関心領域』(かんしんりょういき、The Zone of Interest)は、マーティン・エイミスの同名の小説を原作とし、ジョナサン・グレイザーが脚本・監督を務めた2023年のアメリカ合衆国イギリスポーランド共同製作の歴史ドラマ映画である。クリスティアン・フリーデル英語版アウシュヴィッツ強制収容所の隣に建てた新居で妻のヘートヴィヒ(ザンドラ・ヒュラー)との理想の生活を築こうとするルドルフ・ヘス所長を演じる[3]

関心領域
The Zone of Interest
監督 ジョナサン・グレイザー
脚本 ジョナサン・グレイザー
原作 マーティン・エイミス
関心領域英語版
製作
  • ジェームズ・ウィルソン
  • エヴァ・プシュチンスカ
製作総指揮
出演者
音楽 ミカ・レヴィ英語版
撮影 ウカシュ・ジャル
編集 ポール・ワッツ
製作会社
配給
公開
  • フランスの旗 2023年5月19日 (CIFF)
  • アメリカ合衆国の旗 2023年12月15日
  • イギリスの旗 2024年2月2日
  • ポーランドの旗 2024年2月9日
  • 日本の旗 2024年5月24日
上映時間 105分[2]
製作国
言語
  • ドイツ語
  • ポーランド語
  • イディッシュ語
興行収入 $48,963,682[5][6]
テンプレートを表示

『関心領域』は2023年5月19日に第76回カンヌ国際映画祭でプレミア上映され、グランプリFIPRESCI賞を獲得した。第49回ロサンゼルス映画批評家協会賞では作品賞を獲得し[7]2023年ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞では国際映画トップ5に選ばれた。第96回アカデミー賞にはアカデミー作品賞監督賞国際長編映画賞(イギリス代表作)[8]を含む5部門にノミネートされ、国際長編映画賞・音響賞を受賞した。またゴールデングローブ賞にはドラマ映画賞を含む3部門、英国アカデミー賞英語版には英国作品賞を含む9部門にノミネートされた。

プロット

編集

キャスト

編集

製作

編集

企画

編集

『関心領域』の製作には10年を要した[9]。『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』の完成後、グレイザーは、出版前のマーティン・エイミスの小説『関心領域英語版』を取り上げた新聞の書評記事を読み、興味をそそられた。彼はこの小説を読んだ後にオプション契約を結んだ。小説の主人公パウルとハンナのドール夫妻は、アウシュヴィッツ強制収容所で最も長く所長英語版を務めたルドルフ・ヘスとその妻のヘートヴィヒを大まかにモデルにしていた。グレイザーは架空のキャラクターの代わりに実在の人物を映画で取り上げることを選び、ヘス夫妻について2年間にわたる徹底的な調査を行った[10]。彼はアウシュヴィッツを何度か訪れ、へス邸の光景に深い感銘を受けた[11]。彼はアウシュヴィッツ博物館やその他の組織と協力し、公文書館にアクセスする特別許可を得て、生存者やヘス家で働いていた人々から提供された証言を調べた。これらの証言をつなぎ合わせることで、グレイザーは徐々に、実際に起きたことに関係する人々ひとりひとりの詳細な描写を構築していった[12][13]。また彼は調査の際に歴史家のティモシー・スナイダーの2015年の著書『ブラックアース ホロコーストの歴史と警告英語版』も参考にした[10]

グレイザーは、ホロコーストを実行した者たちがしばしば「ほぼ神話的なまでに邪悪な」者たちとして描かれていると指摘し、そういった点について神話性を除去して明確にする映画を作ることを志していた。ホロコーストの物語を、「過去にあって現在には関係しない何か」としてではなく、「今、ここでの物語」として語ろうとした[9][14]。自身のアプローチについては、グレイザーは、「私たちは、自分ではそんなことはないと思いたがっているかもしれないが、感情的にも政治的にも、ホロコースト実行者のカルチャーに近いのだ、ということを示すことによって、自分たちを『安泰ではない』という気持ちにさせる」ような映画、および、感傷を排した「犯罪捜査にあたる鑑識のような」、「乾いた悲嘆の目」を通じて見られる映画を思い描いていた哲学者ジリアン・ローズ英語版の書いたものを引き合いに出している[15]

グレイザーは2019年にプロジェクトを明かし、A24フィルム4・プロダクションズ英語版、アクセス・エンターテインメント、ハウス・プロダクションズが共同出資と製作を行うことを発表した[16][17]。フリーデルはルドルフ・ヘス役ために2019年にロンドンでグレイザーとジム・ウィルソン英語版に初めて会った。グレイザーとウィルソンの映画企画の説明に戸惑いつつ、フリーデルは自分もそうせざるを得ないと感じた。2013年に歴史ドラマ『Amour Fou』でヒュラーと共演していたフリーデルはルドルフの妻のヘートヴィヒ役に彼女を推薦した[18]。ヒュラーにはまず、ホロコーストを題材とした映画としてのプロジェクトの性質を知らされる前に、文脈を無視して提示されたルドルフとヘートヴィヒの口論を脚本から抜粋したものが送られた。ヒュラーはナチスを演じないと心に決めていたが、グレイザーと面会し、ナチズムをスクリーン上で正しく描く方法について彼女が抱いていた懸念を彼が共有し、対処してくれると確信した。ヒュラー自身の愛犬である黒のワイマラナーは『関心領域』でヘス家の愛犬のディラを演じている[19]

