メインメニューを開く

広島県第3区(ひろしまけんだいさんく)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

日本の旗広島県第3区
衆議院小選挙区 広島県2.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 広島市安佐南区安佐北区安芸高田市山県郡
(2017年7月16日現在)
比例区 中国ブロック
設置年 1994年
選出議員 河井克行
有権者数 362,124人
1.52 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2018年9月登録日)
テンプレートを表示

区域編集

広島市の新興住宅地である安佐南区安佐北区と芸北地方の山間部を範囲とし、都市部と農村部の両方の顔を併せ持った選挙区である。

歴史編集

小選挙区制導入後、2度にわたり、県議出身で自民党の河井克行新進党出身の増原義剛が激しく争ってきた。1996年の選挙では河井が初当選したが2000年の選挙では無所属で出馬した増原が初当選した。その後、増原が自民党入りしたことから両者の間でコスタリカ方式での立候補が定められた。2003年は増原、2005年には河井が小選挙区で当選した。

民主党は2005年の選挙に中村哲治政策秘書で、元は科学技術庁の職員であった橋本博明を擁立し選挙に臨んだが、小泉旋風と準備期間の短さもあり落選した。しかし2009年の総選挙では一転して大差で増原を破り、初当選した。民主党がこの選挙区を制するのは2009年の総選挙が初となる。しかし2012年の総選挙では民主党への逆風もあり河井が橋本を破り自民党が再び議席を奪還した。

小選挙区選出議員編集

選挙結果編集

解散日:2017年(平成29年)9月28日 投票日:2017年(平成29年)10月22日
当日有権者数:362,243人 最終投票率:49.93%(前回比:+0.48ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
河井克行54自由民主党82,998票
47.4%
――公明党推薦
塩村文夏39無所属61,976票
35.4%
74.7%民進党公認候補、社民党広島県連合・共産党推薦、連合広島推薦×
今枝仁47日本維新の会23,779票
13.6%
28.7%
野村昌央35幸福実現党2,720票
1.6%
3.3%
玉田憲勲60無所属1,978票
1.1%
2.4%×
西本昭彦72無所属1,753票
1.0%
2.1%×

解散日:2014年(平成26年)11月21日 投票日:2014年(平成26年)12月14日
当日有権者数:353,319人 最終投票率:49.45%(前回比:-6.29ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
河井克行51自由民主党85,311票
50.7%
――公明党推薦
橋本博明44民主党66,549票
39.5%
78.0%
清水貞子67日本共産党16,514票
9.8%
19.4%
  • 橋本は比例中国ブロックで次点で繰り上げ当選の可能性があったが、2015年1月、不祥事により離党。比例名簿から抹消された。
  • 中丸は次世代の党公認で広島4区から立候補したが落選。

解散日:2012年(平成24年)11月16日 投票日:2012年(平成24年)12月16日
当日有権者数:352,969人 最終投票率:55.74%(前回比:-12.85ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
河井克行49自由民主党87,993票
46.2%
――公明党推薦
橋本博明42民主党51,666票
27.1%
58.7%
比当中丸啓49日本維新の会36,993票
19.4%
42.0%
藤井敏子59日本共産党13,875票
7.3%
15.8%

解散日:2009年(平成21年)7月21日 投票日:2009年(平成21年)8月30日
当日有権者数:350,705人 最終投票率:68.59%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
橋本博明39民主党133,994票
56.8%
――
増原義剛64自由民主党96,065票
40.7%
71.7%
日高順子46幸福実現党5,825票
2.5%
4.3%

解散日:2005年(平成17年)8月8日 投票日:2005年(平成17年)9月11日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
河井克行42自由民主党94,017票
42.1%
――
橋本博明35民主党59,576票
26.7%
63.4%
石橋良三57無所属31,792票
14.2%
33.8%×
金子哲夫57社会民主党26,269票
11.8%
27.9%
大西理39日本共産党9,892票
4.4%
10.5%
二見順子62無所属1,824票
0.8%
1.9%×
  • 石橋は自民党県議であったが亀井静香に近く、自民党が郵政民営化反対派に刺客を立てたことに抗議し出馬した。

解散日:2003年(平成15年)10月10日 投票日:2003年(平成15年)11月9日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
増原義剛58自由民主党106,972票
60.2%
――
金子哲夫55社会民主党53,382票
30.0%
49.9%
大西理37日本共産党17,318票
9.7%
16.2%

解散日:2000年(平成12年)6月2日 投票日:2000年(平成12年)6月25日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
増原義剛55無所属82,012票
41.2%
――×
河井克行37自由民主党65,805票
33.0%
80.2%
比当金子哲夫51社会民主党36,478票
18.3%
44.5%
大植和子46日本共産党14,896票
7.5%
18.2%
  • 当選後、増原義剛は自民党に入党。事実上の自民対決となった。

解散日:1996年(平成8年)9月27日 投票日:1996年(平成8年)10月20日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
河井克行33自由民主党65,928票
38.3%
――
増原義剛51新進党57,516票
33.4%
87.2%
辻駒啓三40新社会党18,714票
10.9%
28.4%
片山春子66社会民主党16,476票
9.6%
25.0%
田中富範36日本共産党13,506票
7.8%
20.5%

関連項目編集