ピープル』(People)は、 アメリカ合衆国週刊誌で、有名人に関するニュース、ヒューマンインタレスト記事ゴシップなどを専門に扱っている。メレディス・コーポレーションが発行している[3]

ピープル
People
People Magazine logo.svg
ジャンル 有名人に関するヒューマンインタレスト記事ニュース
刊行頻度 週刊
発売国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
出版社 メレディス
編集長 Dan Wakeford[1]
ISSN 0093-7673
刊行期間 1974年 - 現在
発行部数 3,425,166[2]部(2018年)
ウェブサイト www.people.com
テンプレートを表示

2009年には4660万人の読者を獲得し、アメリカの雑誌の中で最大の読者数を誇っていたが、2018年には読者数が3590万人に激減し、2位に転落した[4][5]。2011年の広告収入は99億7千万ドルで、アメリカの雑誌の中での最高を記録した[6]。年間の発行部数は375万部で、見込みの収益は15億ドルを超えていた[7]

2005年10月には、編集、発行部数、広告の優秀性が評価され、『アドバタイジング・エイジ英語版』誌の「マガジン・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた[8]。2006年10月には、『アドバタイジング・エイジ』誌の年間「A-list」で6位、『アドウィーク英語版』誌の「Brand Blazers」で3位にランクされた。

『ピープル』のウェブサイトPeople.comでは、有名人のニュースやヒューマンインタレスト記事を中心に取り上げている[8]。2015年2月には、同ウェブサイトのユニークビジター数が7,200万人という新記録を更新した[9]

『ピープル』は、「世界で最も美しい人物」(World's Most Beautiful)、「ベスト&ワーストドレッサー」(Best & Worst Dressed)、「最もセクシーな男」(Sexiest Man Alive)などのランキングを発表していることでも知られている。

雑誌の編集本部はニューヨークにあり、ロサンゼルスロンドンに支局がある。経済的な理由から、2006年にオースティンマイアミシカゴの支局を閉鎖した[7][8]

歴史編集

『ピープル』のコンセプトは、当時のタイム社の最高経営責任者であり、週刊誌『ライフ』誌の元発行人のアンドリュー・ハイスケル英語版によるものである。『ピープル』の創刊編集長のリチャード・B・"ディック"・ストーリーは、『ライフ』誌の元編集長補佐であり、1963年にジョン・F・ケネディ暗殺事件の際にタイム社のためにザプルーダー・フィルムを入手した。

ストーリー編集長は、この雑誌を「ニュースの原因となっている人々、ニュースに巻き込まれている人々、あるいはニュースに巻き込まれるに値する人々の元に回帰する。我々の焦点は、事件ではなく人物にある。」と特徴づけた[10]。人物に焦点を当てた雑誌であり続けようとする、このストーリーのほとんど宗教的な決意が、『ピープル』の初期の急速な成功に大きく貢献した。毎週雑誌を出すために、創刊時のスタッフは、毎週2~3日はオフィスの床で寝泊まりし、必要のない外部の仕事を厳しく制限した。1974年3月4日に発刊された創刊号では、当時映画『華麗なるギャツビー』に主演していた女優のミア・ファローが表紙を飾った。この号では、グロリア・ヴァンダービルトアレクサンドル・ソルジェニーツィンや、ベトナム戦争で戦闘中に行方不明英語版になったアメリカ兵の妻たちについての記事も掲載されていた[7]。この雑誌は、表紙を除いてモノクロで印刷されていた。当初の表紙価格は35セント(2019年の物価換算で1.81ドル)だった。