映画に登場するポーランド人の少女はグレイザーが調査中に出会ったアレクサンドリアという女性にインスパイアされている。12歳の頃にポーランドの抵抗運動員だった彼女は飢餓に苦しむ囚人のためにリンゴを置くため収容所まで自転車で通っていた。映画と同様に彼女は囚人が書いた音楽を発見した。この囚人はユゼフ・ウラー(Joseph Wulf)であったが、彼は戦争を生き延びた。アレクサンドリアはグレイザーとは90歳の時に面会し、その後まもなく亡くなった。映画で使われている自転車も女優が着ている衣裳も彼女のものである[9]

撮影

編集

オリジナルのヘス邸は終戦後は個人の邸宅として使われてきていた。プロダクションデザイナーのクリス・オディは収容所の壁の向こうにある廃屋を数ヶ月かけてヘス邸のレプリカに改造し、撮影開始時に花が咲くように2021年4月に庭の植栽を始めた[10]主要撮影は2021年夏にアウシュヴィッツで始まり、約55日間続いた[10][11]。追加撮影は2022年1月にイェレニャ・グラで行われた[20]

この映画はライカのレンズを装着したSony Veniceのデジタルカメラで撮影された[21]。グレイザーと撮影監督のウカシュ・ジャルは最大10台のカメラを家の中とその周辺に埋め込み、現場にスタッフを置かずに同時に回し続けた。グレイザーが「ナチの邸宅の『ビッグ・ブラザー英語版』」と名付けたこのアプローチにより、俳優たちは撮影中に様々な実験をすることができた[10][11][13]。グレイザーとジャルは現代的な外観を目指し、アウシュヴィッツを美しく撮ることは望まなかった。その結果、照明は組まれず自然光だけが使われた[22]

グレイザーは収容所内で起こっている虐殺行為を見せず、ただ聞かせるだけにとどめた。彼はこの映画の音響を「もうひとつの映画」「紛れもなく、映画」と表現した[11]。そのため、音響デザイナーのジョニー・バーンはアウシュヴィッツでの関連する出来事、目撃者の証言、収容所の大きな地図などを含む600ページに及ぶ資料をまとめ、音の距離や反響を適切に判断できるようにした[23]。彼は撮影が始まる前の1年間、製造機械、火葬場、炉、長靴、当時を正確に再現した銃声、人間の苦痛の音などを含む音響ライブラリーを作り上げた。彼は撮影とポストプロダクションに至るまでライブラリー構築を続けた[24][25]ミカ・レヴィ英語版は当初、この映画のためにスコアを書いたが、グレイザーとバーンはそれによって映画が「甘くなったりドラマチックになったり」することを望まなかったため、そのほとんどが破棄された。プロローグのためにレヴィが書いた音楽は映画に残り、またいくつかのシークエンスのために作られたサウンドスケープとエピローグのためのサウンドコラージュも残された[26]

公開

編集

『関心領域』は第76回カンヌ国際映画祭パルム・ドールを争うコンペティション部門に選出され[27]、2023年5月19日にそこでワールド・プレミアが行われ[28]、6分間のスタンディング・オベーションを受けた[29]。映画祭ではグランプリカンヌ・サウンドトラック賞英語版FIPRESCI賞を受賞した[30][31][32]

北米プレミアは2023年9月1日に第50回テルライド映画祭英語版で行われた[33][34]。また第48回トロント国際映画祭でも上映された[35]。アメリカ合衆国では当初は2023年12月8日公開予定であったが延期され[36]、12月15日に限定公開された[37]。イギリスでは2024年2月2日に公開される[38]。ポーランドでは2024年2月9日に公開される[39]。日本では2024年5月24日に公開される[40]

評価

編集

批評家の反応

編集

『関心領域』はプレミア上映時に絶賛された[41][42][43][44][45][46][47]レビュー収集サイトRotten Tomatoesでは222件の批評を基に支持率は92%、平均点は8.7/10となり、「凄惨な犯罪に加担する人々のありふれた存在を冷静に検証する『関心領域』は、許しがたい残虐行為の背後にある俗悪さを冷徹に見つめさせる」とまとめられた[48]Metacriticでは52件の批評に基づいて加重平均値は90/100と示された[49]

タイムズ』のケヴィン・メア英語版は「画期的な映画であり、非常に重要で、難解な発想を恐れない」と評した[50]。『ハリウッド・リポーター』のデヴィッド・ルーニーは「他に類を見ない破壊的なホロコースト劇であり、(ジョナサン・グレイザー監督の)色調と視覚的ストーリーテリングの正確なコントロールを驚くほど効果的に示している」と評した[51]。『アイリッシュ・タイムズ』のドナルド・クラークは「デリケートな題材にこのような形式的なアプローチをとったことで、グレイザーはまだ問題を抱えるかもしれない。しかし、どちらかといえば、その自らに課した規律、そしてまったく感傷的でないことが、彼がこの題材に対して抱いてる深い敵意を物語っている」と評した[52]。『フィナンシャル・タイムズ』のラファエル・エイブラハムは「グレイザーはこのような極端な非人間性を普通に描くことによって怪物をありふれたものにするだけでなく、その真の恐ろしさを私たちに再認識させるという、はるかに偉大なことを成し遂げたのだ」と評した[53]。『スクリーン・インターナショナル英語版』のジョナサン・ロムニーはこの映画を「誤ったレトリックを排除し、観客の想像力と感情的な反応に最大限の余白を残している」と評した[54]

