メインメニューを開く

沖縄音楽

琉球民謡から転送)
琉球人座楽并踊之図
琉球人舞楽之図(御座楽の様子)
演奏の様子

沖縄音楽(おきなわおんがく)とは、琉球王国ひいては沖縄県で生まれ、育まれてきた音楽文化の便宜的な総称。伝統的な楽曲の他、近年は音楽ジャンルの一形態として、ポップスに採り入れられることが多い。

目次

概要編集

沖縄音楽とは「沖縄県で確立された音楽の総称」であり、その中にはいくつかのジャンルが存在する。特に、沖縄県は19世紀まで独立した琉球王国であったことと、第二次世界大戦後はアメリカ合衆国に統治され、本土とは隔離された状況にあったことから、琉球民謡を土台にしたポピュラー音楽アメリカの影響の強いロック音楽など、本土の音楽とは異なった流れの下にあり、その独自性と幅を広げる元になっている。王宮の伝統音楽(御座楽)から古典音楽芝居琉球舞踊にかかわるものから、神歌お笑いに関するもの、大衆の民謡労働歌、お座敷歌謡、流行歌童謡子守唄まで様々なジャンルがある。

祭りの代表的な舞踊に「エイサー」が知られているが、宴会の最後を締める「カチャーシー」、「クイチャー」などがあり、伴奏を伴う。

また、民謡と歌謡曲との境目が明確ではなく、民謡と称する新作が日々新たに作られる状況が現在も続いている。このことも、沖縄の民謡の大きな特徴である。たとえば「ハイサイおじさん」は当初「民謡ではない」という意見も多かったが、今では新作の民謡(新民謡)と認知されている。沖縄の民謡は、しばしば「島唄」と呼ばれることがあるが、本来この言葉は奄美民謡を指す呼称である。

音階編集

沖縄音楽の最大の特徴は、沖縄音階琉球音階)である。鍵盤で「ドレミファソラシド」と弾いたときの「レ」と「ラ」を抜く(つまり「ドミファソシド」と弾く)のが西洋音階との最大の違い。この音階はインドネシアなど東南アジアの音楽にも一部存在する(ガムランなど)。また、鹿児島県与論島沖永良部島の民謡でも多用されている。

琉球楽器/沖縄音楽を成り立たせるもの編集

  • 三線(サンシン)
  • (クトゥ)(本土では「琉球箏」または「沖縄箏」と呼ばれることもある)。金属弦のものは「琉琴」という。
  • 胡弓(くーちょー)
  • - 「ファンソウ」ともいう。縦笛ではなく、横笛。「明笛」の一番上の穴(響孔)をテープで塞いで使うことが多いが、最近は元から響孔の開いていない六穴のものも売られ「琉笛」と呼ばれることもある。
  • 拍子木
  • 三板(サンバ) - 三枚の板を紐で括った楽器。カスタネットタンバリン的に使う。
  • 四つ竹 - 長方形に切った竹を二枚ずつ両手に持ち鳴らす。古典舞踊の「踊りこはでさ」(四つ竹を持って踊ることから四つ竹とも)に使うのが代表的だが、最近ではエイサーに使われることもある。
  • パーランク - エイサーで使う小型の片面太鼓。片手で持ち、叩いたら手首を返し、音を反響させる。
  • 平太鼓 - 締太鼓と一組にして、伴奏に使う
  • 締太鼓 - エイサーに良く用いられる太鼓。平太鼓と併せて伴奏に使う締太鼓は胴が厚くて重く、形は同じでもエイサーで使われる締太鼓とは異なる。
  • 指笛 - 合の手的に使う。
  • 銅鑼 - 八重山諸島において、締太鼓とともに儀礼の唄の伴奏に用いられる。

このうちの箏、胡弓は主に古典音楽で用いられ、民謡に用いられることは少ない。

歌詞編集

古典作品はほぼ全てが「沖縄口(ウチナーグチ:沖縄方言)」で歌われる。ただし、宮古民謡八重山民謡与那国民謡は、それぞれ宮古方言八重山方言与那国方言で歌われ[1][2][3][4])、互いに聞いて理解できないほどの差があり、八八八六の琉歌形式を伴わなかったり、曲調、演奏スタイルにも差異がある。最近の作品でもウチナーグチを使うのが一般的ではある。ただし、沖縄県出身のJ-POPアーティストによる楽曲はこの限りでなく、トラックは沖縄音階を踏襲しつつも、歌詞は「大和口(ヤマトグチ:本土の言葉、標準語とほぼ同義)」を使う曲も増えている。

代表的なアーティスト編集

例外編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集