足立亘

足立 亘(あだち わたる、1968年1月8日 - )は、鳥取県米子市[1]出身の元プロ野球選手投手)。右投左打。

足立 亘
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鳥取県米子市
生年月日 (1968-01-08) 1968年1月8日(50歳)
身長
体重
184 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 1985年 ドラフト5位
初出場 1989年10月8日
最終出場 1994年5月20日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴・人物編集

境高校では2年生時から控え投手として起用され、1984年夏の甲子園県予選準決勝では米子商に完投勝ち。決勝はエース安部伸一(三菱重工三原)が米子工を抑え夏の甲子園への出場を決める。1回戦で法政一高と対戦。安部が延長10回2死まで無安打と好投、しかし末野芳樹にサヨナラ本塁打を喫し敗退。この試合は右翼手として出場した[1]。2年秋からエースとなり秋季県大会を制覇。秋季中国大会に進むが、準々決勝(初戦)で関西高に0-1で敗退、翌1985年春の選抜出場を逃した。期待された3年夏は故障に苦しみ、県予選で鳥取商に4-7で敗れ、甲子園出場はならなかった。高校の1年上に二塁手松田和久がいる。

1985年、ドラフト5位指名で広島東洋カープに入団。ルーキーだった1986年、ウエスタン・リーグで7連勝を記録した[1]1986年秋の教育リーグボー・ジャクソンを3打席連続三振に切って取り、注目された。1989年は1A・ペニンシュラ・パイロッツに野球留学した。同年10月に一軍へ上がる[1]1991年には4月からローテーションの一角を担い3勝1セーブを記録、リーグ優勝に貢献した。同年の西武ライオンズとの日本シリーズでも最終戦の8回裏で1イニングだけではあるが登板している。翌1992年も序盤の4試合で先発するが、その後は故障もあって登板機会に恵まれなかった。

1993年10月、金銭トレードで日本ハムファイターズに移籍。ここでは4試合の登板に終わり、翌年、現役を引退した。

オーバースローからスリークォーターと改造し、サイドスローに変更した90年代前半は一時、頭角を現した。ストレートはMAX145キロ程度。カーブ、シュート、スライダー、シンカー、チェンジアップ。

引退後は、故郷・鳥取にて会社員となった。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1989 広島 2 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 46 11.0 7 0 9 0 1 10 1 0 4 3 2.45 1.45
1990 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 10 3.0 1 0 2 0 0 2 0 0 0 0 0.00 1.00
1991 26 14 0 0 0 3 7 1 -- .300 382 90.1 72 10 52 1 4 82 1 0 43 38 3.79 1.37
1992 4 4 0 0 0 1 2 0 -- .333 77 16.1 13 0 15 0 1 12 2 0 11 10 5.51 1.71
1994 日本ハム 4 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 51 10.0 12 0 6 0 3 6 2 0 9 9 8.10 1.80
通算:5年 38 20 0 0 0 4 11 1 -- .267 566 130.2 105 10 84 1 9 112 6 0 67 60 4.13 1.45

記録編集

背番号編集

  • 63(1986年)
  • 22(1987年 - 1993年)
  • 54(1994年)

脚注編集

  1. ^ a b c d プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、14ページ

関連項目編集

外部リンク編集