インディーワイア英語版』のデヴィッド・エルリッヒはグレイザーのカメラワークは「ドラマの欠如がそれ自身で深く病んでいくような映画に平坦な均整を植え付けた」と評した[55]。『デイリー・テレグラフ』のロビー・コリン英語版は「丹念なフレーミングと音響デザインによってその恐怖はあらゆるショットの端々を苛んでいる」と評した[56]。『ガーディアン』のピーター・ブラッドショウ英語版は4ツ星を与え、この映画を「その芸術性故、おそらく(意図的な)悪趣味を完全にコントロールできていない映画」と評し、同時に「ミカ・レヴィによる見事なスコアとジョニー・バーンによる音響デザイン」を称賛した[57]

映画製作者のトッド・フィールドはこの映画を賞賛し、「グレイザーの映画に慣れている人にとってはここでの彼のアプローチが比喩やジャンルの自負、あるいは私たちが当然と思っている映画的な省略表現に邪魔されないのは驚くべきことでもない。私たちの最高の映画製作者の1人としての24年間のキャリアを通じてグレイザーは常にジャンルを高度に解釈し、その過程で犯罪(『セクシー・ビースト英語版』)、超常現象(『記憶の棘』)、サイエンス・フィクション(『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』)を完全に刷新してきた。その枠の中で描かれる彼の作品はまるでそれまで見たことのないような度肝を抜かれるようなユニークさだ」と評した[58]

逆にイタリアの映画批評家のダヴィデ・アバテスチアンニがCineuropaで発表した批評はあまり好意的ではなかった。彼は不穏な雰囲気は良く出来ているものの単調であると感じ、またキャストの演技に関しても変化に乏しく2時間停滞したままだと考え、この映画の中で提示されたコンセプトに変化をもたらすことができないと指摘した[59]。ドイツの批評家のハンス=ゲオルク・ローデックはWorldcrunchに寄稿し、「『関心領域』が答えない最初の疑問がある。これは無知なのか?もちろんそうではない。人種差別やナショナリズム妄想に基づく意識的な承認か?きっとそうだろう。驚異と感じられる状況の中での牧歌的な生活への憧れなのか?間違いない。説明の試みは多くあるが、ジョナサン・グレイザーはそれらにあまり関心が無い。グレイザーはおそらくこれまでのホロコースト映画よりも抑圧的な状況を描写している。何も知ろうとしなかった国民全体の態度がひとつの庭園に凝縮されている」と評した[60]

