メインメニューを開く

長谷川 裕見子(はせがわ ゆみこ、本名;船越 琴子1924年12月8日 - 2010年7月27日)は、日本女優。夫は船越英二。息子は船越英一郎、娘は平野洋子。叔父は長谷川一夫東京都出身。

はせがわ ゆみこ
長谷川 裕見子
本名 船越 琴子(ふなこし ことこ)
生年月日 (1924-12-08) 1924年12月8日
没年月日 (2010-07-27) 2010年7月27日(85歳没)
出生地 東京府東京市麹町区[1](現・東京都千代田区
死没地 神奈川県足柄下郡湯河原町
国籍 日本の旗 日本
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマなど
活動期間 1950年代 - 1970年代
配偶者 船越英二(1958 - 2007年)
著名な家族 船越英一郎(長男)
長谷川一夫(叔父)
平野洋子(長女)

目次

来歴・人物編集

1924年、飯島まつの二女として誕生。旧制・白百合高等女学校(現・白百合女子大学)を卒業した。祖父・飯島次郎は建設業で名をなした。

長谷川一夫[2]にあたり、長谷川が主宰した劇団・映画会社新演伎座に所属した。映画デビュー作は長谷川主演、大曾根辰夫監督の「遊侠の群れ」(1948年)[3][4]

1950年代から1960年代にかけ、東映の時代劇映画で活躍。

1958年1月13日、第2回日本映画見本市に出席のため、城戸四郎松竹社長)、白川由美宇治みさ子らと共にアメリカ合衆国ニューヨークへ出発。同年2月8日、日本に帰国。当時はまだ海外渡航自由化の前で、大変貴重なニューヨーク訪問となった。

同年、俳優・船越英二と結婚。長男は俳優の船越英一郎

女優としての最後の出演作品は、親友であった石井ふく子プロデュースによる東芝日曜劇場「一つだけのいのち」(1974年10月20日放送)。

その後は神奈川県足柄下郡湯河原町で長女(英一郎の妹)とともに旅館を経営していた。長女には先立たれてしまった。

2010年7月27日午前4時44分、転移性肺癌のため湯河原町の病院で死去。85歳没。

主な出演作品編集

映画編集

テレビドラマ編集

編集

  1. ^ 長谷川裕見子 コトバンク 新撰 芸能人物事典 明治~平成 2018年7月9日閲覧。
  2. ^ 長谷川一夫の後妻・繁の次姉まつが裕見子の母。2013年2月4日NHK総合ファミリーヒストリーによる。
  3. ^ #外部リンク、「長谷川裕見子」、日本映画データベース、2009年11月18日閲覧。
  4. ^ 「映画渡世・地の巻 - マキノ雅弘自伝」には「傷だらけの男」でデビューとあるが誤りである。「映画渡世・地の巻 - マキノ雅弘自伝」、マキノ雅弘平凡社、1977年、p.225.

外部リンク編集