泣いてたまるか

泣いてたまるか』は、TBS系列で1966年から1968年まで放映された、1話完結形式の連続テレビドラマ。渥美清青島幸男中村嘉津雄が主演を務め、1986年には西田敏行主演によるリメイク版が放送された。 また、テレビ放映の好評により、コント55号坂上二郎を主人公として1971年に映画化された。

目次

概要編集

この作品は、渥美清主演で毎回違う役柄をやるというコンセプトではじまった。監督、脚本も毎回異なっておりバラエティに溢れていたが、渥美単独では大変だということで、1966年10月の2クール目の第14回から青島幸男と隔週交代で出演することになる。都会的な青島幸男加入により番組は、よりバリエーションも広がり人気を集めた。青島の降板後は再び渥美の単独主演になったが、職業としては先生にほぼ統一されてしまい、当初の設定とは異なったものとなった。

1967年10月から再び中村嘉津雄との交互の出演体制になり、当初の設定である毎回違った役柄、職業と言う基本路線に戻った。渥美清と中村嘉津雄の出演回は国際放映TBSの制作で、青島幸男版は松竹テレビ室とTBSの制作となっている。全80話のドラマの脚本家には50名、監督にはテレビ局の演出家の他、邦画各社からの著名な映画監督含め40名近くがこの制作に加わっている。

今では有名な俳優や女優が脇役として、そして映画監督と脚本家、作家が多数手がけていることが大きな功績であり、渥美清と山田洋次の関係が生まれ、『男はつらいよ』シリーズに繋がった。渥美主演の1クール分(第1話から13話)と渥美主演の3クール分先生編(第41話から54話)は、野球のナイター中継があったため毎週放映されていない。

オリジナル版放映後の1971年には坂上二郎の主演による『泣いてたまるか』の映画化があり、1976年1月11日には渥美によるスペシャル版『泣いてたまるか 男は心だよ』が放送された。1986年 - 1987年にはオリジナル版から20年ぶりに西田敏行バージョンの『泣いてたまるか』12話が制作された。

2005年 - 2006年に渥美清主演版の全54話が『渥美清の泣いてたまるか』として解説書付DVDとして発売された。西田バージョンも解説書付DVDが発売されている。

オリジナル版では東急田園都市線青葉台駅周辺をロケに使用しており、再開発が緒に就いたばかりの青葉台の貴重な映像を見ることができる。

2015年1月から、無料衛星放送では初めてTwellVにて毎週土曜13:45-15:45にハイビジョン・リマスター版で抜粋ではあるが放送が決定[1]。同年10月から2017年3月まで、地上波では初めて千葉テレビ放送にて毎週水曜20:00-21:00に同様のハイビジョン・リマスター版が放送された(船橋競馬の「ハートビートナイター」開催日はマルチチャンネルのため、リマスター版を標準画質にして放送)[2]

主人公編集

オリジナル版編集

スペシャル版編集

  • 渥美清(全1話主演)

