ベルリン国際映画祭における脚本賞(Silberner Berliner Bär, Bestes Drehbuch)は、銀熊賞(Silberner Bär)の一部門であり、2008年から授与されている。

受賞者編集

開催年 受賞者 受賞作
2008 ワン・シャオシュアイ   我らが愛にゆれる時
左右
2009 アレサンドロ・キャモン  
オーレン・ムーヴァーマン  
メッセンジャー
The Messenger
2010 ワン・チュアンアンナ・ジン   再会の食卓
團圓
2011 ジョシュア・マートン  
アンダミアン・ムラタジ  
Falja e Gjakut
2012 ニコライ・アーセルラスマス・ヘイスターバング   ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮
En kongelig affære
2013 ジャファール・パナヒ   Pardé
2014 ディートリッヒ・ブルッゲマンアナ・ブルッゲマン   十字架の道行き
Kreuzweg
2015 パトリシオ・グスマン 真珠のボタン
The Pearl Button
2016 トマシュ・ヴァシレフスキ
United States of Love [1]
2017 セバスティアン・レリオゴンサロ・マサ  ナチュラルウーマン
Una mujer fantástica
2018 アロンソ・ルイスパラシオスマヌエル・アルカラ  Museo

関連事項編集

脚注編集

  1. ^ ベルリン国際映画祭、難民問題捉えたジャンフランコ・ロージ監督作が金熊賞に”. 映画ナタリー (2016年2月21日). 2016年2月22日閲覧。