創刊時の小さな編集チームには、その13か月前に休刊した『ライフ』誌の編集者、記者、写真家、写真編集者が含まれていた。編集チームには、編集長のストーリーのほか、上級編集者としてハル・ウィンゴ(ESPNアンカーのトレイ・ウィンゴ英語版の父)、サム・アンジェロフ(後の『Us英語版』誌創刊時の編集長)、ロバート・エメット・ジーナ(後の映画プロデューサー)、記者としてジェームズ・ワターズ(演劇評論家)とロナルド・B・スコット英語版(後に大統領候補ミット・ロムニーの伝記作家)、『タイム』誌の元上級編集者リチャード・バーグハイム、写真編集長に『ライフ』誌の写真家だったジョン・ローエンガード英語版、デザイン・アーティストとしてバーナード・ウェーバー英語版などがいた。また、伝説の写真家アルフレッド・アイゼンスタットジョン・ミリなど、多くの著名な『ライフ』誌の写真家が本誌に貢献している[11]

1996年、タイム社はスペイン語版の『ピープル・エン・エスパニョール英語版』(People en Español)を創刊した。当初は英語版の記事の翻訳が大半だったが、次第にスペイン語版独自の記事が多くなっていった。

2002年、有名人のスタイル、ファッションなどに焦点を当てた『ピープル・スタイルウォッチ』(People Stylewatch)を創刊した。2017年春、『ピープル・スタイルウォッチ』は『ピープル・スタイル』(PeopleStyle)に改題された。2017年後半には、『ピープル・スタイル』はオンライン版のみとなった。

オーストラリアでは、すでに『ピープル』という別の雑誌があったため、『フー』(Who)というタイトルでローカライズ版が発行された。2008年にインドのローカライズ版が発行されたが、2013年に休刊となった[12][13]

2016年9月、『ピープル』は『エンターテインメント・ウィークリー』誌と共同でオンライン放送サイト"People/Entertainment Weekly Network"を立ち上げた。2017年9月に"PeopleTV"に改称された[14]

2017年、『ピープル』を発行するタイム社がメレディス・コーポレーションにより買収された[15]。メレディス社は、タイム社が発行していた雑誌のいくつかを他社に売却したが、『ピープル』はメレディス社が発行を続けている。

ティーン・ピープル編集

ティーン・ピープル
Teen People
編集長 Niraj Biswal
Barbara O'Dair
カテゴリ 有名人
刊行頻度 月刊
創刊号 1998年2月
最終号 2006年9月
発行元 タイム社タイム・ワーナー
  アメリカ合衆国
言語 英語
ISSN 1096-2832
テンプレートを表示

1998年よりティーン向けの姉妹誌『Teen People』も発行されていた[16]が、2006年7月27日に休刊が発表された。2006年9月号が最終号となり[17] 、定期購読者には、残りの契約分は『エンターテイメント・ウイークリー』が送られた。休刊の理由としては、広告ページの減少、他のティーン向け雑誌やインターネットとの競合、発行部数の減少などが挙げられていた[18]。翌春には同公式サイトTeenPeople.comもPeople.comに併合された。People.comの編集者マーク・ゴリンは「TeenPeople.comとしてブランド化されたティーンに焦点を当てた記事を掲載する」と説明した[19]

最もセクシーな男編集

『ピープル』誌は毎年、「最もセクシーな男」("Sexiest Man Alive")の企画を実施しており、著名人が一人選ばれる。これは、『タイム』誌のパーソン・オブ・ザ・イヤーと同様の手順により決定される。このタイトルの由来は、メル・ギブソンの記事について議論している際、誰かが「オー・マイ・ゴッド、彼こそがこの世で最もセクシーな男だ(Sexiest Man Alive)だ!」と叫び、他の誰かが「それをカバーラインにしよう」と言ったのが始まりである[20]

最初の10年ほどは、この特集は不定期に行われていた。概ね冬の時期に行われていたが、掲載時期が一定でなかったため、間隔が7か月から1年半とバラバラになっていた。1994年には実施されなかった(その21年後、1994年の間隔を埋めるためにキアヌ・リーブスが選ばれ、ヒュー・グラントジム・キャリーが次点に選ばれた)。1997年以降は、11月中旬から12月上旬の間に実施されている。

