メインメニューを開く

荒尾氏(あらおし)は、日本氏族の一つ。尾張国知多郡(現在の愛知県東海市)より起こり、江戸時代には米子城城代職を務めた氏族が著名。

荒尾氏
家紋
九曜くよう
本姓 高階朝臣
在原朝臣?
家祖 荒尾善次
種別 武家
華族男爵
出身地 尾張国知多郡
主な根拠地 尾張国荒尾郷・中島郡
尾張国知多郡荒尾村
著名な人物 荒尾宗顕
支流、分家 荒尾但馬家(分家)武家
荒尾志摩家武家
平手氏?(武家
凡例 / Category:日本の氏族

歴史編集

現存する文書[1]から、鎌倉幕府御家人としての荒尾氏が、南北朝期に荒尾郷および尾張国中島郡にその諸領をもっていたことが推定されている。この一族が高階氏を名乗っていたのに対し、戦国期に知多郡の木田城を本拠とした荒尾空善、その娘婿善次に始まる荒尾家は、後に在原氏を称した(実際は土豪と伝わる)。寛政呈譜には「先祖より代々知多郡の荒尾村に住せしより屋号とす」とある。

末裔に鳥取藩池田氏に仕えた家老家があり、1つは但馬守成房を祖とし、米子城城代を務めた家(荒尾但馬家、米子荒尾家)、1つはその弟志摩守隆重を祖とし、元和一国一城令廃城となった倉吉城(打吹城)下に陣屋を構えてこの地を領した家(荒尾志摩家、倉吉荒尾家)である。

鳥取岡山二つの大藩は共に池田輝政を祖にもつが、その輝政の母(善応院)は荒尾善次の娘である。善次の子成房を父にもつ鳥取藩家老「成利(荒尾但馬)」「山就(嵩就。荒尾志摩。叔父志摩守隆重の養子となる)」は輝政の従兄弟にあたる。それゆえ鳥取藩代々の藩主は両荒尾家に、その所領支配に関して全権を委任し、幕末に至る200年以上の間、米子倉吉の地は、荒尾家によって統治された(成利が米子城代となったのは寛永9年(1632年)である)。これを自分手政治という。

鳥取県米子市のJR境線博労町駅を降りて左側の坂道をのぼると荒尾但馬家一族の菩提寺黄檗宗「了春寺」(同市博労町)がある。荒尾氏の墓碑群のなかに異質の新しい墓碑が目立っている。男爵荒尾之茂と縁組した冷泉家22代当主冷泉為系の長女須賀子の墓である。墓所の前には2人が読んだ歌碑が建っている。

  • ゆめかとも思う許りに故郷の 天守のあとに交す盃 之茂
  • 天主台のほりてみれはきりはれて なみちはるかに隠岐のしまみゆ 須賀子

なお荒尾志摩家の墓所は倉吉市仲ノ町、打吹山の西中腹にあり、ふもとにはその菩提寺曹洞宗「満正寺」(同鍛冶町1丁目2948)がある。

歴代当主編集

荒尾但馬家(伯耆米子城代)編集

廃藩後の当主は成富の子成文、成文の子之茂男爵)である。 新修「米子市史」第2巻(2004年)82項による。

荒尾志摩家編集

廃藩後の当主は光就恒就の子)、光就の子嘉就男爵)である。新編「倉吉市史」第2巻(1995年)229項による。男子は養子が入っているが、女系による相続だろうか。

系譜編集

その他の荒尾氏編集

尾張荒尾氏の他にも、美濃国不破郡より起こった荒尾氏や、肥後国玉名郡より起こった荒尾氏が挙げられる。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 荒尾宗顕書状(嘉暦2年(1327年)の土地譲渡書など。妙興寺文書として愛知県一宮市博物館で収蔵)およびその子、荒尾泰隆の寄進状(応安5年(1372年)。京都大徳寺文書)など。「東海市史」通史編(1990年)144項から146項

外部リンク編集