メインメニューを開く

藤川 一秋(ふじかわ いっしゅう、本名・かずあき[1]1914年9月14日 - 1992年8月17日)は、日本実業家政治家参議院議員(1期)。元トピー工業社長。

藤川 一秋
ふじかわ いっしゅう
生年月日 1914年9月14日
出生地 愛知県額田郡額田町(現・岡崎市
没年月日 (1992-08-17) 1992年8月17日(77歳没)
出身校 慶應義塾大学通信教育課程経済学科
前職 トピー工業社長
所属政党 自由民主党
称号 勲二等瑞宝章

選挙区 愛知県選挙区
当選回数 1回
在任期間 1974年7月8日 - 1980年7月7日
テンプレートを表示

経歴編集

愛知県額田郡額田町(現・岡崎市)の農家に生まれる[2]。尋常小学校高等科を卒業後、愛知県庁に勤務。1935年(昭和10年)、上京して報知新聞社に入社。1939年(昭和14年)、東京シヤリングに転職。1943年(昭和18年)10月、東京シヤリングは宮製鋼所と合併し東都製鋼が発足。1946年(昭和21年)、同社の取締役に抜擢された。常務を経て1947年(昭和22年)に社長に就任。1952年(昭和27年)、車輪工業社長を兼務。1953年(昭和28年)に慶應義塾大学通信教育課程経済学科卒業[3]

1964年(昭和39年)7月、東都製鋼・車輪工業・東都造機・東都鉄構の4社を合併しトピー工業株式会社を設立した。初代社長に就任。1968年(昭和43年)に社長を退き[2]、会長職に就いた。

1974年(昭和49年)7月、第10回参議院議員通常選挙自由民主党公認で愛知県選挙区から出馬し初当選。

1977年(昭和52年)11月28日に発足した福田赳夫改造内閣行政管理政務次官を務めた。1980年(昭和55年)の参院選には出馬せず、そのまま政界を引退した。1984年(昭和59年)11月、勲二等瑞宝章を受章[1]

次男の藤川千秋が1986年(昭和61年)の第38回衆議院議員総選挙旧愛知4区)に無所属で、1996年(平成8年)の第41回衆議院議員総選挙愛知14区)に民主党公認で出馬しているが、いずれも落選している。

1992年(平成4年)8月17日、腎不全のため慶應義塾大学病院で死去[1][4]。77歳没。

脚注編集

  1. ^ a b c 中日新聞』1992年8月18日付朝刊、29面、「藤川一秋氏死去」。
  2. ^ a b 菊地浩之. “1950年代における 旧財閥系企業の株式所有構造 (PDF)”. 政治経済研究所. 2018年5月6日閲覧。
  3. ^ 藤川 一秋(フジカワ イッシュウ)とは - コトバンク(『20世紀日本人名事典』、『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』)
  4. ^ 日経産業新聞』1992年8月18日、19面、「トピー工業、元社長創設者藤川一秋氏死去」。

関連項目編集