同様の企画が他の雑誌でも毎年発表されているが、世界で最も注目を集めているものが『ピープル』誌による「最もセクシーな男」であり、CNNABCFOXロイター通信AP通信などの大手ニュース媒体をはじめとした様々なマスメディアまでもが報道する、いわば日本の「流行語大賞」のような位置づけにある。

2019年現在、歴代の受賞者で亡くなったのはジョン・F・ケネディ・Jr(JFK Jr.)とパトリック・スウェイジの2人である。芸能人以外の受賞者は、JFK Jr.とデヴィッド・ベッカムの2人である。また、JFK Jr.は最年少受賞者(当時27歳)でもある。最年長受賞者はショーン・コネリー(当時59歳)である。

発表のあった雑誌の発行日、受賞者、選考時の受賞者の年齢を以下に挙げる。括弧内は、複数回受賞した場合のそれまでの受賞回数である。

発表年月日 受賞者 年齢 備考
1985-02-04 メル・ギブソン 29
1986-01-27 マーク・ハーモン[21] 34
1987-03-30 ハリー・ハムリン 35
1988-09-12 ジョン・F・ケネディ・Jr 27
1989-12-16 ショーン・コネリー 59 初のスコットランド人受賞者
1990-07-23 トム・クルーズ 28
1991-07-23 パトリック・スウェイジ 39
1992-03-16 ニック・ノルティ 51
1993-10-19 リチャード・ギア (1)
シンディ・クロフォード[22]
44
27
この年は「最もセクシーなカップル」(Sexiest Couple Alive)として選ばれた
1994(発表は2015-11-18) キアヌ・リーブス[23] 30 この年には発表が行われなかったため、21年後の2015年に改めて選定された。年齢は1994年当時。
1995-01-30 ブラッド・ピット (1) 31
1996-07-29 デンゼル・ワシントン 41 初のアフリカ系アメリカ人受賞者で、2012年までで唯一の有色人種受賞者
1997-11-17 ジョージ・クルーニー (1) 36
1998-11-16 ハリソン・フォード 56
1999-11-15 リチャード・ギア (2) 50
2000-11-13 ブラッド・ピット (2) 36
2001-11-26 ピアース・ブロスナン 48 初のアイルランド人受賞者
2002-12-02 ベン・アフレック 30
2003-12-01 ジョニー・デップ (1) 40
2004-11-29 ジュード・ロウ 31 初のイングランド人受賞者
2005-11-28 マシュー・マコノヒー[24] 36
2006-11-27 ジョージ・クルーニー (2)[25] 45
2007-11-26 マット・デイモン[26] 37
2008-11-25 ヒュー・ジャックマン[27] 40 初のオーストラリア人受賞者
2009-11-18 ジョニー・デップ (2)[28] 46
2010-11-17 ライアン・レイノルズ[29] 34 初のカナダ人受賞者
2011-11-16 ブラッドリー・クーパー[30] 36
2012-11-14 チャニング・テイタム[31] 32
2013-11-19 アダム・レヴィーン[32] 34
2014-11-19 クリス・ヘムズワース[33] 31
2015-11-17 デビッド・ベッカム[34] 40
2016-11-15 ドウェイン・ジョンソン[35] 44
2017-11-27 ブレイク・シェルトン[36] 41
2018-11-05 イドリス・エルバ[37] 46
2019-11-13 ジョン・レジェンド[38][39] 40

最もセクシーな女編集

2014年12月、『ピープル』誌は「最もセクシーな女」(Sexiest Woman Alive)を発表した[40]が、翌年以降は実施されていない。

発表年月日 受賞者 年齢 備考
2014-12-25 ケイト・アプトン[40] 22

また、1993年10月19日号では、「最もセクシーな男」ではなく「最もセクシーなカップル」として、リチャード・ギアとともにシンディ・クロフォードが選出された。

今年最も魅力的な人物編集

『ピープル』誌は毎年年末に、過去12か月間にメディアの注目を集めた25組の個人またはカップルを選び、年末の特別号"25 Most Intriguing People of the Year"(今年最も魅力的な人物25組)で紹介している。世界のリーダーや政治活動家、有名な俳優や芸能人、優秀なアスリート、著名な実業家、著名な科学者などを、それぞれ1ページまたは半ページの特集記事で紹介する。ニュースやタブロイドメディアで異例のインパクトを与えた一般人が選出されることもある[注釈 1]

