メインメニューを開く

間 章あいだ あきら、Aquirax Aida、1946年8月18日 - 1978年12月12日)は、音楽評論家。新潟県生まれ。立教大学中退。1969年よりフリー・ジャズを中心とした音楽批評活動を展開し、イベントやレコードのプロデュース活動を行った。1978年12月12日、脳出血により死去。享年32。

目次

年譜編集

著書編集

  • 『時代の未明から来るべきものへ』イザラ書房、1982年。
    のち復刊『時代の未明から来たるべきものへ 間章著作集Ⅰ』月曜社、2013年。
  • 『非時と廃墟そして鏡 間章ライナーノーツ[1972-1979]』深夜叢書社、1988年。(ライナーノーツを纏めたもの。)
  • 『この旅には終わりはない ジャズ・エッセイ』柏書房、1992年。(ジャズに関するエッセイ集。解説は辻邦生。)
  • 『僕はランチにでかける ロック・エッセイ』柏書房、1992年。(ロックに関するエッセイ集。解説は村上龍。)
  • 『〈なしくずしの死〉への覚書と断片 間章著作集Ⅱ』月曜社、2013年。
  • 『さらに冬へ旅立つために 間章著作集Ⅲ』月曜社、2014年。

訳書編集

関連書編集

関連項目編集