メインメニューを開く

西村 省一郎(にしむら しょういちろう 1941年4月12日 - 1988年6月17日)は、京都府出身の元プロ野球選手。ポジションは投手1961年から1972年までの登録名西村 省三(にしむら しょうぞう)。

西村 省一郎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府
生年月日 (1941-04-12) 1941年4月12日
没年月日 (1988-06-17) 1988年6月17日(47歳没)
身長
体重
178 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1961年
初出場 1961年
最終出場 1969年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

花園高等学校では2年生の時、エースとして1958年秋季近畿大会府予選準決勝に進むが山城高に敗れる。翌1959年夏の甲子園府予選は準々決勝で平安高の藤野隆司(東映)、野口元三のバッテリーに抑えられ敗退。卒業後は近畿大学に進学。近畿大学ではノーヒットノーラン1回、21奪三振を記録。

大学を中退し、1961年南海ホークスへ入団。1年目から先発で1試合に登板するが、1962年に肩を複雑脱臼するという大けがを負った。その後3シーズンは一軍登板がなかったが、1964年にアメリカ合衆国のメジャーリーグサンフランシスコ・ジャイアンツ傘下1Aフレズノの教育リーグに村上雅則高橋博士らと共に野球留学で参加。帰国後、1965年に先発で3試合に登板すると、入団7年目となる1967年8月18日東映戦でプロ初勝利を初完封で飾る。現役時代はスライダーを武器に通算41試合に登板。

1970年に引退後、1971年から打撃投手スコアラーに転向し[1]1973年に名前を省一郎に改名。1978年まで打撃投手を務め、その後もスコアラーとして南海ホークスの末期まで裏方でチームを支え続けた。スコアラー在職中の1988年6月17日に心筋梗塞のため死去。47歳没。

エピソード編集

打撃投手兼スコアラーに転向後はコーチ補佐的な仕事もこなし、「軍曹」の綽名で親しまれた。水島新司の漫画『あぶさん』では第6巻第9章「ネット裏のエース」というタイトルで裏方時代の活躍が描かれている[2]。そこでは、「省三」は努力しても報われない名前として改名を勧められたが、現役時代はこの名前に固執し、事実結果は残せず、裏方転身後にそれはチームにかかわる大問題だからとして「省一郎」に改名したと説明されている。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1961 南海 1 1 0 0 0 0 1 -- -- .000 17 4.0 4 0 0 -- 0 1 0 0 1 1 2.25 1.00
1965 3 3 0 0 0 0 1 -- -- .000 48 10.0 13 3 3 -- 2 4 0 0 11 10 9.00 1.60
1967 19 6 1 1 0 2 4 -- -- .333 243 61.0 45 5 20 -- 1 27 0 0 17 13 1.92 1.07
1968 8 0 0 0 0 1 0 -- -- 1.000 66 13.0 18 4 9 -- 2 6 0 0 12 11 7.62 2.08
1969 10 1 0 0 0 0 0 -- -- ---- 60 14.0 17 5 2 -- 0 7 1 0 7 7 4.50 1.36
通算:5年 41 11 1 1 0 3 6 -- -- .333 434 102.0 97 17 34 -- 5 45 1 0 48 42 3.71 1.28

背番号編集

  • 18 (1961年 - 1970年)
  • 68 (1971年 - 1978年)

登録名編集

  • 西村 省三 (にしむら しょうぞう、1961年 - 1972年)
  • 西村 省一郎 (にしむら しょういちろう、1973年 - )

脚注編集

  1. ^ サンケイ新聞(大阪本社版)、1972年4月14日(金曜日)の10ページに掲載された『南海ナイター』(ラジオ大阪)の全面広告に掲載された選手一覧では、他の投手と同じ扱いで掲載されていたため、登録だけ現役選手扱いだった可能性がある。
  2. ^ 水島新司の傑作「あぶさん」1975年(昭和50年)-Yahoo!ブログ-

関連項目編集