロウ、テンカイ、ケムトレイル、エンシェントデイ、サナト。『真・女神転生IV 公式設定画集』148-155pより。

参考文献編集

  • 『東映スーパー戦隊シリーズ35作品記念公式図録 百化繚乱 [上之巻] 戦隊怪人デザイン大鑑 1975-1995』 グライドメディア、2011年12月9日ISBN 978-4813021636
  • 『東映スーパー戦隊シリーズ35作品記念公式図録 百化繚乱 [下之巻] 戦隊怪人デザイン大鑑 1995-2012』 グライドメディア、2012年10月16日ISBN 978-4-8130-2180-3

外部リンク編集