受賞とノミネート

編集
『関心領域』の受賞とノミネート
発表日 部門 対象 結果 参照
アカデミー賞 2024年3月10日 作品賞 ジェームズ・ウィルソン ノミネート [61][62]
監督賞 ジョナサン・グレイザー ノミネート
脚色賞 ノミネート
国際長編映画賞 『関心領域』 受賞
音響賞 ターン・ウィラーズ英語版ジョニー・バーン英語版 受賞
女性映画ジャーナリスト同盟 2024年1月4日 作品賞 『関心領域』 受賞 [63]
監督賞 ジョナサン・グレイザー ノミネート
助演女優賞 ザンドラ・ヒュラー ノミネート
勇敢演技賞 ノミネート
脚色賞 ジョナサン・グレイザー ノミネート
撮影賞 ウカシュ・ジャル ノミネート
編集賞 ポール・ワッツ ノミネート
非英語映画賞 『関心領域』 受賞
アストラ映画賞英語版 2024年1月6日 国際作品賞 『関心領域』 ノミネート [64]
国際映画製作者賞 ジョナサン・グレイザー ノミネート
国際男優賞 クリスティアン・フリーデル英語版 ノミネート
オースティン映画批評家協会賞 2024年1月10日英語版 国際映画賞 『関心領域』 ノミネート [65]
英国アカデミー賞 2024年2月18日英語版 英国作品賞 受賞 [66][67]
非英語作品賞 受賞
監督賞 ジョナサン・グレイザー ノミネート
脚色賞 ノミネート
助演女優賞 ザンドラ・ヒュラー ノミネート
撮影賞 ウカシュ・ジャル ノミネート
編集賞 ポール・ワッツ ノミネート
プロダクションデザイン賞英語版 クリス・オディ ノミネート
音響賞英語版 ジョニー・バーン 受賞
ボストン映画批評家協会賞 2023年12月10日 作品賞英語版 『関心領域』 次点 [68]
監督賞英語版 ジョナサン・グレイザー 受賞
脚色賞英語版 受賞
作曲賞 ミカ・レヴィ英語版 次点
外国語映画賞 『関心領域』 受賞
カメリメージ英語版 2023年11月18日 FIPRESCI賞 受賞 [69]
カンヌ国際映画祭 2023年5月27日 パルム・ドール ジョナサン・グレイザー ノミネート [27]
グランプリ 受賞 [30]
FIPRESCI賞 受賞 [32]
サウンドトラック賞英語版 ミカ・レヴィ 受賞 [31]
CST芸術家・技術者賞 ジョニー・バーン 受賞 [70]
シカゴ映画批評家協会 2023年12月12日 助演女優賞英語版 ザンドラ・ヒュラー ノミネート [71]
脚色賞英語版 ジョナサン・グレイザー ノミネート
作曲賞英語版 ミカ・レヴィ ノミネート
撮影賞英語版 ウカシュ・ジャル ノミネート
外国語映画賞 『関心領域』 受賞
クリティクス・チョイス・アワード 2024年1月14日 外国語映画賞 ノミネート [72]
ダラス・フォートワース映画批評家協会賞 2023年12月18日英語版 外国語映画賞 2位 [73]
ラッセル・スミス賞英語版 受賞
ヨーロッパ映画賞 2023年12月9日英語版 作品賞 ノミネート [74]
監督賞 ジョナサン・グレイザー ノミネート
脚本賞 ノミネート
男優賞 クリスティアン・フリーデル ノミネート
女優賞 ザンドラ・ヒュラー ノミネート
音響デザイナー賞英語版 ターン・ウィラーズ、ジョニー・バーン 受賞 [75]
フロリダ映画批評家協会賞 2023年12月21日 監督賞英語版 ジョナサン・グレイザー ノミネート [76]
[77]
外国語映画賞 『関心領域』 次点
美術監督/プロダクションデザイン賞 ノミネート
撮影賞英語版 ウカシュ・ジャル ノミネート
ジョージア映画批評家協会賞英語版 2024年1月5日 作曲賞 ミカ・レヴィ ノミネート [78]
[79]
国際映画賞 『関心領域』 ノミネート
ゴールデングローブ賞 2024年1月7日英語版 ドラマ映画賞 ノミネート [80]
外国語映画賞 ノミネート
作曲賞 ウカシュ・ジャル ノミネート
ゴッサム・インディペンデント映画賞 2023年11月27日英語版 国際作品賞英語版 『関心領域』 ノミネート [81]
脚本賞英語版 ジョナサン・グレイザー ノミネート
助演俳優賞英語版 ザンドラ・ヒュラー ノミネート
ハリウッド・ミュージック・イン・メディア賞英語版 2023年11月15日英語版 インディペンデント映画作曲賞英語版 ミカ・レヴィ 受賞 [82]
インディペンデント・スピリット賞 2024年2月25日英語版 国際映画賞 『関心領域』 ノミネート [83][84]
ロサンゼルス映画批評家協会賞 2023年12月10日 作品賞 『関心領域』 受賞 [85]
監督賞 ジョナサン・グレイザー 受賞
主演俳優賞英語版 ザンドラ・ヒュラー 受賞[注釈 1]
音楽賞 ミカ・レヴィ 受賞
モントクレア映画祭英語版 2023年10月29日 ブレイクスルー演技賞 クリスティアン・フリーデル 受賞 [87]
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 2023年12月6日 国際映画トップ5英語版 『関心領域』 受賞[注釈 2] [88]
[89]
全米映画批評家協会賞 2024年1月6日英語版 監督賞 ジョナサン・グレイザー 受賞 [90]
主演女優賞英語版 ザンドラ・ヒュラー 受賞[注釈 3] [91]
作品賞英語版 『関心領域』 次点 [92]
撮影賞英語版 ウカシュ・ジャル 次点 [93]
全米製作者組合賞英語版 2024年2月25日英語版 劇場映画賞 『関心領域』 ノミネート [94][95]
サンディエゴ映画批評家協会賞 2023年12月19日 助演女優賞英語版 ザンドラ・ヒュラー ノミネート [96]
脚色賞英語版 ジョナサン・グレイザー ノミネート
外国語映画賞 『関心領域』 次点[注釈 4]
音響デザイン賞 受賞
サンフランシスコ・ベイエリア映画批評家協会賞 2024年1月9日英語版 作品賞英語版 ノミネート [97]
監督賞英語版 ジョナサン・グレイザー 受賞
助演女優賞英語版 ザンドラ・ヒュラー ノミネート
脚色賞英語版 ジョナサン・グレイザー ノミネート
国際映画賞 『関心領域』 受賞
撮影賞英語版 ウカシュ・ジャル ノミネート
編集賞 ポール・ワッツ 受賞
作曲賞 ミカ・レヴィ ノミネート
サテライト賞 2024年3月3日英語版 監督賞 ジョナサン・グレイザー ノミネート [98][99]
脚色賞英語版 ジョナサン・グレイザー、マーティン・エイミス ノミネート
国際映画賞英語版 『関心領域』 受賞
シアトル映画批評家協会賞英語版 2024年1月8日 作品賞 ノミネート [100]
助演女優賞 ザンドラ・ヒュラー ノミネート
国際映画賞 『関心領域』 ノミネート
撮影賞 ウカシュ・ジャル ノミネート
作曲賞 ミカ・レヴィ ノミネート
作曲家・作詞家協会賞英語版 2024年2月23日 インディペンデント映画作曲賞 ミカ・レヴィ ノミネート [101][102]
セントルイス映画批評家協会賞 2023年12月17日 作品賞英語版 『関心領域』 ノミネート [103]
国際映画賞 次点
脚色賞英語版 ジョナサン・グレイザー ノミネート
撮影賞 ウカシュ・ジャル ノミネート
音楽賞 ミカ・レヴィ ノミネート
トロント映画批評家協会賞 2023年12月17日英語版 作品賞英語版 『関心領域』 受賞 [104]
監督賞英語版 ジョナサン・グレイザー 受賞
国際作品賞 『関心領域』 次点[注釈 5]
ワシントンD.C.映画批評家協会賞 2023年12月10日英語版 外国語映画賞英語版 ノミネート [105]

関連項目

編集

脚注

編集

注釈

編集
  1. ^ 『関心領域』と『落下の解剖学』の両方による受賞。『哀れなるものたち』のエマ・ストーンと共同受賞[86]
  2. ^ この賞は単独ではなく複数の作品を表彰するものである。
  3. ^ 落下の解剖学』に対しても。
  4. ^ ゴジラ-1.0』と共同
  5. ^ 落下の解剖学』と共同。

