メインメニューを開く
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

辻 直四郎(つじ なおしろう、1899年11月18日 - 1979年9月24日)は、日本の古代インド学者・言語学者で、日本におけるインド古典学研究を開拓し、業績は海外の学会でも高く評価された。

目次

来歴編集

旧姓は福島。東京府東京市日本橋区(現・東京都中央区)出身。府立一中一高文乙(英文科)を経て、東京帝国大学文学部言語学科卒業。サンスクリットの師は高楠順次郎、哲学・ギリシア語を、晩年のラファエル・ケーベルに学んだ。一高時代の同級生に川端康成がいる。

1924年より27年までイギリス・オックスフォード大学、ドイツ・マールブルク大学においてパーリ語・サンスクリット語、ヴェーダを初めとする古代インド文学神話学、加えてケルト語バルト語・印欧比較言語学を学び帰国。

1927年に、東京帝大印度哲学梵文学科・梵語学梵文学講座の担当講師、同年助教授となり、1932年に同講座は印度哲学科と併合し、1942年に教授に就いた。門下生に仏教学者渡辺照宏インド文学者の田中於菟弥言語学者西洋古典学者の高津春繁。戦後は古典文献学の原實、インド学者の松山俊太郎等、多数がいる。インド学や印欧比較言語学が、アーリアン学説に繋がるものと見なされ、公職追放される危機に直面したが、敗戦後も引き続き、東大で教鞭をとることができた。1951年に創立した日本印度学仏教学会の発展にも大きく寄与した。大相撲を好み和服で講義した。

1960年の定年退官後は、慶應義塾大学教授に就任した。東洋文庫理事(創立メンバーの一人)を経て、1974年には理事長に就き没時まで務めた。1953年日本学士院会員に選ばれ、1978年に文化功労者となった。

没後に蔵書1万2000点が東洋文庫に納められ、「東洋文庫所蔵 辻文庫目録」(1982-85年)が発行されている。墓所は北鎌倉の東慶寺(門下生井上禅定が住職を務めていた)。

ノーベル文学賞の推薦者として、詩人の西脇順三郎を(公開されている限りで)1958年以降7回にわたってノミネートしていることが、ノーベル財団のデータベースや公開資料に記録されている[1][2][3]

著書編集

翻訳編集

脚注編集

  1. ^ Naoshiro Tsuji - Nomination Datebase(ノーベル財団)
  2. ^ Naoshiro Tsugi - Nomination Database(ノーベル財団)1964年度のみ、姓を"Tsugi"と誤記しているため、別人扱いになっている。
  3. ^ 1967年ノーベル文学賞候補者リスト (PDF) - ノーベル財団(スウェーデン語)

参考文献編集