リメイク版編集

映画版編集

泣いてたまるか編集

スタッフ(国際放映)編集

スタッフ(松竹テレビ室)編集

放送リスト編集

オリジナル版
  • 製作:国際放映、松竹テレビ室、TBS
  • 放送局:TBS系列
  • 放送期間:1966年4月17日 - 1968年3月31日
  • 放送時間:毎週日曜日、20:00 - 20:56
  • 放送回数:全80回
  • 放送形式:モノクロ
話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 主人公 主なゲスト
1 1966/04/17 ラッパの善さん 野村芳太郎 中川晴之助 渥美清 左幸子小山明子イーデス・ハンソン穂積隆信戸浦六宏武智豊子
江幡高志坊屋三郎田中筆子 ※1
2 1966/04/24 やじろべえ夫婦 桜井康裕
山根優一郎
山際永三 渥美清 四方晴美伊志井寛曽我町子森川信南廣
3 1966/05/08 ビフテキ子守唄 鈴木尚之
掛札昌裕
佐伯孚治 渥美清 京塚昌子黒柳徹子藤村有弘悠木千帆清川虹子
4 1966/05/22 オールセーフ 光畑碩郎
高岡尚平
高橋繁男 渥美清 津島恵子佐藤英夫進藤英太郎高橋とよ近藤和彦大洋ホエールズ)、
渡辺謙太郎
5 1966/06/05 二人になりたいッ 橋田壽賀子 下村堯二 渥美清 広瀬みさ左卜全原泉佐藤友美初井言榮
6 1966/06/19 浪花節だよ人生は 山根優一郎 高橋繁男 渥美清 柳川慶子春川ますみ早川保松村達雄小松方正
7 1966/07/03 あすは死ぬぞと 関沢新一 渡邊祐介 渥美清 弘田三枝子北あけみ花沢徳衛西村晃バーブ佐竹(特別出演)
8 1966/07/17 ああ誕生 早坂暁 真船禎 渥美清 春川ますみ、殿山泰司渡辺文雄笠置シヅ子鈴木やすし
9 1966/08/07 おお独身くん! 笠原良三 松林宗恵 渥美清 中村玉緒山茶花究河野秋武三井弘次桜むつ子
10 1966/08/14 さらば飛行服 家城巳代治 家城巳代治 渥美清 夏圭子加藤嘉潮万太郎浜村純加藤剛(特別出演) ※3
11 1966/08/28 先輩後輩 大川久男
渡邊祐介
渡邊祐介 渥美清 太宰久雄緑魔子石橋蓮司天知茂(特別出演)、藤山寛美(特別出演)
12 1966/09/11 子はかすがい 山田洋次 飯島敏宏 渥美清 市原悦子栗原小巻矢野宣川上夏代東野英治郎 ※4
13 1966/09/25 さよなら敬礼! 井出雅人 瀬川昌司 渥美清 左時枝賀原夏子小山田宗徳、西村晃、三上真一郎
14 1966/10/02 生まれてはみたけれど 斎藤良輔 ※5 生駒千里 青島幸男 稲垣美穂子中村信二郎中村光輝
15 1966/10/09 帰れ!わが胸に 光畑碩郎 佐藤純彌 渥美清 岡本佳津子高峰三枝子、太宰久雄、松村達雄、入川保則
16 1966/10/16 かわいい怪獣ナキラ 菅野昭彦 酒井欣也 青島幸男 桑野みゆき中村是好、市川寿美礼
17 1966/10/23 僕も「逃亡者」 大石隆一 山際永三 渥美清 田中邦衛原ひさ子浜田寅彦森川信睦五郎
18 1966/10/30 走れ!若番頭 笠原良三 的井邦雄 青島幸男 香山美子ミヤコ蝶々南都雄二
19 1966/11/06 豚とマラソン 清水邦夫 家城巳代治 渥美清 梓瑛子舟橋元関千恵子渡辺篤ミッキー安川
20 1966/11/13 ハイ、電報です 雪室俊一 松野宏軌 青島幸男 佐々木愛大辻伺郎大坂志郎
21 1966/11/20 あゝ高砂や 大石隆一 神谷吉彦 渥美清 左幸子、夏圭子、六本木真石山健二郎天草四郎
22 1966/11/27 月給43,200円 青島幸男 青島幸男 青島幸男
(二役)
姫ゆり子藤村有弘、清水元、浦辺粂子前田武彦
23 1966/12/04 その一言がいえない 橋本忍 中川晴之助 渥美清 佐藤オリエ、東野英治郎、太宰久雄、松本克平永井智雄
24 1966/12/11 カーテンが今あがる 松木ひろし 桜井秀雄 青島幸男 小波月子(SKD)、西尾三枝子久松保夫細川俊夫、佐藤英夫