出典

編集
  1. ^ Roxborough, Scott (2023年5月26日). “Cannes: A24 Closes Worldwide Deals for Jonathan Glazer's 'The Zone of Interest'”. The Hollywood Reporter. 2023年6月8日閲覧。
  2. ^ The Zone of Interest (15)”. British Board of Film Classification (2023年11月7日). 2023年11月8日閲覧。
  3. ^ a b c THE ZONE OF INTEREST”. Festival de Cannes. 2023年5月7日閲覧。
  4. ^ Vourlias, Christopher (2023年5月19日). “Poles Share Their Souls With the World”. Variety. https://variety.com/2023/film/features/cannes-poland-the-zone-of-interest-jonathan-glazer-1235600774/ 2023年5月19日閲覧。 
  5. ^ The Zone of Interest”. Box Office Mojo. IMDb. 2024年5月24日閲覧。
  6. ^ The Zone of Interest”. The Numbers. 2024年5月24日閲覧。
  7. ^ Davis, Clayton (2023年12月10日). “‘The Zone of Interest’ Wins Best Picture at Los Angeles Film Critics Awards, Four Women Take Acting Prizes” (英語). Variety. 2024年1月24日閲覧。
  8. ^ Ritman, Alex (2023年9月21日). “Oscars: U.K. Picks Jonathan Glazer's 'Zone of Interest' for International Feature Category” (英語). The Hollywood Report. 2024年1月24日閲覧。
  9. ^ a b c O'Hagan, Sean (2023年12月10日). “Jonathan Glazer on his holocaust film The Zone of Interest: ‘This is not about the past, it’s about now’”. The Guardian. 2023年12月21日閲覧。
  10. ^ a b c d e Harvey, Giles (2023年12月19日). “How Do You Make a Movie About the Holocaust?” (英語). The New York Times. 2023年12月21日閲覧。
  11. ^ a b c d Salisbury, Mark (2023年11月27日). “Jonathan Glazer on ‘The Zone Of Interest’: "I wanted to remove the artifice of filmmaking"”. Screen Daily. 2023年12月21日閲覧。
  12. ^ Jonathan Glazer On His Holocaust Pic 'Zone Of Interest' & The Dangers Of Far-Right Resurgence Today” (英語). Deadline (2023年5月20日). 2023年5月22日閲覧。
  13. ^ a b Hammond, Pete (2023年5月19日). “'The Zone Of Interest' Review: Jonathan Glazer's Stunning Look At The Holocaust In A Way It Has Not Been Seen – Cannes Film Festival” (英語). Deadline. 2023年5月22日閲覧。
  14. ^ Roxborough, Scott (2024年1月8日). “Framing the Horrors of the Holocaust Through a 21st Century Lens: Making of ‘The Zone of Interest’”. The Hollywood Reporter. 2024年3月14日閲覧。
  15. ^ Avoiding the Historical Drama Trap: Why ‘The Zone of Interest’ Feels So Dangerous”. IndieWire (2024年1月15日). 2024年3月15日閲覧。
  16. ^ 'Under The Skin' Director Jonathan Glazer Gears Up To Shoot Next Movie With A24, Film4, Access, House & Producers James Wilson & Ewa Puszczyńska” (英語). Deadline (2019年10月23日). 2022年11月28日閲覧。
  17. ^ Łukasz Żal On How Reality TV Shaped The Construction Of Cannes-Winning Nazi Drama ‘The Zone Of Interest’ — Camerimage”. Deadline. 2024年1月24日閲覧。
  18. ^ Leigh, Danny (2024年1月19日). “'This is a film to make us unsafe in the cinema. As we should be': Sandra Hüller and Christian Friedel on The Zone of Interest”. The Guardian. 2024年1月21日閲覧。
  19. ^ Sandra Huller on Breaking a No-Holocaust-Movie Rule for "The Zone of Interest", and Whether Her "Anatomy of a Fall" Character is Guilty”. Variety. 2023年12月30日閲覧。
  20. ^ Filmowcy w Cieplicach. Trwają zdjęcia do filmu -Strefa Interesów-” [Filmmakers in Cieplice. Shooting for the film -The Zone of Interest- is in progress]. 24jgora.pl (2022年1月23日). 2022年11月28日閲覧。
  21. ^ Roxborough, Scott (2023年12月19日). “‘The Zone of Interest’ DP Lukasz Zal on Depicting Evil Without the Emotional Manipulation” (英語). The Hollywood Reporter. 2023年12月21日閲覧。
  22. ^ Shachat, Sarah (2023年10月16日). “Oscar Cinematography Survey: The Cameras and Lenses Used to Shoot 32 Awards Contenders”. IndieWire. 2023年12月21日閲覧。
  23. ^ Kring-Schreifels, Jake (2023年12月15日). “Sounds that Cannot Be Unheard: Sound Designer Johnnie Burn on The Zone of Interest”. Filmmaker. 2023年12月22日閲覧。
  24. ^ Boone, John (2023年12月13日). “'The Context Is Everything': Behind the Sights and Sound of 'The Zone of Interest' (Exclusive)”. Academy of Motion Picture Arts and Sciences. 2023年12月22日閲覧。
  25. ^ Struss, Jason (2023年12月19日). “Creating the sound of death: How The Zone of Interest brings the Holocaust to chilling life”. Digital Trends. 2023年12月22日閲覧。
  26. ^ Greiving, Tim (2023年12月12日). “‘Zone’ composer Mica Levi is creating film music like you’ve never heard before”. Los Angeles Times. 2023年12月22日閲覧。
