メインメニューを開く

地理編集

岡崎市の北部に位置する。

河川編集

小字編集

世帯数と人口編集

2019年(令和元年)5月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

町丁 世帯数 人口
西蔵前町 457世帯 1,235人

人口の変遷編集

国勢調査による人口の推移

1995年(平成7年) 516人 [5]
2000年(平成12年) 602人 [6]
2005年(平成17年) 731人 [7]
2010年(平成22年) 754人 [8]
2015年(平成27年) 1,241人 [9]

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[10]

番・番地等 小学校 中学校 高等学校
全域 岡崎市立岩津小学校 岡崎市立岩津中学校 三河学区

歴史編集

にしくらまえむら
西蔵前村
廃止日 1889年10月1日
廃止理由 新設合併
岩津村八ツ木村西阿知和村
東阿知和村西蔵前村東蔵前村
真福寺村丹坂村恵田村
駒立村岩津村
現在の自治体 岡崎市
廃止時点のデータ
  日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 愛知県
額田郡
隣接自治体 額田郡岩津村、東蔵前村、百々村上里村
碧海郡畝部村
西蔵前村役場
所在地 愛知県額田郡西蔵前村
 表示 ウィキプロジェクト
 
本多平八郎忠勝誕生地石碑

額田郡西蔵前村を前身とする。中世、この地にあった西蔵前城で、1548年に本多忠勝が出生したとされ、本多忠勝誕生地の碑が建つ[11]

江戸時代には岡崎藩により治められていた。

町名の由来編集

当地に領主の倉庫、あるいは入津の船舶が輸送した貨物を納める蔵があったことによるとされる[12]

沿革編集

史跡編集

交通編集

施設編集

その他編集

日本郵便編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 愛知県岡崎市の町丁・字一覧” (日本語). 人口統計ラボ. 2019年5月19日閲覧。
  2. ^ a b 支所・町別人口・世帯集計表(各月1日現在)   (XLS)” (日本語). 岡崎市(統計ポータルサイト) (2019年5月1日). 2019年5月19日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2019年5月19日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2019年5月19日閲覧。
  5. ^ 総務省統計局 (2014年3月28日). “平成7年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 2019年3月23日閲覧。
  6. ^ 総務省統計局 (2014年5月30日). “平成12年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 2019年3月23日閲覧。
  7. ^ 総務省統計局 (2014年6月27日). “平成17年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 2019年3月23日閲覧。
  8. ^ 総務省統計局 (2012年1月20日). “平成22年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 2019年3月23日閲覧。
  9. ^ 総務省統計局 (2017年1月27日). “平成27年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 2019年3月23日閲覧。
  10. ^ 岡崎市立小中学校通学区域”. 岡崎市 (2018年6月9日). 2019年5月19日閲覧。
  11. ^ 「本多 忠勝 (1548~1606)」三河武士のやかた家康館
  12. ^ 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 1989.
  13. ^ 新編岡崎市史編さん委員会 1993, p. 654.
  14. ^ a b c 新編岡崎市史編さん委員会 1993, p. 655.
  15. ^ 「岡崎市指定文化財目録」岡崎市
  16. ^ 「交通量調査位置図」岡崎市
  17. ^ 郵便番号簿 2018年度版 (PDF)” (日本語). 日本郵便. 2019年5月18日閲覧。

参考資料編集

  • 角川日本地名大辞典 23 愛知県』「角川日本地名大辞典」編纂委員会、角川書店、1989年3月8日(日本語)。ISBN 4-04-001230-5
  • 『日本歴史地名体系 23 愛知県の地名』有限会社平凡社地方資料センター、平凡社、1981年(日本語)。ISBN 4-582-49023-9
  • 『新編岡崎市史 総集編 20』新編岡崎市史編さん委員会、1993年。

関連項目編集