25 1966/12/18 お家が欲しいの 橋田壽賀子 高橋繁男 渥美清 長谷川裕見子名古屋章山茶花究蔵忠芳梅津栄
26 1966/12/25 インスタント探偵物語 石松愛弘 酒井辰雄 青島幸男 九重佑三子浪花千栄子牟田悌三
27 1967/01/01 なつかしいあいつ 山田洋次 森崎東 ※6 青島幸男 野川由美子織賀邦江宮本信子塚本信夫ハナ肇
28 1967/01/08 ある結婚 光畑碩郎 今井正 渥美清 久我美子小沢昭一原知佐子、山東昭子、長山藍子
29 1967/01/15 ミスター・ポチ 下飯坂菊馬 生駒千里 青島幸男 吉村実子文野朋子飯田蝶子多々良純柳家金語楼
30 1967/01/22 恋をつまびく 大原清秀 佐伯孚治 渥美清 入江若葉宮本信子佐野浅夫北林谷栄長谷川明男
31 1967/01/29 兄いもうと 芦沢俊郎 菊池靖 青島幸男 天田俊明、長谷川澄子、山東昭子三宅邦子、三井弘次
32 1967/02/05 リモコン亭主 関沢新一 福田純 渥美清 久我美子藤岡琢也石井愃一、関千恵子、須賀不二男
33 1967/02/12 空にひろった恋 藤田秀弥
菅野昭彦
野崎正郎 青島幸男 村松英子中山仁賀原夏子青野平義中村伸郎 ※7
34 1967/02/19 ウルトラおやじとひとりっ子 山根優一郎 高橋繁男 渥美清 佐々木愛、富川澈夫、殿山泰司、藤村有弘、松村達雄
35 1967/02/26 翼あれば 金城哲夫 円谷一 青島幸男 小山明子石橋エータロー柳谷寛大滝秀治、下村勉
36 1967/03/05 まんが人生 光畑碩郎 枝川弘 渥美清 岸久美子犬塚弘、中村是好、戸浦六宏、久里千春
37 1967/03/12 男なら 小林久三 菊池靖 青島幸男 葉山葉子小坂一也高津住男内藤武敏益田喜頓
38 1967/03/19 ああ純情くん 家城巳代治 神谷吉彦 渥美清 赤沢亜沙子、木村俊恵平幹二朗松本克平川口敦子
39 1967/03/26 明日があるさ 菅野昭彦 水川淳三 青島幸男 野口ふみえ大泉滉十朱久雄南利明福田豊土
40 1967/04/02 僕もガードマン 山中恒
佐藤純彌
佐藤純彌 渥美清 京塚昌子、井上清子、蔵忠芳、見明凡太朗、関敬六
41 1967/04/09 先生早とちりをする 光畑碩郎 飯島敏宏 渥美清 吉行和子西田敏行津坂匡章沢田雅美河内桃子
42 1967/04/16 先生ラブレターを書く 橋田壽賀子 家城巳代治 渥美清 岩本多代河原崎建三高原駿雄、名古屋章、桑山正一
43 1967/04/23 先生ニッポンへかえる 光畑碩郎 高橋繁男 渥美清 河内桃子、小夜福子、松村達雄、マコ岩松、ミッキー安川
44 1967/05/07 先生しごかれる 高岡尚平 高橋繁男 渥美清 夏圭子、渡辺篤史日高澄子大塚道子、森川信、名古屋章
45 1967/05/21 先生初恋の人に逢う 高岡尚平 下村堯二 渥美清 小山明子、河内桃子、中山昭二北村和夫桜むつ子
46 1967/06/04 先生仲人をする 光畑碩郎 平松弘至 渥美清 佐藤オリエ、河内桃子、東山千栄子藤田弓子、松本克平
47 1967/06/18 先生故郷へかえる 橋田壽賀子 神谷吉彦 渥美清 宮本信子、浦辺粂子、中村是好、人見きよし、佐々木功
48 1967/07/02 先生週刊誌にのる 深作欣二
北野夏生
深作欣二 渥美清 河内桃子、名古屋章、中原早苗小松方正高松英郎
49 1967/07/16 先生推理する 光畑碩郎 枝川弘 渥美清 藤原釜足、森川信、桑山正一、澤田雅美、桜むつ子
50 1967/07/23 先生海で溺れる 山内泰雄
佐藤純彌
佐藤純彌 渥美清 安井昌二、三上真一郎、市川好郎、浜村純、菅井きん
51 1967/08/13 先生台北に飛ぶ 橋田壽賀子 神谷吉彦 渥美清 梓英子文野朋子原泉、李鳳、呉老吉、関敬六
52 1967/08/20 先生勇気を出す 家城巳代治
入江昭夫