  27. ^ a b Tartaglione, Nancy (2023年4月13日). “Cannes Film Festival Lineup: Haynes, Anderson, Glazer, Kore-Eda, Wenders In Competition – Full List”. Deadline Hollywood. 2023年4月13日閲覧。
  28. ^ The Screenings Guide of the 76th Festival de Cannes” (英語). Festival de Cannes. p. 2 (2023年5月10日). 2023年5月10日閲覧。
  29. ^ Sharf, Zack (2023年5月19日). “A24's Nazi Drama 'Zone of Interest' Is a Cannes Sensation With 6-Minute Standing Ovation” (英語). Variety. 2023年5月21日閲覧。
  30. ^ a b Debruge, Peter (2023年5月27日). “Cannes Awards: 'Anatomy of a Fall' Takes Palme d'Or, 'The Zone of Interest' and 'The Pot au Feu' Among Winners”. Variety. 2023年5月27日閲覧。
  31. ^ a b 'Zone of Interest', film on Auschwitz commandant, wins 2nd-highest prize at Cannes”. The Jerusalem Post (2023年5月28日). 2023年5月29日閲覧。
  32. ^ a b Bałaga, Marta (2023年5月27日). “'The Zone of Interest,' 'The Settlers' Score Fipresci Awards at Cannes”. Variety. 2023年5月27日閲覧。
  33. ^ Davis, Clayton (2023年8月30日). “Telluride Lineup Includes World Premieres of 'Saltburn,' 'The Bikeriders' and 'Rustin' With Tributes for Yorgos Lanthimos and Wim Wenders”. Variety. 2023年8月30日閲覧。
  34. ^ Program Guide”. Telluride Film Festival. 2023年8月30日閲覧。
  35. ^ The Zone of Interest” (英語). TIFF. 2023年7月25日閲覧。
  36. ^ Lattanzio, Ryan (2023年8月2日). “Jonathan Glazer's 'The Zone of Interest' Sets December A24 Release and Shares Two New Images”. IndieWire. 2023年8月2日閲覧。
  37. ^ McCardle, Tommy (2023年10月17日). “The Zone of Interest Trailer: Award-Winning Holocaust Film Shows Family Living Next to Auschwitz”. People. 2023年10月17日閲覧。
  38. ^ The Zone of Interest”. Film Distributor Association. 2023年10月30日閲覧。
  39. ^ PISF - Film "Strefa interesów" z datą kinowej premiery” (ポーランド語). 2023年8月18日閲覧。
  40. ^ 強制収容所を取り囲む地域を描く衝撃的ホロコーストドラマ ジョナサン・グレイザー監督「関心領域」5月24日から公開” (2024年1月19日). 2024年1月23日閲覧。
  41. ^ Hibberd, James (2023年10月17日). “'Zone of Interest' Trailer: First Look at A24's Haunting Holocaust Drama” (英語). The Hollywood Reporter. 2023年10月17日閲覧。
  42. ^ Thorpe, Vanessa (2023年5月20日). “Nazis and normality: UK directors unsettle Cannes with films tackling 'unseen' evil” (英語). The Observer. ISSN 0029-7712. https://www.theguardian.com/film/2023/may/20/nazis-and-normality-uk-directors-unsettle-cannes-with-films-tackling-unseen-evil 2023年10月20日閲覧。 
  43. ^ Sandra Hüller on 'Anatomy of a Fall', 'The Zone of Interest' & What's Next” (英語). W Magazine (2023年10月13日). 2023年10月19日閲覧。
  44. ^ Dalton, Ben (2023年5月20日). “Jonathan Glazer talks connection between Cannes title 'The Zone Of Interest' and modern far-right movements” (英語). Screen Daily. 2023年10月17日閲覧。
  45. ^ Malhotra, Rahul (2023年10月17日). “First 'The Zone of Interest' Trailer Uncovers a Chilling Look at Evil in Holocaust Drama” (英語). Collider. 2023年10月17日閲覧。
  46. ^ Fuge, Jonathan (2023年10月17日). “The Zone of Interest Trailer Teases A24's Critically Acclaimed Holocaust Drama” (英語). MovieWeb. 2023年10月17日閲覧。
  47. ^ Sarkisian, Jacob (2023年10月16日). “'The Zone of Interest' will bag Best Director nomination for Jonathan Glazer” (英語). GoldDerby. 2023年10月17日閲覧。
  48. ^ "The Zone of Interest". Rotten Tomatoes. Fandango Media. 2024年1月2日閲覧
  49. ^ "The Zone of Interest Reviews". Metacritic. Red Ventures. 2024年1月2日閲覧。
  50. ^ Maher, Kevin (2023年5月21日). “The Zone of Interest review — Holocaust film masterfully reinvents Martin Amis novel”. The Times. オリジナルの2023年5月21日時点におけるアーカイブ。. https://archive.today/20230521165707/https://www.thetimes.co.uk/article/the-zone-of-interest-review-holocaust-film-masterfully-reinvents-martin-amiss-novel-xg8d58p2q 2023年5月22日閲覧。 
  51. ^ Rooney, David (19 May 2023). "'The Zone of Interest' Review: Jonathan Glazer's Audacious Film Is a Bone-Chilling Holocaust Drama Like No Other". The Hollywood Reporter. 2023年5月22日閲覧
  52. ^ Clarke, Donald (2023年5月22日). “One film has shaken Cannes festival like few others in recent memory”. The Irish Times. オリジナルの2023年5月22日時点におけるアーカイブ。. https://archive.today/20230522100353/https://www.irishtimes.com/culture/film/2023/05/22/one-film-shakes-cannes-festival-like-few-others-in-recent-memory/ 2023年5月22日閲覧。 
  53. ^ Abraham, Raphael (2023年5月22日). “The Zone of Interest review — devastating portrait of the commandant of Auschwitz”. Financial Times. オリジナルの2023年5月22日時点におけるアーカイブ。. https://archive.today/20230522171430/https://www.ft.com/content/2934bd7d-8dcc-41ca-8b77-878e68942cfa 2023年5月22日閲覧。 
