阿蘇村

日本の千葉県印旛郡にあった村

阿蘇村(あそむら)は、かつて千葉県印旛郡に存在した。現在の八千代市東部である。

あそむら
阿蘇村
廃止日 1954年9月1日
廃止理由 編入合併
阿蘇村八千代町
現在の自治体 八千代市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 千葉県
印旛郡
面積 17.30km2
総人口 4,763
(1950年、国勢調査
隣接自治体 印旛郡志津村宗像村船穂村
千葉郡大和田町犢橋村睦村
阿蘇村役場
所在地 千葉県印旛郡阿蘇村米本
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

位置・地勢編集

印旛郡の西部(西端)に位置し、千葉郡に接する。東西約3.5km、南北約7.3km。地勢は、南から北に向かい漸々と傾斜するも概ね平坦である。

水系編集

西方の千葉郡に新川(平戸川)が流れ印旛沼に注ぐ。米本に平澤、村上に黒沢池あり。印旛沼および新川は船運と漁業に水利あって、秋冬には小蝦を網し食用とする。夏秋には沿岸の農民小舟で棹さし藻類を掻取って肥料と為す。

歴史編集

印東荘幕藩体制下では一貫して佐倉藩領。堀田氏。全村で約2400石。廃藩置県後は佐倉県、印旛県、千葉県隷下と順に移行する。明治42年帝国在郷軍人会佐倉支部阿蘇分会発足。大正9年栽培始まる。昭和7年阿蘇村振興会発足。

沿革編集

  • 明治22年(1889年) - 町村制施行に伴い、米本村、下市場村、村上村、神野村、保品村、下高野村、上高野村が合併。印旛郡阿蘇村
  • 昭和29年(1954年)9月1日 - 千葉郡八千代町へ編入。閉村。

戸口編集

地域編集

大字として7区、のち8区。各々に区長を置く。

米本編集

よなもと。

  • 主な小字 - 上宿、下宿、内宿、邊田、逆水、平戸口、砂戸、稲荷前。

下市場区編集

しもいちば。徳川時代は村上村。勝田台南の一部を含む。

  • 主な小字 - 臺町、下町。

村上編集

むらかみ。昭和に入り分区し「村上2区」を置く。勝田台北を含む。

  • 主な小字 - 宮内、宮山、中郷、實喜作、持田臺。

神野編集

かの。

  • 主な小字 - 宮下。

保品編集

ほしな。

  • 主な小字 - 南、郷、須賀。

下高野区編集

しもこうや。

  • 主な小字 - 山の越。

上高野区編集

かみこうや。

  • 主な小字 - 殿臺、上高野原、毘砂。

産業編集

農業490戸、商業53戸、工業47戸(明治42年)。穀類豆類蔬菜類および果物を生産する。大なる商店なく全て兼業。工業は醤油およびである。蚕業は年々隆盛し昭和初期まで続く。畑50あって生産高は明治末に300達す。漁業は、村内の印旛沼からなどあるが専業なし。

  • 阿蘇村農会 - 明治38年創立、農業改良を目的とす。米本区。農協
  • 責任保証阿蘇村信用販売購買利用組合 - 昭和10年創立。米本区。生協

官公署編集

村役場編集

米本区。初め、民家を徴し戸長役場にて戸長筆生が事務を執るも、町村制発布されこれを廃し、村長1助役1収入役1および書記2を置く。初代村長・山崎右源太。八千代町編入後は阿蘇支所として平成期まで存続した。

警察編集

佐倉警察署千代田分署阿蘇駐在所(米本区)にて警察権を執行する。巡査1。

衛生編集

公衆衛生に資するため隔離病舎を設ける(米本区字平澤)。委託診療所にて五十日出張診療あり。

村会編集

村会定数は12。

郵便編集

大和田郵便局管轄。のち阿蘇郵便局設置される(米本区)。昭和11年には村内8区に郵便切手売捌所8、郵便函数8。

教育編集

青年団

阿蘇村青年団および阿蘇村女子青年団を置いて、青年層を組織化した。

夜学

古蹟・名所編集

  • 米本塁 - 米本城址。
  • 村上綱清の墓 - 村上区の長福寺にある。
  • 阿蘇沼 - 村上区にあった沼沢地。 村名の由来でもある。
  • 黒澤池 - 村上区字黒澤。現在の黒沢池近隣公園
  • 起木の弁天 - 村上区字堂ノ後。おきのべんてんさま。現在の辺田前厳島神社

寺社編集

社格分類のうち村社8、無格社33。郷社以上なし。以下は村社である。

  • 米本神社(米本区字内宿北)、七百餘所神社(村上区字宮内)、八坂神社(下市場区字南側)、駒形神社(上高野区字殿臺)、白籏神社(上高野区字白幡)、菅原神社(下高野区字天神)、香取大神(保品区字郷)、熊野神社(神野区字宮下)。

運輸交通編集

関連項目編集