小山幹夫 渥美清 杉浦直樹三島雅夫、河内桃子、東野孝彦、名古屋章
53 1967/09/03 先生追い出される 山根優一郎 神谷吉彦 渥美清 小松方正、宮本信子、潮万太郎、中村是好、桑山正一、名古屋章
54 1967/09/17 先生、泣いてたまるか 高岡尚平 下村堯二 渥美清 串田和美、下元勉、河内桃子、広瀬昌助、増田順司
55 1967/10/01 兄と妹 家城巳代治 今井正 渥美清 原田芳男寺田路恵蟹江敬三中野誠也岩崎加根子
56 1967/10/08 仰げば尊し 家城巳代治 今井正 中村賀津雄 吉田日出子杉山徳子笠置シズ子森川信
57 1967/10/15 ぼくのお父ちゃん 光畑碩郎 高橋繁男 渥美清 春川ますみ、吉村実子藤江喜幸殿山泰司山本文郎、太宰久雄
58 1967/10/22 下町の青春 山根優一郎 吉野安雄 中村賀津雄 茅島成美谷隼人梅津栄嵐寛寿郎
59 1967/10/29 ある日曜日 木下惠介 大槻義一 渥美清 市原悦子新克利、清水良英、木村俊恵、野中マリ
60 1967/11/05 冬立ちぬ 木下恵介 山際永三 中村賀津雄 愛京子、水戸光子若水ヤエ子
61 1967/11/12 日本で一番もてない男 橋田壽賀子 高橋繁男 渥美清 佐藤オリエ、松村達雄、野村昭子砂塚秀夫、花沢徳衛
62 1967/11/19 なぜ、お嫁にゆくの 山田太一 鈴木英夫 中村賀津雄 近藤洋介、永田靖、永井智雄
63 1967/11/26 ああ無名戦士! 早坂暁 高橋繁男 渥美清 桜井啓子、津坂匡章、田中邦衛、加藤武、若宮忠三郎
64 1967/12/03 あゝお父さん 高岡尚平 降旗康男 中村賀津雄 佐々木愛、文野朋子石立鉄男、浦辺粂子、松村達雄
65 1967/12/10 ああ軍歌 山田太一 今井正 渥美清 小山明子、大塚国夫、賀原夏子、西村晃、山形勲
66 1967/12/17 からすなぜ鳴く 乙武英樹 佐伯孚治 中村賀津雄 杉浦直樹八木昌子鮎川浩市村俊幸三崎千恵子
67 1967/12/24 雪の降る街に 灘千造 井上博 渥美清 左幸子、夏圭子菊容子中谷一郎井川比佐志
68 1968/01/07 吹けよ春風 鈴木尚之
掛札昌裕
高橋繁男 渥美清 中原早苗、日高澄子、寺田史、山茶花究、中村賀津雄
69 1968/01/14 お嫁さんやーい 橋田壽賀子 小山幹夫 中村賀津雄 吉村実子、梓英子、益田喜頓
70 1968/01/21 まごころさん 野村芳太郎
森崎東
中川晴之助 渥美清 浜木綿子ジェリー藤尾、賀原夏子、武智豊子、坊屋三郎
71 1968/01/28 ひとりで乾杯! 山根優一郎 小山幹夫 中村賀津雄 大原麗子、西尾三枝子、千石規子澤村貞子
72 1968/02/04 禁じられた遊び 清水邦夫 高橋繁男 渥美清 長谷川裕見子、十朱久雄、大坂志郎、松本克平、野村昭子
73 1968/02/11 家つき、カーつき、ババアつき 家城巳代治
家城秀男
望月優子 中村賀津雄 堀内美紀、北あけみ、望月優子、多々良純、穂積隆信
74 1968/02/18 意地が涙を 山根優一郎 小山幹夫 渥美清 坪内ミキ子内田良平、花沢徳衛、関敬六、高津住男
75 1968/02/25 東京よいとこ 光畑碩郎 井上博 中村賀津雄 太地喜和子、加藤武、加藤嘉石立鉄男赤座美代子
76 1968/03/03 おゝ怪獣日本一 稲垣俊 佐伯孚治 渥美清 河内桃子、田中美恵子、片山真由美、野々浩介、小笠原章二郎 ※8 ※9
77 1968/03/10 僕は保夫さん 大川タケシ
秋山透
香月敏郎 中村賀津雄 島かおり、水戸光子、春川ますみ
78 1968/03/17 東京流れ者 内田栄一 高橋繁男 渥美清 久里千春、小松方正、松村達雄、名古屋章、中村賀津雄
79 1968/03/24 川は涙の通り道 山根優一郎 平松弘至 中村賀津雄 笠置シズ子、真鍋明子、河野秋武
80 1968/03/31 男はつらい 山田洋次
稲垣俊
飯島敏宏 渥美清 小坂一也前田吟、太宰久雄、川口恵子、高品格