  54. ^ Romney, Jonathan (19 May 2023). "'The Zone Of Interest': Cannes Review". Screen International. 2023年5月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年5月23日閲覧
  55. ^ Ehrlich, David (2023年5月19日). “'The Zone of Interest' Review: Jonathan Glazer's Holocaust Anti-Drama Is a Chilling Look at the Banality of Evil”. IndieWire. 2023年5月22日閲覧。
  56. ^ Collin, Robbie (2023年5月19日). “The Zone of Interest, Cannes review: Jonathan Glazer's Auschwitz film is horrifying in its banality”. The Daily Telegraph. オリジナルの2023年5月19日時点におけるアーカイブ。. https://archive.today/20230519183952/https://www.telegraph.co.uk/films/0/zone-of-interest-review-jonathan-glazer-cannes-2023/ 2023年5月22日閲覧。 
  57. ^ Bradshaw, Peter (2023年5月19日). “The Zone of Interest review – Jonathan Glazer adapts Martin Amis's chilling Holocaust drama”. The Guardian. https://www.theguardian.com/film/2023/may/19/the-zone-of-interest-review-jonathan-glazer-adapts-martin-amiss-chilling-holocaust-drama 2023年5月22日閲覧。 
  58. ^ https://variety.com/lists/directors-best-films-2023/the-zone-of-interest-2/
  59. ^ Review: The Zone of Interest”. Cineuropa (2023年5月21日). 2023年5月26日閲覧。
  60. ^ Where 'The Zone Of Interest' Won't Go On Auschwitz — A German Critique Of New Nazi Film”. WorldCrunch. 2023年5月25日閲覧。
  61. ^ International Feature Film - The Academy”. Twitter (2024年1月23日). 2024年1月24日閲覧。
  62. ^ Donnelly, Jim (2024年3月10日). “Oscars 2024 Winners: Real Time Updates of the 96th Academy Awards Winners!”. abc.com. 2024年3月11日閲覧。
  63. ^ Merin, Jennifer (2023年12月22日). “2023 EDA Awards Nominees” (英語). Alliance of Women Film Journalists. 2023年12月23日閲覧。
  64. ^ Anderson, Erik (2023年12月7日). “'Barbie' and 'Oppenheimer' Lead Hollywood Creative Alliance (HCA) Astra Awards Nominations”. AwardsWatch. 2023年12月8日閲覧。
  65. ^ Neglia, Matt (2024年1月3日). “The 2023 Austin Film Critics Association (AFCA) Nominations” (英語). Next Best Picture. 2024年1月3日閲覧。
  66. ^ Nominations Announced for the 2024 EE BAFTA Film Awards” (英語). www.bafta.org (2024年1月18日). 2024年1月18日閲覧。
  67. ^ 2024 EE BAFTA Film Awards: The Winners and Nominations”. British Academy of Film and Television Arts. 2024年2月19日閲覧。
  68. ^ Anderson, Erik (2023年12月10日). “2023 Boston Society of Film Critics (BSFC): ‘The Holdovers’ Wins Best Film, Actor, Supporting Actress, Screenplay”. AwardsWatch. 2023年12月11日閲覧。
  69. ^ EnergaCAMERIMAGE 2023 WINNERS! – EnergaCAMERIMAGE 2023”. camerimage.pl. 2023年11月19日閲覧。
  70. ^ The 76th Festival de Cannes winners' list” (英語). Festival de Cannes (2023年5月27日). 2023年5月28日閲覧。
  71. ^ Tallerico, Brian (2023年12月8日). “Killers of the Flower Moon, Oppenheimer, Poor Things Lead CFCA Nominations” (英語). RogerEbert.com. 2023年12月8日閲覧。
  72. ^ Nolfi, Joey (2023年12月13日). “2024 Critics Choice Awards film nominations: See the full list” (英語). Entertainment Weekly. 2023年12月13日閲覧。
  73. ^ Jorgenson, Todd (2023年12月18日). “DFW Film Critics Name The Holdovers Best Picture of 2023” (英語). Dallas-Fort Worth Film Critics Association. 2023年12月18日閲覧。
  74. ^ Goodfellow, Melanie (2023年11月7日). “‘Fallen Leaves’ & ‘The Zone Of Interest’ Top European Film Award Nominations In Main Categories”. Deadline Hollywood. 2023年11月7日閲覧。
  75. ^ These are the winners of the Excellence Awards 2023”. European Film Awards (2023年11月30日). 2023年11月30日閲覧。
  76. ^ Anderson, Erik (2023年12月13日). “Florida Film Critics Circle (FFCC) Nominations”. AwardsWatch. 2023年12月14日閲覧。
  77. ^ “The Boy and the Heron” flies high with Florida Film Critics” (英語). Florida Film Critics Circle (2023年12月21日). 2023年12月21日閲覧。
  78. ^ Neglia, Matt (2023年12月29日). “The 2023 Georgia Film Critics Association (GAFCA) Nominations” (英語). Next Best Picture. 2023年12月30日閲覧。
  79. ^ Neglia, Matt (2024年1月5日). “The 2023 Georgia Film Critics Association (GAFCA) Winners” (英語). Next Best Picture. 2024年1月5日閲覧。
  80. ^ Golden Globes 2024: Full Nominations List”. Variety (2023年12月11日). 2023年12月12日閲覧。
  81. ^ Lewis, Hilary (2023年10月24日). “'Past Lives,' 'A Thousand and One' and 'All of Us Strangers' Top Gotham Awards Film Nominees” (英語). The Hollywood Reporter. 2023年10月25日閲覧。
