メインメニューを開く

萩原 仁(はぎはら ひとし、1967年9月12日 - )は、日本政治家。元衆議院議員(1期)。

萩原 仁
はぎはら ひとし
生年月日 (1967-09-12) 1967年9月12日(52歳)
出生地 日本の旗大阪市
出身校 近畿大学商経学部
浪速高等学校
前職 衆議院議員
所属政党民主党→)
国民の生活が第一→)
日本未来の党→)
新党大地→)
無所属→)
国民民主党

選挙区 大阪2区
当選回数 1回
在任期間 2009年 - 2012年11月16日
テンプレートを表示

略歴編集

大阪市生まれ。私立浪速高等学校を経て近畿大学商経学部に入学。卒業後は松下電工に就職し、27歳で萩原都市建築研究所を設立した。2005年第44回衆議院議員総選挙民主党公認として大阪2区から出馬するが、自由民主党の公認を受けた川条志嘉に21008票の差をつけられて落選。同選挙区では、郵政民営化に反対して無所属となった左藤章も出馬し、川条とは2530票差をつけられた。

2009年第45回衆議院議員総選挙では、連合大阪の支援を受け[1]、再び大阪2区から出馬し、初当選した(この選挙でも、左藤や川条と小選挙区の議席を争ったが、次点の左藤とは19064票差、川条とは56535票差をつけた。)早々に一新会小沢一郎グループ)入りし、いわゆる「小沢チルドレン」の象徴的存在と目され、玉城デニー衆議院議員らと「一新会七与力」と呼ばれ、以来、衆議院外務委員会理事、衆議院倫理選挙特別委員会理事、衆議院安全保障委員会委員、衆議院北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会委員、衆議院海賊行為への対処並びに国際テロリズムの防止及び我が国の協力支援活動等に関する特別委員会委員、党幹事長補佐、党国会対策副委員長、党総務副委員長、党府連代表代行、党府連副幹事長、22年12月芦屋大学客員准教授、24年1月米国国務省ivyprogramにて米国研修、米国フロリダ州ペンサコーラ名誉市民、8月日本ユネスコ国内委員会委員等の要職を歴任した。

2012年消費増税をめぐる政局では、野田内閣による消費増税法案の閣議決定に抗議して党幹事長補佐の辞表を提出し、4月23日の党役員会で受理された[2]。6月26日の衆議院本会議で行われた消費増税法案の採決では、党の賛成方針に反して反対票を投じた[3][4]。7月2日には山岡賢次らを介して離党届が提出された[5][6][7]。民主党は7月3日の常任幹事会で離党届を受理せず除籍処分とする方針を決定し[8][9][10][11][12]、7月9日の常任幹事会で正式決定した[13][14][15]

同年7月11日、国民の生活が第一の結党に参加した[16]。12月16日の第46回衆議院議員総選挙に同党公認で大阪2区より出馬するも、落選。

その後、2013年第23回参議院議員通常選挙新党大地公認で比例区から出馬するが落選。

2019年にかつての領袖であった小沢一郎が国民民主党に合流すると萩原も同党に参加し、党大阪府連常任幹事に就任[17]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 連合大阪 活動と情報>選挙 > 第45回衆議院議員選挙[1]
  2. ^ “<民主党>「小沢系」の辞表受理”. 毎日新聞. (2012年4月23日). オリジナルの2012年4月26日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120426085016/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120423-00000110-mai-pol 
  3. ^ “反対・棄権・欠席した民主党衆院議員の顔ぶれ”. 読売新聞. (2012年6月26日). オリジナルの2012年6月29日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120629063641/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120626-00001155-yom-pol 
  4. ^ “<消費増税法案>民主57人反対 事実上の分裂状態に”. 毎日新聞. (2012年6月26日). オリジナルの2012年6月29日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120629055717/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120626-00000109-mai-pol 
  5. ^ “【民主分裂】谷亮子氏、姫井由美子氏、青木愛氏…山岡賢次民主副代表提出の離党届議員 一部は離党否定”. 産経新聞. (2012年7月2日). オリジナルの2012年7月2日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120702121257/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120702/stt12070213160009-n1.htm 
  6. ^ “<民主分裂>小沢元代表ら50人離党届 階、辻氏は離党せず”. 毎日新聞. (2012年7月2日). オリジナルの2012年7月4日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120704082643/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120702-00000030-mai-pol 
  7. ^ “離党届を提出した衆参議員一覧…小沢ガールズも”. 読売新聞. (2012年7月2日). オリジナルの2012年7月5日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120705002041/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120702-00000620-yom-pol 
  8. ^ “【民主分裂】一体改革関連法案をめぐる民主党の処分・措置等一覧(敬称略)”. 産経新聞. (2012年7月3日). オリジナルの2012年7月4日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120704214346/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120703/plc12070321090021-n1.htm 
  9. ^ “【民主分裂】離党届提出の衆院37人を除名 鳩山元首相は党員資格停止6カ月”. 産経新聞. (2012年7月3日). オリジナルの2012年7月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120703102153/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120703/plc12070315420018-n1.htm 
  10. ^ “小沢氏ら37人除籍=民主処分、鳩山氏は資格停止6カ月―離党組減り衆参49人”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2012年7月3日). オリジナルの2012年7月6日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120706051520/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120703-00000085-jij-pol 
  11. ^ “民主党:小沢元代表ら衆院37人除名、鳩山氏党員資格停止”. 毎日新聞. (2012年7月3日). オリジナルの2012年7月5日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120705212346/http://mainichi.jp/select/news/20120703k0000e010209000c.html 
  12. ^ “小沢氏ら37人除名処分へ 鳩山氏は党員資格停止6カ月”. 朝日新聞. (2012年7月4日). オリジナルの2013年4月24日時点によるアーカイブ。. http://archive.fo/FdGKU 
  13. ^ “鳩山氏は資格停止3カ月=小沢氏らの除籍決定―民主”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2012年7月9日). オリジナルの2012年7月12日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120712005450/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120709-00000114-jij-pol 
  14. ^ “鳩山元首相、党員資格停止3カ月に短縮 小沢元代表ら37人除籍処分は原案通り 民主党臨時常任幹事会”. 産経新聞. (2012年7月9日). オリジナルの2012年7月9日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120709140751/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120709/stt12070921200005-n1.htm 
  15. ^ “民主:鳩山元首相の処分半減 増税法案反対で”. 毎日新聞. (2012年7月9日). オリジナルの2012年8月7日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120807002014/http://mainichi.jp/select/news/20120710k0000m010062000c.html 
  16. ^ 新党の参加議員 - 時事ドットコム 2012年7月11日
  17. ^ 役員情報” (日本語). 国民民主党. 2019年7月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月20日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集