メインメニューを開く

香港国際競走(ホンコンこくさいきょうそう・香港國際賽事・HONG KONG International Races)とは毎年12月第2週頃に行われる香港ジョッキークラブ主催の競馬イベントシリーズのメインイベントで、イベント週の日曜日に香港にある沙田競馬場を開催場で施行される4つの国際招待競走の総称である。通称:HKIR。創設はイギリス領だった1994年から。

香港競馬年度シーズン前半最大のイベントである。

2011年まではキャセイパシフィック航空がメインスポンサーとなり、正式名称も「國泰航空香港國際賽事」として開催されている。2012年からはメインスポンサーがロンジンに変更され、現地の正式名称も「浪琴表香港國際賽事」となる。前哨戦のレーススポンサーもロンジン(ジョッキークラブカップ)及び中國銀行(ジョッキークラブマイル、ジョッキークラブスプリント)に変更となった。

メイン競走として行われる香港カップ競走はかつて「ワールドレーシング・チャンピオンシップ」(2005年を最後に中止)の最終戦として行われ、レース後には表彰式も同競馬場で執り行われていた。2006年の開催からは香港スプリント競走が短距離路線(1200m以下の競走対象)における世界選手権「グローバル・スプリント・チャレンジ」の最終戦に指定された。

目次

当日行われる重賞編集

競走名 中国語(繁体字)表記 出走条件 施行コース 総賞金額
香港ヴァーズ 香港瓶 G1 3歳以上 芝2400m 2000万香港ドル
香港スプリント 香港短途錦標 G1 3歳以上 芝1200m 2000万香港ドル
香港マイル 香港一哩錦標 G1 3歳以上 芝1600m 2500万香港ドル
香港カップ 香港盃 G1 3歳以上 芝2000m 2800万香港ドル

2005年までの香港スプリントは直線1000mで行われたが、2006年の開催からは香港スプリントを1000mから1200mに距離を変更した。また、併せて香港ヴァーズ以外のレースの賞金をそれぞれ200万香港ドルずつ上乗せ、2011年は香港マイルの賞金がさらに400万香港ドル上乗せ、2012年は香港ヴァーズと香港スプリントの賞金が100万香港ドル、香港カップが200万香港ドル上乗せされた。

各競走とも最大出走頭数(フルゲート)は14頭だが「出走馬が14頭未満であっても追加選出を行いフルゲートで施行するとは限らない」旨が競走要綱に明記されている(注釈参照)。

日本調教馬の出走編集

香港は日本から比較的距離が近く輸送の点で都合が良く、さらには招待されれば選出馬の輸送費と選出馬関係者の渡航費は全額負担される[1]ことから香港ヴァーズ以外のレースについては至近に重複するGI競走が日本にないため[2]このレースを目標として、また香港ヴァーズに関しては施行距離が重なる有馬記念に出走できない馬がG1制覇を狙ってこれまで多くの日本調教馬が出走している。

2001年の開催では香港マイルエイシンプレストンが、香港ヴァーズステイゴールドが、香港カップアグネスデジタルが制覇し日本調教馬による同一開催日G1競走3勝を成し遂げている。香港スプリントは永らく優勝出来なかったが、2012年にロードカナロアが制覇。これにより香港国際競走全てで日本調教馬が勝利を挙げたことになった。

世界的な競馬イベント同日複数重賞競走編集

注釈編集

  1. ^ 出馬登録料(4競走とも総賞金の1%)と騎手登録料(2,000香港ドル)は支払う必要がある
  2. ^ ただし近年はマイル路線とスプリント路線の競走として阪神カップが2006年に創設されている

及び、ジャパン・スタッドブック・インターナショナルサイト内2012 香港国際競走要綱(詳細版)を参考にした。

関連項目編集

外部リンク編集