銚子灘傳右エ門(ちょうしなだでんえもん、1902年3月12日-1935年1月5日[1])は、中立部屋二子山部屋出羽海部屋に所属した力士。引退後は8代稲川を襲名した。本名は網中仙太郎。千葉県銚子市出身。171cm、116kg。最高位は西前頭14枚目。

来歴編集

1922年1月中立部屋より初土俵、1928年1月十両昇進。その後親方の死去により一時期二子山部屋に所属し、その後出羽海部屋に移り1931年1月に新入幕をはたす。1932年、春秋園事件に加担し脱退。1933年1月十両格別席で復帰し、1934年5月引退、年寄稲川を襲名したが、翌1935年1月場所の番付発表直前に死去し、1935年1月番付に名前だけ残すことになってしまった。
角界では短気で喧嘩っ早い力士の一人として知られ、玉錦三右衛門真鶴秀五郎宝川政治新海幸蔵と共に「喧嘩五人衆」の一人として数えられた。

成績編集

  • 幕内6場所25勝41敗
  • 通算35場所151勝129敗1預
  • 十両優勝1回(1933年5月)

場所別成績編集

銚子灘傳右エ門
春場所 三月場所 夏場所 秋場所
1922年
(大正11年)
(前相撲) x 西序ノ口22枚目
5–0 
x
1923年
(大正12年)
東序二段13枚目
5–5 
x 東序二段12枚目
2–4 
x
1924年
(大正13年)
西序二段21枚目
3–1
1預
 
x 西三段目40枚目
3–3 
x
1925年
(大正14年)
東三段目34枚目
5–1 
x 西三段目3枚目
5–1 
x
1926年
(大正15年)
東幕下19枚目
3–3 
x 東幕下25枚目
3–3 
x
1927年
(昭和2年)
西幕下10枚目
4–2 
西幕下10枚目
2–3 
東幕下3枚目
4–2 
西幕下9枚目
4–2 
1928年
(昭和3年)
西十両6枚目
3–8 
東十両10枚目
7–4 
西十両11枚目
6–5 
西十両11枚目
5–6 
1929年
(昭和4年)
西十両10枚目
4–7 
西十両10枚目
4–7 
西幕下3枚目
3–3 
西幕下3枚目
4–3 
1930年
(昭和5年)
東幕下筆頭
5–3 
東幕下筆頭
4–1 
西十両6枚目
9–2 
西十両6枚目
9–2 
1931年
(昭和6年)
西前頭14枚目
6–5 
西前頭14枚目
5–6 
東前頭16枚目
3–8 
東前頭16枚目
2–9 
1932年
(昭和7年)
東十両3枚目
 
x x x
1933年
(昭和8年)
十両
5–6 
x 東十両10枚目
優勝
10–1
x
1934年
(昭和9年)
東前頭15枚目
6–5 
x 東前頭15枚目
引退
3–8–0
x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名編集

千ヶ岩→銚子灘(1930年1月)[2]

出典 編集

  1. ^ http://www.fsinet.or.jp/~sumo/profile/1/19310104.htm
  2. ^ 大相撲力士名鑑平成13年版、水野尚文、京須利敏、共同通信社、2000年、ISBN 978-4764104709