最も美しい人100人編集

『ピープル』誌は、「最も美しい人100人」(100 Most Beautiful People)を毎年発表している。2006年までは「最も美しい人50人」だった。

これまでに最も多く選ばれたのはジュリア・ロバーツの5回で[41]、次いでミシェル・ファイファージェニファー・アニストンケイト・ハドソンが2回選ばれている。

2020年には、ゴールディ・ホーン、その娘のケイト・ハドソン、そしてハドソンの娘ロニーの3人が「最も美しい人」の特集号で初めて多世代で表紙を飾った。また、ホーンと孫娘のロニーは、それぞれ「最も美しい人」に選ばれた最年長・最年少となった[42]

以下に、「最も美しい人100人(50人)」の第1位になった人物を挙げる。括弧内は、複数回受賞した場合のそれまでの受賞回数である。

発表年月日 受賞者 年齢 備考
1990-06-01 ミシェル・ファイファー (1) 32
1991-06-07 ジュリア・ロバーツ (1) 23
1992-05-04 ジョディー・フォスター 29
1993-05-03 シンディ・クロフォード 27
1994-05-08 メグ・ライアン 32
1995-05-08 コートニー・コックス 30
1996-05-08 メル・ギブソン 40
1997-05-12 トム・クルーズ 34
1998-05-12 ヘンリー・ナシフ英語版[43] 36
1999-05-14 ミシェル・ファイファー (2) 41
2000-05-08 ジュリア・ロバーツ (2) 32
2001-05-14 キャサリン・ゼタ=ジョーンズ 31
2002-05-13 ニコール・キッドマン 34
2003-05-12 ハル・ベリー 36
2004-05-30 ジェニファー・アニストン (1) 35
2005-05-08 ジュリア・ロバーツ (3) 37
2006-04-28 アンジェリーナ・ジョリー 30
2007-04-27 ドリュー・バリモア 32
2008-05-02 ケイト・ハドソン (1) 29
2009-05-11 クリスティナ・アップルゲイト 37
2010-04-30 ジュリア・ロバーツ (4) 42
2011-04-15 ジェニファー・ロペス 41
2012-04-27 ビヨンセ・ノウルズ 30
2013-04-26 グウィネス・パルトロー 40
2014-05-05 ルピタ・ニョンゴ 31
2015-04-24 サンドラ・ブロック 50
2016-04-20 ジェニファー・アニストン (2) 47
2017-04-19 ジュリア・ロバーツ (5) 49
2018-04-18 ピンク 38
2019-04-24 ジェニファー・ガーナー 47
2020-05-04 ゴールディ・ホーン 74
ケイト・ハドソン (2) 41
ロニー・ハドソン・フジカワ 1

ピープル・マガジン・アワード編集

2014年12月18日に第1回の表彰が開催された[44]

