苫小牧日劇(とまこまいにちげき)は、かつて北海道苫小牧市寿町2丁目(国道36号沿い)に存在していた映画館である。

苫小牧日劇
Tomakomai Nichigeki
情報
正式名称 苫小牧日劇
完成 1956年
開館 1956年8月
開館公演 誇り高き男
閉館 2005年4月22日
最終公演 アビエイター(日劇)
ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月(日劇2)
収容人員 (2館合計)433人
設備 DOLBY SR
用途 映画上映
運営 文化興業株式会社
所在地 053-0016
北海道苫小牧市寿町2丁目4-14
アクセス JR苫小牧駅南口から徒歩20分
苫小牧市営バス「アイビープラザ前」停留所下車徒歩2分
テンプレートを表示

概要編集

劇場の特徴編集

  • 元々2階席を有する映画館としてオープンしたせいか、ロビーと売店はすべて1階に集約されていた。ドルビーデジタル及びDTS音響は閉館まで一貫して導入しなかった。
  • 座席数及び椅子の色はすべて閉館時のもの。
スクリーン 座席数 椅子の色
日劇(1階) 257
日劇2(2階) 176

かつて存在した苫小牧市内の映画館編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ “苫小牧市内の映画館2つ閉館へ”. 苫小牧民報 (苫小牧民報社). (2005年4月7日). オリジナルの2005年4月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20050429194352/http://www.tomamin.co.jp/2005/tp050407.htm 2010年8月15日閲覧。 
  2. ^ 現在は角川映画に事業統合。興行部門は角川シネプレックス(現:シネプレックス)に移管。
  3. ^ この年の12月4日にオープンした「シネプレックス旭川」に移行したためとされる。
  4. ^ ただし苫小牧市内で撮影された『スマイル 聖夜の奇跡』(2007年12月15日公開)や『のぼうの城』(2012年11月2日公開)はディノスシネマズ苫小牧も公開日と同日封切を行っていた。