渥美清泣いてたまるか 90分スペシャル編集

放送リスト編集

スペシャル版
  • 製作:TBS
  • 放送局:TBS系列
  • 放送日:1976年1月11日
  • 放送時間:日曜日、19:30 - 20:55(『サンデースペシャル』内)
  • 放送回数:全1回
  • 放送形式:カラー
泣いてたまるか 90分スペシャル
話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 主人公 主なゲスト
1 1976/01/11 男は心だよ 光畑硯郎 ※1 高橋繁男 渥美清 麻田ルミ清水章吾、松村達雄、市原悦子、佐藤英夫
  • ※1 原案:光畑硯郎

西田敏行の泣いてたまるか編集

スタッフ編集

放送リスト編集

リメイク版(西田敏行)
  • 製作:国際放映、東阪企画、TBS
  • 放送局:TBS系列
  • 放送期間:1986年10月21日 - 1987年1月20日
  • 放送時間:毎週火曜日、21:00 - 21:54
  • 放送回数:全12回
  • 放送形式:カラー
西田敏行の泣いてたまるか
話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 主人公 主なゲスト
1 1986/10/21 花嫁のお父ちゃん 山田洋次黒土三男 栗山富夫 西田敏行 野川由美子有森也実、矢野泰二、アパッチけん林美智子
2 1986/10/28 目の上のたんこぶ 松木ひろし 杉村六郎 西田敏行 武田鉄矢(友情出演)、松あきら東八郎今井和子大橋恵里子
3 1986/11/04 結婚に向かない二人 関根俊夫 ※1 小林俊一 西田敏行 岸本加世子(特別出演)、宅麻伸犬塚弘、桜千晴、三崎千恵子
4 1986/11/11 こんな男でよかったら 高岡尚平 鈴木利正 西田敏行 香山美子渡辺えり子赤木春恵長谷川哲夫清水紘治
5 1986/11/18 故郷は緑なりき 森崎東、宮崎まさ夫 飯島敏宏 西田敏行 マッハ文朱西村晃長塚京三堀江しのぶ奥村公延
6 1986/11/25 こちら突撃リポーター 松木ひろし 江崎実生 西田敏行 烏丸せつこ西田健江戸家猫八塩沢とき
7 1986/12/02 幽霊は不倫する 市川森一 中山三雄 西田敏行 万田久子富田靖子北詰友樹、木原清久、北川真由美
8 1986/12/09 父ちゃんはタクシードライバー 古長直美 桜井秀雄 西田敏行 音無美紀子、川田美香、谷口真一
9 1986/12/16 人生の並木路 酒井あきよし 森田光則 西田敏行 荻野目慶子奈良富士子伊武雅之草見潤平
10 1986/12/23 ぼくの父さんはシェフ 布勢博一 脇田時三 西田敏行 川上恭尚、初井言榮かとうかずこ木野花
11 1987/01/13 犬ちゃん恋におちて 加瀬高之 ※2 江崎実生 西田敏行 小田かおる水野久美桜むつ子野村昭子
12 1987/01/20 大当たり・これっきり 松木ひろし 杉村六郎 西田敏行 竹中直人吉行和子熊谷真実ケーシー高峰
  • ※1 原案:山田洋次
  • ※2 原案:下飯坂菊馬