第1回(2014年)編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

  1. ^ Pompeo, Joe (2014年1月10日). “Time Inc. shake-up”. Capital New York. 2014年3月16日閲覧。
  2. ^ Consumer Magazines”. Alliance for Audited Media. 2018年12月31日閲覧。
  3. ^ Jerde, Sara (2018年6月12日). “Here's What Meredith Is Doing With Some of the Time Inc. Titles It Inherited”. Adweek. https://www.adweek.com/digital/heres-what-meredith-is-doing-with-some-of-the-time-inc-titles-it-inherited/ 2019年1月16日閲覧。 
  4. ^ Johnston-Greene, Chandra (2009年5月18日). “AARP Shows Largest Growth in Readership”. Folio Magazine. http://www.foliomag.com/2009/aarp-shows-largest-readership-growth-people-largest-audience 2012年9月9日閲覧。 
  5. ^ AARP Widens Its Lead as America's Most-Read Magazine” (英語). Folio: (2018年6月21日). 2020年6月27日閲覧。
  6. ^ Flamm, Matthew (2012年1月10日). “Magazines eke out gains in 2011”. Crain's New York Business. http://www.crainsnewyork.com/article/20120110/MEDIA_ENTERTAINMENT/120119987 2012年9月9日閲覧。 
  7. ^ a b c People who need people, a July 2006 article from Variety magazine.
  8. ^ a b c Martha Nelson Named Editor, The People Group, a January 2006 Time Warner press release.
  9. ^ Seelye, Katharine Q. (2007年2月19日). “Old Media Partying with Oscar Online”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2007/02/19/business/media/19oscars.html 2011年7月3日閲覧。 
  10. ^ “The Press: People's Premiere”. Time. (1974年3月14日). http://content.time.com/time/magazine/article/0,9171,944778,00.html 
  11. ^ “People's Magazine”. Cosmopolitan 188: 206. (1980). https://books.google.com/?id=N2tNAQAAIAAJ&q=%22Clare+Crawford-Mason%22+editor+people. 
  12. ^ Outlook to close down international titles - People, Geo and Marie Claire”. Best Media Info (2013年7月26日). 2014年3月16日閲覧。
  13. ^ Nikhil Pahwa (2013年7月29日). “On The State Of The Magazine Industry In India; Outlook Shuts Three Magazines”. MediaNama. 2014年3月16日閲覧。
  14. ^ Spangler, Todd. “‘PeopleTV’ Is New Name of Time Inc.’s Celeb and Entertainment Online Network”. Variety. 2018年4月12日閲覧。
  15. ^ Meredith Is Buying Time Inc. for $1.8 Billion” (英語). Fortune. 2019年3月15日閲覧。
  16. ^ Tweens, Teens, and Magazines”. Kaiser Family Foundation (2013年1月). 2015年8月19日閲覧。
  17. ^ "Teen People magazine closes, but website will still continue". The New York Times. July 26, 2006.
  18. ^ Medialifemagazine.com.”. Medialifemagazine.com (2006年7月26日). 2006年10月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年1月15日閲覧。
  19. ^ TeenPeople.com to Merge Into People.com”. Mediaweek (2007年4月11日). 2011年1月15日閲覧。
  20. ^ Argetsinger, Amy; Roberts, Roxanne (2007年11月19日). “Matt Damon??!!! We Demand to Differ!”. The Washington Post. オリジナルの2015年11月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151120120315/http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/11/19/AR2007111900024.html 2008年1月30日閲覧。 
  21. ^ Post to: (2009年11月3日). “All the Sexiest Man Alive Covers - 1986 - Sexiest Man Alive, Sexiest Man Alive”. People.com. 2010年10月15日閲覧。
  22. ^ In 1993, People named Gere and Crawford the "Sexiest Couple Alive" instead of naming a sexiest man.
