ノスタルジア

郷愁から転送)

ノスタルジア: nostalgia)またはノスタルジー: nostalgie)とは、

  • 異郷から故郷を懐かしむこと。同義語に郷愁(きょうしゅう)・望郷(ぼうきょう)など。
  • 過ぎ去った時代を懐かしむこと。同義語に懐古(かいこ)・追憶(ついおく)など。

と定義される。

概要編集

人が現在いるところから、時間的に遡って過去の特定の時期、あるいは空間的に離れた場所を想像し、その特定の時間や空間を対象として、「懐かしい」という感情で価値づけることをいう。

通常は、時間的に未来がその対象とされることはなく、また対象のの部分は除外され、都合よくイメージが再構成される場合が多い。なお、本人がその時間や空間を実体験したかどうかは必ずしも問われず、第三者からの情報にもとづいて想起し、さらに自己の創作した想像を加え拡大しこの感情を持つことも可能である。また、過去や異空間からもたらされた特定のものや人物に即し、これを媒介としてこの感情を持つこともある。

歴史編集

この言葉は1688年にスイスの医学生、ヨハネス・ホーファー (Johannes Hofer:1669-1752) によって新しくつくられた概念である。2つのギリシャ語(「nostos」:帰郷、および「algos」:心の痛み)を基にして造った合成語で、「故郷へ戻りたいと願うが、二度と目にすることが叶わないかも知れないという恐れを伴う病人の心の痛み」とされた。精神科医となった彼は、「ノスタルジア」という心の病気について、その症例を多く取り扱い、診断した結果を発表した。17世紀末から19世紀末にかけて、この病気には「mal du pays(国の痛み:仏)」、「Heimweh(家の痛み:独)」、「hiraeth(ウェールズ語)」、「mal de corazón(心の痛み:スペイン語)」など、様々な言語で名称が付けられて、医学的な研究の対象とされた。

とくに18世紀から19世紀にかけて、前線の兵士達に蔓延するノスタルジアの現象は重大な精神病理学の研究対象とされ、その原因や病としての症状が分析された。故郷への想いに満ちたこの現象は、しばしば兵士達の間に伝染するが、隊が優勢な時にはそうでもなく、戦況が不利な場合に多く現れる。軍事的な観点からは、生死を前にして勇気を鼓舞せねばならないときに、故郷を想い見る兵士達のノスタルジアは、後ろ向きのネガティブなものとして戦意の喪失と見なされ、排除されねばならない感情とされた。

19世紀末までには、精神医学のカテゴリとしての「ノスタルジア」への関心はほとんど消え失せる。当初の「深刻な医学的疾患」の意味合いはなくなり、一般の日常会話にも「ノスタルジア」という言葉が現れるようになった。今では、通常それほど昔ではない過去の失われた時間や場所を懐かしむ慣用句である。しかし、現代においても「ノスタルジア」が「ホームシック」と同じような意味で扱われたり、未来への展望が明るく勢いの良い時には、過去や故郷を振り返ることについて、しばしばこれを咎めるような論調が現れることもある。

ノスタルジア(ノスタルジー)を感じる事物編集

人間の五感(視覚聴覚触覚味覚嗅覚)全てからノスタルジアの感情を得ることができる。嗅覚は嗅細胞嗅球を介して大脳辺縁系に接続されているため、記憶や感情を呼び起こしやすいと言われている(プルースト効果)[1]。視覚は既視感(デジャブ)から想起される可能性もある[2]。また前述したように想像や推測によってもこの感情を持つことが可能なため、言語・文化の相違が感情想起の有無に関連することはない。

自伝的記憶によって引き起こされるノスタルジアの感情は、過去のある時期における情報への接触頻度の高さと、接触時期から現在までの長い時間経過が考えられる。過去における事物との頻繁な接触があり、その後全く接触がない長い空白期間、そして現在において過去に接触した事物または類似した事物に再び接触することである。その事物が手がかりになって、強い懐かしさの感情とともに、その当時の個人的思い出や社会的出来事などが連鎖的に思い出され、過去へのタイムスリップが起こると考えられる[3]

想像や推測から得られるノスタルジアの感情は、その一見理解し難い生起機序から「前世の記憶」、「人類共通の記憶」といったオカルト的な要素に結びつけられることがある。しかしその多くは自己投影・感情移入の容易さに関連している。一般的に想像や推測から得られるノスタルジアの感情は視覚からの情報が主であり、また完全な自然物よりも、人工物とそれに付随する自然物や空間に想起する場合が多い。それは事物に関わる人々や空間に対して自己投影・感情移入がしやすいために、推測によって体験が擬似的に行われるからである。それがあたかも過去に経験したかのような錯覚を生じるのである。いわゆる人間本位の無機的な事物から有機的な事物への変換である。この過程は無意識下に行われるため、感情を自らコントロールすることは難しい。またその変換は視覚情報から聴覚、嗅覚情報へと拡大するため、空白期間の後に聴覚や嗅覚の情報のみ与えたとしても以前に得た視覚情報と同様の反応を示す。わかりやすい例として里山がある。里山を単にとして捉えた場合はあくまで自然物であり人間の存在を感じさせない事物である。山に無機的な印象が生まれるため、ノスタルジアの感情が想起されることはない。しかし山の麓に民家田畑神社といった人工物が存在することで、そこに住む/住んでいたであろう人々に対し自己投影が働く。必然的に山に対しても身近で有機的な印象を受けるため、(そこで実際に生活したことがなくとも)その風景に「懐かしい」という感情が生じるのである。その反応はセミの鳴き声や田畑の匂いといった聴覚、嗅覚情報にまで拡大する。スタジオ・ジブリ作品では住む人々の生活様式を詳細に建物や背景に描写する(質感表現)などの工夫がなされており、登場人物の劇的な人間模様も加味されることで観客にノスタルジアを感じさせやすい作品になっている。また『男はつらいよ』シリーズや『ALWAYS 三丁目の夕日』などは、人情という人間本来の情感とそれに付随するように存在している古めかしい人工物(日本らしさを連想させ、かつ生活様式が色濃く現れている古い木造建築群)が観客を感情移入しやすくし、またその要素を現代の無機的な要素と対比させることで、観客に「懐かしさ」を想起させている。ただしいずれの事例も想起には個人差があるため、感情移入の容易さと感情想起の間に完全な相関関係があるとは断定できない。交絡因子も自伝的記憶との交錯(過去の推測によるノスタルジア感そのものが自伝的記憶となっている場合など)やマスメディアによる印象操作の影響など、未知数である。あるいは集合的無意識との関連性も考えられるなど、解明されていない点が多くある。

ノスタルジア(ノスタルジー)を基調とした作品など編集

古今東西を問わず、個人的な郷愁や故郷へのメランコリックな心理や感情の昂ぶりを文学や歌舞音曲などの作品へ昇華させた例も多く、古典の名作にも見られる。

関連項目編集

  • ^ においと記憶 日本医師会
  • ^ TVコマーシャルにおける懐かしさ感情の生起要因 楠見孝、松田憲、杉森絵里子
  • ^ TVコマーシャルにおける懐かしさ感情の生起要因 <懐かしさの仮説モデル> 楠見孝、松田憲、杉森絵里子