メインメニューを開く

金子 哲夫(かねこ てつお、旧姓:松浦まつうら)、1948年(昭和23年)7月18日 - )は、日本の政治家。元社会民主党衆議院議員。党広島県連代表。原水爆禁止広島県協議会常任理事。

金子哲夫
かねこ てつお
生年月日 (1948-07-18) 1948年7月18日(71歳)
出生地 島根県出雲市
出身校 島根県立出雲高等学校
前職 国会議員秘書
現職 社会民主党広島県連代表
所属政党 社会民主党
公式サイト 金子哲夫ウェブサイト[1]

日本の旗 衆議院議員
選挙区 比例中国ブロック
当選回数 1回
在任期間 2000年6月25日 - 2003年10月10日
テンプレートを表示

目次

略歴編集

政治的主張編集

  • 2003年、静岡空港建設反対の国会議員署名活動で署名者に加わっている[2]

北朝鮮関係編集

2001年12月7日に、当時の社民党副党首である渕上貞雄参議院議員や朝鮮総連副議長らとともに警視庁を訪問し、「朝鮮総聯中央本部に対する強制捜査は不当な政治弾圧」という決議文を伝達した[3][4]。警察庁の幹部は、朝鮮総連幹部に国会議員が同行したことに「経済事件でバッジ(国会議員)が来るとは何事だ」と激怒し、警察庁は抗議文を内容証明付きで送り返した[4]

現役議員当時の政策編集

  1. 平和憲法の護持
  2. 大型公共事業から生活優先事業への転換
  3. 安心できる高齢化社会の実現
  4. 男女平等の確立
  5. 食料自給率50%の達成

脚注編集

  1. ^ 2007年頃を最期に更新されていない。
  2. ^ 国会議員署名これまでと今後の展望 - 空港はいらない静岡県民の会(2009年3月7日時点のアーカイブ
  3. ^ “総聯組織への強制捜索 過ち認め公式謝罪を”. 朝鮮新報. (2001年12月12日). http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/sinboj2001/12/1212/82.htm 2012年5月18日閲覧。 
  4. ^ a b “【深層 朝銀事件】-北朝鮮の影を追う(3)”. 産経新聞. (2001年12月22日) 

関連項目編集