    “Sexiest Men Alive: A Hardy Breed with Perennial Appeal, Our Anointed Hunks Look as Good Today as Yesterday”. People. (1997年11月17日). https://people.com/archive/sexiest-men-alive-vol-48-no-20/ 2020年2月29日閲覧。 
  23. ^ PEOPLE Editorial Director Jess Cagle Finally Picks a Sexiest Man Alive for 1994”. People (2015年11月18日). 2020年2月29日閲覧。
  24. ^ An Annotated Deep Dive into the Majesty of Matthew McConaughey's 2005 Sexiest Man Alive Interview”. People (2005年11月11日). 2017年3月23日閲覧。
  25. ^ George Clooney Named PEOPLE's Sexiest Man Alive”. People (2006年11月15日). 2017年3月23日閲覧。
  26. ^ Matt Damon: The Sexiest Man Alive”. People (2007年11月14日). 2017年3月23日閲覧。
  27. ^ Hugh Jackman: The Sexiest Man Alive”. People (2008年11月19日). 2017年3月23日閲覧。
  28. ^ 2009's Sexiest Man Alive: Johnny Depp”. People (2009年11月18日). 2017年3月23日閲覧。
  29. ^ Sexiest Man Alive 2010: Ryan Reynolds”. People (2010年11月17日). 2017年3月23日閲覧。
  30. ^ Bradley Cooper Named Sexiest Man Alive”. Access Hollywood (2011年11月16日). 2011年11月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月5日閲覧。
  31. ^ Jen Chaney (2012年11月14日). “Channing Tatum, as expected, is People's Sexiest Man Alive 2012”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/blogs/celebritology/post/channing-tatum-as-expected-is-peoples-sexiest-man-alive-2012/2012/11/14/5a279eb6-2e0d-11e2-89d4-040c9330702a_blog.html 
  32. ^ Jordan, Julie; Coulton, Antoinette (2013年11月19日). “Adam Levine Is PEOPLE's Sexiest Man Alive”. People. https://people.com/music/adam-levine-is-peoples-sexiest-man-alive/ 2020年2月29日閲覧。 
  33. ^ Jordan, Julie; Coulton, Antoinette (2014年11月19日). “Chris Hemsworth Is PEOPLE's Sexiest Man Alive”. People. https://people.com/celebrity/chris-hemsworth-is-peoples-sexiest-man-alive-2014/ 2020年2月29日閲覧。 
  34. ^ D・ベッカムが2015年度「最もセクシーな男」”. 日刊スポーツ (2015年11月18日). 2015年11月18日閲覧。
  35. ^ Dwayne 'The Rock' Johnson Is This Year's Sexiest Man Alive!”. PEOPLE.com. 2018年12月8日閲覧。
  36. ^ Blake Shelton Is This Year's Sexiest Man Alive: 'I Can't Wait to Shove This Up Adam's A—!'”. PEOPLE.com (2017年11月15日). 2017年11月15日閲覧。
  37. ^ Idris Elba sexiest man alive 2018 reveal”. 2020年10月5日閲覧。
  38. ^ ピープル誌「最もセクシーな男性」に歌手のジョン・レジェンド” (日本語). CNN.co.jp. 2019年11月13日閲覧。
  39. ^ John Legend Is PEOPLE's Sexiest Man Alive 2019: 'I'm Excited but a Little Scared at the Same Time'”. 2020年10月5日閲覧。
  40. ^ a b Kate Upton wins 'Sexiest Woman'”. New York Daily News (2014年12月19日). 2015年2月8日閲覧。
  41. ^ Cable, Jess; Kimble, Lindsay (2017年4月19日). “Julia Roberts Is PEOPLE's 2017 World's Most Beautiful Woman!”. オリジナルの2017年4月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170420034436/http://people.com/movies/julia-roberts-worlds-most-beautiful-woman-2017/ 2017年4月19日閲覧. "The stunning star is, for a record fifth time, the Most Beautiful Woman in the World..." 
  42. ^ Respers France, Lisa (2020年4月22日). “Goldie Hawn, Kate Hudson and baby make history with People cover”. https://amp.cnn.com/cnn/2020/04/22/entertainment/goldie-hawn-kate-hudson-cover-trnd/index.html 2020年4月23日閲覧。 
  43. ^ Harmon, Amy (May 4, 1998). "The On-Line Choice for People's Most Beautiful: Angry Hank." The New York Times. Retrieved July 17, 2020.
  44. ^ “ピープル誌の「最もセクシーな女性」にケイト・アプトン”. 映画.com. (2014年12月24日). http://eiga.com/news/20141224/6/ 2014年12月24日閲覧。 

外部リンク編集