泣いてたまるか 1971年度映画作品編集

泣いてたまるか
監督 宮崎晃
脚本 宮崎晃、大西信行
出演者 坂上二郎
萩本欽一
榊原るみ
倍賞千恵子
音楽 木下忠司
撮影 加藤正幸
編集 大沢しづ
配給 松竹
公開   1971年10月1日
上映時間 87分
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

解説編集

1966年TBSで放映され人気だった番組の映画化。テレビ放映時にも脚本原案を提供していた山田洋次、稲垣俊とスタッフが制作に当たっている。監督は野村芳太郎、山田洋次の助監督を多く勤めた宮崎晃で、脚本も担当している。宮崎はこれが監督昇進第一回作品となる。

ストーリー編集

長距離トラックの運転手である平山源太郎(坂上二郎)は、世話好きでお人好の独身三十九歳である。源太郎は母とみ(ミヤコ蝶々)と二人暮らしだが、配送途中の新潟の国道沿いで、男に乱暴されそうになっている娘沢弘子(榊原るみ)を助けた。弘子は東京のキャバレーで働く友人を頼って家出を決意し、上京する途中だった。事情を聞いてお人好しの源太郎は家に連れて帰って来た。母親の許しも得て弘子は源太郎の家でしばらく暮らすことになった。そんなところに腹違いの兄弟の五郎(萩本欽一)が帰ってきた。調子のいい五郎は弘子に近づきデートに誘う有様。源太郎の弘子に対するピュアな想いと周りを巻き込む騒動が次々に起こっていく。

スタッフ編集

  • 製作:名島徹
  • 監督:宮崎晃
  • 原作:山田洋次、稲垣俊
  • 脚本:宮崎晃、大西信行
  • 撮影:加藤正幸
  • 美術:重田重盛
  • 照明:佐久間丈彦
  • 音楽:木下忠司
  • 録音:栗田周十郎
  • 調音:小尾幸魚
  • 編集:大沢しづ
  • 助監督:大嶺俊順
  • スチール:赤井博且

キャスト編集

脚注編集

外部リンク編集

TBS系列 日曜20時枠
前番組 番組名 次番組
FBIアメリカ連邦警察
(第1シーズン)
(1965.12.5 - 1966.4.10)
泣いてたまるか
(1966年版)
(1966.4.17 - 1968.3.31)
抜かれてたまるか
(1968.4.7 - 1968.9.29)
TBS系列 サンデースペシャル
セントラル・リーグ25周年記念
歌うペナントレース
(1976.1.4)
泣いてたまるか
男は心だよ
(1976.1.11)
トップスターが踊って歌う
思い出の歌心の歌
(1976.1.18)
TBS系列 火曜21時枠
夏・体験物語
(第2シリーズ)
(1986.7.29 - 1986.10.14)
泣いてたまるか
(1986年版)
(1986.10.21 - 1987.1.20)
毎度おさわがせします
(第3シリーズ)
(1987.1.27 - 1987.5.26)