須崎勝彌

須崎 勝彌 (すさき かつや、1922年1月1日 - 2015年1月9日)は、日本映画脚本家朝鮮京城府生まれ。鹿児島県出身。別名義に須崎 勝弥

目次

経歴編集

父が三菱鉱業に勤め京城支社にいる頃に生まれる。1941年、両親が相次いで亡くなったため郷里の鹿児島県串木野に帰る。1944年東北大学法学部を卒業。なお、在学中に学徒出陣で出水海軍航空隊に少尉で任官。沖縄戦線に出撃するなどをして茨城県百里海軍航空隊で終戦を迎えた。1947年新東宝企画部へ入社し、のちに演出部に移る。1952年の大映映画『明日は日曜日』(監督佐伯幸三、主演若尾文子)が脚本家デビュー作であった。1953年大映東京撮影所と脚本契約。1955年東宝撮影所と契約。1969年にフリーとなる。日本シナリオ作家協会のシナリオ功労賞(第16回)を受賞[1]

2015年1月9日、慢性腎不全のため死去[2]。93歳没。

代表作編集

映画編集

テレビドラマ編集

編集

  • 「カミカゼの真実」(光人社)
  • 「真珠湾再考 二階級特進の周辺」(光人社)
  • 「蒼天の悲曲 学徒出陣」(光人社)
  • 「大地を駈ける青春」(ルック社)

出典・参考文献編集

外部リンク編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ シナリオ功労賞の受賞者一覧 日本シナリオ作家協会
  2. ^ 脚本家の須崎勝弥氏死去 時事通信 2015年1月16日閲覧