赤岩駅 (福島県)

日本の福島県福島市にあった東日本旅客鉄道の駅

赤岩駅(あかいわえき)は、かつて福島県福島市大笹生字赤岩にあった、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線廃駅)である。「山形線」の愛称区間に含まれていた。

赤岩駅
Akaiwa stn01.jpg
構内(2006年8月)
あかいわ
Akaiwa
庭坂 (7.7 km)
(6.6 km) 板谷
所在地 福島県福島市大笹生字赤岩32
北緯37度48分20.67秒 東経140度20分6.94秒 / 北緯37.8057417度 東経140.3352611度 / 37.8057417; 140.3352611座標: 北緯37度48分20.67秒 東経140度20分6.94秒 / 北緯37.8057417度 東経140.3352611度 / 37.8057417; 140.3352611
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 奥羽本線山形線
キロ程 14.6 km(福島起点)
電報略号 アイ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
0人/日(降車客含まず)
-2004年-
開業年月日 1910年明治43年)10月13日[1]
廃止年月日 2021年令和3年)3月12日[2][3]
2017年3月4日より全列車が通過(通年)。
2012年から2016年までは冬期間(12月1日から翌年3月25日まで)通過。
テンプレートを表示
スイッチバックの遺構

2016年(平成28年)12月1日以降すべての列車が通過しており[4]2021年(令和3年)3月12日をもって廃止された[2][3]

歴史編集

  • 1899年明治32年)5月15日:奥羽南線福島 - 米沢間開通と共に赤岩信号場設置[1]
  • 1909年(明治42年)6月12日:信号場構内で煙害による列車脱線転覆事故発生(のちに米沢駅構内に慰霊碑建立)。
  • 1910年(明治43年)
    • 8月11日:信号所より福島方向の7号トンネルが、大雨の影響で一部崩落する。
    • 8月19日:崩落した7号トンネルの福島方へ東赤岩仮乗降場を設置[1]。東赤岩(仮) - 赤岩(信)間は徒歩連絡となる。
    • 10月13日:徒歩連絡の旅客のため駅へと格上げ、赤岩駅開業[1]
  • 1911年(明治44年)9月5日:崩落トンネルを迂回する新ルートが完成し復旧する。東赤岩仮乗降場廃止[1]
  • 1958年昭和33年)3月:駅舎改築[5]
  • 1984年(昭和59年)12月1日:無人化[6][7]
  • 1987年(昭和62年)4月1日国鉄分割民営化により、東日本旅客鉄道(JR東日本)の駅となる[1]
  • 1990年平成2年)3月10日山形新幹線の運行にあたり標準軌化工事を行う。スイッチバックを廃止。現在地に移転。
  • 2012年(平成24年)12月1日:同年より、12月1日から翌年3月25日まで全列車通過となる[8]
    • 「冬季に周辺住民のご利用実績がないことから[8]」の措置である。
  • 2017年(平成29年)3月4日:同日のダイヤ改正で「通年通過駅」となり、営業休止[4]
    • ダイヤ改正時点で冬季休業中であり、前年の2016年(平成28年)11月30日が最後の営業日となった。
  • 2021年令和3年)
    • 1月20日:駅の廃止を発表同時に駅構内を立ち入り禁止とする[2]
      • 福島民友新聞社の取材によれば「今後の利用客増が見込めない」ことを廃止理由としている[3]が、朝日新聞社の取材によれば「変電設備などの点検のために駅施設を存置していたが、点検方法が変わったために駅の必要性がなくなったため」だという[6]
    • 3月12日:同日をもって廃止[2][3][9]

駅構造編集

島式ホーム1面2線を持つ地上駅。ホームへは庭坂寄りの構内踏切を利用していた。郡山駅管理の無人駅

山形新幹線の開業前は、赤岩、板谷大沢の4駅連続でスイッチバックだった。新在直通運転のための改軌工事に際し、他駅と合わせスイッチバックが撤去され、本線上に移設された。なお他の3駅と異なり、当駅には分岐器部分のスノーシェルターはスイッチバックの現役当時から設置されなかった。

のりば編集

※営業当時のもの。案内上の番線番号は最後まで割り当てられなかった。

ホーム 路線 方向 行先
入口側 山形線 上り 福島方面
反対側 下り 米沢方面

(出典:JR東日本:駅構内図[リンク切れ]

利用状況編集

2004年度の乗車人員は、1日平均0人[10]

乗車人員推移
年度 1日平均人数
2000 3
2001 3
2002 0
2003 0
2004 0

駅周辺編集

かつては駅の直下を流れる松川に沿って赤岩、人道橋を渡った対岸にイラ窪(伊良窪)の集落が存在していた。しかしあまりにも山深い地であり、1980年代の半ばには相次いで無人となった。有人駅だった当時には、プラットホーム北側にある植林地に、鉄道関係者用の住宅も見られた。しかしこれも駅の無人化と共に廃止され、取り壊された。

また以前には、隣接してスイッチバック時代の遺構がよく残っていた。しかし当駅周辺が板谷峠越えの急勾配地である事から、その対策として一部を壊し、電圧安定のための変電所が設置された。