  82. ^ Grein, Paul (2 November 2023). "Songs From 'Barbie' Pace 2023 Hollywood Music in Media Awards Nominations (Full List)". Billboard. 2023年11月3日閲覧
  83. ^ Blauvelt, Christian (2023年12月5日). “‘American Fiction,’ ‘May December,’ ‘Past Lives’ Lead 2024 Indie Spirits Noms”. IndieWire. 2023年12月5日閲覧。
  84. ^ Here are the Winners of the 2024 Film Independent Spirit Awards!” (英語). Film Independent (2024年2月23日). 2024年2月27日閲覧。
  85. ^ Davis, Clayton (2023年12月10日). “‘The Zone of Interest’ Wins Best Picture at Los Angeles Film Critics Awards, Four Women Take Acting Prizes (Full Winners List)”. Variety. 2023年12月11日閲覧。
  86. ^ 49th Los Angeles Film Critics Association Awards”. ロサンゼルス映画批評家協会 (2023年12月10日). 2024年1月11日閲覧。
  87. ^ White, Abbey (2023年9月20日). “Montclair Film Festival Sets 'Dream Scenario' and 'Eileen' as Opening and Closing Night Films (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. 2023年10月6日閲覧。
  88. ^ Davis, Clayton (2023年11月6日). “‘Killers of the Flower Moon’ Named Best Picture by National Board of Review, Lily Gladstone and Paul Giamatti Nab Top Acting Honors”. Variety. 2023年11月6日閲覧。
  89. ^ Lewis, Hilary (2023年12月6日). “National Board of Review Names ‘Killers of the Flower Moon’ Best Film of 2023” (英語). The Hollywood Reporter. 2023年12月6日閲覧。
  90. ^ Lewis, Hilary (2024年1月6日). “National Society of Film Critics Voting Underway”. The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/movies/movie-news/2024-national-society-of-film-critics-winners-list-1235780787/ 2024年1月6日閲覧。 
  91. ^ Lewis, Hilary (2024年1月6日). “National Society of Film Critics Voting Underway”. The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/movies/movie-news/2024-national-society-of-film-critics-winners-list-1235780787/ 2024年1月6日閲覧。 
  92. ^ Lewis, Hilary (2024年1月6日). “National Society of Film Critics Voting Underway”. The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/movies/movie-news/2024-national-society-of-film-critics-winners-list-1235780787/ 2024年1月6日閲覧。 
  93. ^ Lewis, Hilary (2024年1月6日). “National Society of Film Critics Voting Underway”. The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/movies/movie-news/2024-national-society-of-film-critics-winners-list-1235780787/ 2024年1月6日閲覧。 
  94. ^ Bergeson, Samantha (2024年1月12日). “PGA Awards 2024 Nominations: Maestro, Killers of the Flower Moon, and Past Lives Among Contenders” (英語). IndieWire. 2024年1月12日時点のオリジナルよりアーカイブ2024年1月12日閲覧。
  95. ^ Chuba, Kirsten; Nordyke, Kimberly (2024年2月25日). “PGA Awards: ‘Oppenheimer’ Takes Top Film Prize” (英語). The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/movies/movie-news/2024-producers-guild-awards-winners-list-1235833336/ 2024年2月26日閲覧。 
  96. ^ Anderson, Erik (2023年12月15日). “San Diego Film Critics Society (SDFCS) Nominations” (英語). AwardsWatch. 2023年12月15日時点のオリジナルよりアーカイブ2023年12月15日閲覧。
  97. ^ Neglia, Matt (2024年1月5日). “The 2023 San Francisco Bay Area Film Critics Circle (SFBAFCC) Nominations” (英語). Next Best Picture. 2024年1月5日閲覧。
  98. ^ IPA Reveals Nominations for the 28th Satellite™ Awards” (英語). International Press Academy英語版 (2023年12月18日). 2023年12月18日閲覧。
  99. ^ The International Press Academy Announces Winners for the 28th Annual SATELLITE™ Awards” (英語). International Press Academy (2024年3月3日). 2024年3月4日閲覧。
  100. ^ Neglia, Matt (2024年1月3日). “The 2023 Seattle Film Critics Society (SFCS) Nominations” (英語). Next Best Picture. 2024年1月3日閲覧。
  101. ^ Neglia, Matt (2023年12月21日). “The 2023 Society Of Composers And Lyricists (SCL) Nominations” (英語). Next Best Picture. 2023年12月22日閲覧。
  102. ^ Neglia, Matt (2024年2月14日). “The 2023 Society Of Composers And Lyricists (SCL) Winners” (英語). Next Best Picture. 2024年2月27日閲覧。
  103. ^ 2023 St. Louis Film Critics Association (StLFCA) Nominations”. awardswatch.com. AwardsWatch. 2023年12月11日閲覧。
  104. ^ Neglia, Matt (2023年12月17日). “The 2023 Toronto Film Critics Association (TFCA) Winners” (英語). Next Best Picture. 2023年12月17日閲覧。
  105. ^ Neglia, Matt (2023年12月9日). “The 2023 Washington DC Area Film Critics Association (WAFCA) Nominations” (英語). Next Best Picture. 2023年12月9日閲覧。

外部リンク

編集