メインメニューを開く

伊庭 孝(いば たかし、1887年12月1日 - 1937年2月25日)は、日本の俳優演出家作詞家音楽評論家である。佐々紅華田谷力三藤原義江らとともに「浅草オペラ」を築き上げたことで知られる。剣術流派心形刀流宗家である伊庭家の傍系の出身で、幕末の幕臣伊庭八郎の甥、日本海軍中将金田秀太郎の従兄弟にあたる。星亨を刺殺し獄中死した伊庭想太郎は養父。

目次

来歴・人物編集

生い立ち編集

1887年(明治20年)12月1日東京市神田駿河台に雑誌社経営者の伊庭真の次男として生まれる[1]。幼少期に両親を相次いで亡くし、本家である心形刀流宗家当主伊庭想太郎の養子となる。番町小学校から東京府立一中に進学し[1]谷崎潤一郎らと同期だった。14歳のとき、養父の想太郎が刺殺事件を起こしたため府立第一中学を中退し、実兄で医師の伊庭秀栄[2]がいた大阪に移り、天王寺中学に転校する[3]折口信夫緒方章らと親交を結び、校友会雑誌『桃蔭』に中学生とは思えぬ端麗な随想を幾編も寄稿した[1]。また、幼い頃から西洋音楽に親しみ、数種の楽器を弾きこなし、英独語などの外国語を得意とした[3]。緒方の紹介で日本基督教団天満教会に通い、牧師長田時行より洗礼を受ける[1]。同志社神学校(現 同志社大学)に入学するも、高畠素之遠藤友四郎らとともに学内で社会主義を唱え、1年半ほどで中退する。上京し、同志社の関係者が営んでいたキリスト教系の出版社警醒社書店に洋書係として勤務のかたわら、歌舞伎新劇に触れ、友人を通じて『文章世界』に寄稿し、上山草人らと知り合い、『演劇評論』を創刊するなど演劇に傾倒していく[3][1]

オペラのあけぼの編集

1912年(大正元年)10月、24歳のとき、上山草人らと「近代劇協会」を設立、有楽座での旗揚げ公演はイプセン作の『ヘッダ・ガブラー』、翌1913年(大正2年)3月、帝国劇場グノー作のオペラ『ファウスト』を上演、オーケストラの指揮は竹内平吉が執った。語学の得意な伊庭は、訳語に間違いを見つけ、訳者の森鴎外に礼を言われている[4]

1915年(大正4年)4月4日、ピアニスト沢田柳吉の紹介でダンサー高木徳子と出会う。翌1916年(大正5年)9月、28歳のとき、高木とともに「歌舞劇協会」を設立、川上貞奴の一座との合同公演を甲府、暮れには赤坂区溜池(現在の港区赤坂1-2丁目あたり)で行う。このときのメンバーに岸田辰彌沢モリノがいた。明けて1917年(大正6年)1月22日浅草公園六区根岸興行部常磐座」でオペラ『女軍出征』を上演、大ヒットする。ここから「浅草オペラの時代」が始まるとされる。

1918年(大正7年)9月、有楽座でビゼー作の『カルメン』、伊庭作・竹内作曲の新作オペラ『沈鐘』を上演する。高木、岸田らのほか、石井漠が加わっていた。

1919年(大正8年)には高木は松竹の専属になり、伊庭は松竹傘下で「新星歌舞劇団」を結成。岸田辰彌、高田雅夫高田せい子、戸山英二郎(藤原義江)らローヤル出身者がそのメンバーで、小杉義男は伊庭の門下生となった。同年5月に「夷谷座」で伊庭の新作『無頼漢、戦争の始終』を公演、翌6月には岸田は退団して宝塚歌劇団入り、同年10月、高木が27歳で死去、翌1920年(大正9年)3月、藤原がイタリアへ留学へ立つ。

そこで、同1920年8月、根岸興行部の「金龍館」館主・根岸吉之助が、伊庭、高田夫妻、清水金太郎清水静子の夫妻、田谷力三堀田金星といった「新星歌舞劇団」幹部を松竹から引き抜き、根岸専属とし、「根岸大歌劇団」を結成、同年10月11日に伊庭作詞、竹内平吉作曲、高田雅夫コレオグラフによる新作オペラ『釈迦』を公演、『嫁の取引』公演では高田の弟子として同劇団に参加した二村定一(当時「二村貞一」)が初舞台を踏んでいる。1921年(大正10年)8月10日、佐々紅華(東京蓄音器社員)とともに退団、奈良県生駒山に「生駒歌劇団」を結成する。山頂で8月に竹内作曲の『入鹿物語』、9月に『嘘の皮』などを上演したが、10月には解散し、伊庭は引退を表明する。

評論とラジオ歌劇編集

その後、伊庭はオペラの出演や作演出からは離れ、音楽評論に没頭する。1923年(大正12年)9月1日関東大震災による「浅草オペラ」の崩壊とも無縁の状態となっていた。それでも、1927年(昭和2年)2月20日には、伊庭の訳したマスカーニ作の『カヴァレリア・スチカーナ』が、田谷力三佐藤美子松平里子内田栄一の出演と近衛秀麿の指揮、JOAKオーケストラの演奏により、「ラヂオ歌劇第一回」として生放送されている。第2回は3月27日放送のベートーヴェン作の『フィデリオ』、第4回は5月19日放送のモーツァルト作の『フィガロの結婚』、第5回は6月16日放送のグノー作の『ファウスト』、第7回は7月19日放送のサリヴァン作の『軍艦ピナフォア』、と、このまま1936年(昭和11年)まで[5]、根気よくこの新しいメディアでのオペラにつきあっている。

音楽理論についての書物を著し、また、雑誌『音楽世界』(音楽世界社)に執筆、ジャズの訳詞などを手がけた。1930年(昭和5年)には、のちのタップダンサーの草分けとなる、まだ14歳の中川三郎に楽劇理論を教えている。大日本音楽協会(1932年∼1941年)常務理事、楽器改良研究会幹事長、日本大学芸術科講師も歴任した[1]。後年は「いば・こう」と自署[1]

1937年(昭和12年)2月25日に死去。49歳没。友人たちによって行なわれた音楽葬が、日本での「音楽葬」の始まりとなった。雑誌『レコード音楽』の11巻4号は伊庭の追悼号となった[6]。妻は歌劇団員の小野喜美子[1]

代表曲編集

著書編集

編集

  1. ^ a b c d e f g h 日本オペラ界の明星伊庭孝本井康博、同志社人物誌88
  2. ^ 伊庭秀榮 (男性)『人事興信録』データベース第4版 [大正4(1915)年1月]
  3. ^ a b c 伊庭孝の演劇事始め――『ヘッダ・ガブラー』上演をめぐって伊藤直子『コミュニケーション文化』第8号、2014年
  4. ^ 不苦心談 森鴎外青空文庫
  5. ^ 放送オペラ一覧」の詳細な記述を参照。
  6. ^ 日本の古本屋サイト内の「レコード音楽11巻4号「伊庭孝氏の逝去を悼む(追悼号)」」を参照。同号には太田太郎による追悼文等が掲載された。

参考文献編集