駅の利用者以外の姿はこの地でほとんど見られず、鉄道関係の施設以外には、古い集落の跡だけが周辺唯一の人工物となっている。駅から徒歩30分ほどの所に大平集落があるが、数世帯しか住んでおらず限界集落と化している[9]

その他の特徴編集

奥羽本線の福島 - 米沢間に存在する各駅は、峠駅を除いて米沢街道宿場町に接する形で作られた。当駅も、かつて街道に存在していた李平(すももだいら)宿との連絡が可能な場所に設置されている。トンネル崩落という事故対応によって駅となった。修復後に再び信号所へと降格されなかった理由の一つとして、当時は周辺にこの集落が存在していたということが挙げられる。

しかし、米沢街道は難路としても知られていたため、奥羽本線の開通を含む交通体系の変化の影響を受け、早くから衰退を強める事となった。「散歩コース、駅構内から松川を越えて旧米沢街道まで一時間」[11]と記述された資料も存在するが、李平宿は大正時代には廃村となっており、駅と宿場町との連絡道も自然に還りつつある。松川を渡る橋も現存しない。

この様に近在する宿場町を失い、駅名の元となった赤岩集落や隣接するイラ窪集落などが全て無住となった後、大平地区のみが当駅の利用者を擁する唯一の集落となっていた。しかし大平地区もまた他集落との交通手段に乏しく激しい過疎状態にあるため、年々利用者の減少が続いていた。駅と大平地区との連絡も林道に限られており、徒歩でたどりつくのは片道で30分ほどを要し、容易ではない。乗用車などでの通行も可能ではあるが、急カーブ、幅員狭小、路面荒れの酷さなどのため、通行にはかなりの困難が伴う。その他にもいくつか、かつての集落間を連絡する道跡が存在する。また冬季には積雪により林道の通行が事実上不可能となり、外界との連絡手段はほとんどなくなる。そのためJR東日本仙台支社は、2012年以降冬期(12月 - 翌年3月)の間は全列車が当駅を通過することとした[12]。その後2017年3月4日のダイヤ改正から、全期間全列車が通過する「通年通過駅」となった。2016年度の冬期全列車通過期間(12月1日 - 翌年3月3日)を経た上での措置であり、最後の列車の停車は2016年11月30日である。

隣の駅編集

東日本旅客鉄道(JR東日本)
山形線(奥羽本線)
庭坂駅 - 赤岩駅 - 板谷駅

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b c d e f 石野哲(編)『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 Ⅱ』JTB、1998年、527頁。ISBN 978-4-533-02980-6
  2. ^ a b c d “奥羽本線 赤岩駅廃止について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道仙台支社, (2021年1月20日), オリジナルの2021年1月20日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20210120091147/https://www.jreast.co.jp/press/2021/sendai/20210120_s01.pdf 2021年1月20日閲覧。 
  3. ^ a b c d “JR奥羽線「赤岩駅」3月12日廃止 秘境駅...鉄道ファンに人気”. 福島民友 (福島民友新聞社). (2021年1月21日). オリジナルの2021年1月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210121022753/https://www.minyu-net.com/news/news/FM20210121-578197.php 2021年1月21日閲覧。 
  4. ^ a b “2017年3月ダイヤ改正および新駅開業等について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道仙台支社, (2016年12月16日), p. 5, オリジナルの2019年5月19日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190519195628/http://jr-sendai.com/upload-images/2016/12/20161216.pdf 2021年1月20日閲覧。 
  5. ^ 『仙台鉄道管理局40年史』仙台鉄道管理局、1960年、216頁
  6. ^ a b 秘境駅111年、歴史に幕 福島・赤岩駅 降りたら遭難の恐れ…全列車が通過 朝日新聞デジタル、2021年3月13日
  7. ^ “「通報」●根室本線幾寅駅ほか30駅の駅員無配置について(旅客局)”. 鉄道公報 (日本国有鉄道総裁室文書課): p. 1. (1984年11月29日) 
  8. ^ a b “奥羽本線 赤岩駅冬期間の普通列車通過についてのお知らせ” (プレスリリース), 東日本旅客鉄道仙台支社, (2012年11月15日), オリジナルの2020年10月22日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200620070416/http://jr-sendai.com/upload-images/2012/11/press_20121115-akaiwaeki.pdf 2020年10月22日閲覧。 
  9. ^ a b “「秘境駅」鉄道ファンら惜しむ声 奥羽線・赤岩駅3月12日廃止”. 福島民友 (福島民友新聞社). (2021年3月11日). オリジナルの2021年3月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210311064822/https://www.minyu-net.com/news/news/FM20210311-593219.php 2021年3月11日閲覧。 
  10. ^ 第120回福島県統計年鑑
  11. ^ 青木雄千代 『ふくしま各駅停車』(1977)
  12. ^ 朝日新聞 福島版『開拓の地支えた玄関口』(2015年5月5日)

関連項目編集

外部リンク編集