メインメニューを開く

馬淵 テフ子(まぶち ちょうこ、1911年明治44年)6月5日 - 1985年昭和60年)2月23日)は、日本女性パイロット青森県弘前市出身。西崎キクと日本女性飛行士として初の海外渡航を実現し、西崎と並んで日本女性パイロットの草分けとされる人物。NHK連続テレビ小説雲のじゅうたん』のモデルのひとりといわれている。

馬淵 テフ子
生誕 (1911-06-05) 1911年6月5日
死没 1985年2月23日(1985-02-23)(73歳)
墓地 都立多磨霊園
国籍 日本
教育 精華高等女学校
飛行経歴
著名な実績 日本最初の日本海を横断した女性水上飛行士
著名な飛行 満州国建国親善飛行(1934年10月)
免許 1934年3月(二等飛行操縦士)
テンプレートを表示

人物編集

1911年(明治44年)6月5日、青森県弘前市にて、父・馬淵常義(東京出身の職業軍人)と母・ナヨ(秋田県鹿角市八幡平出身の小豆沢安倍家の孫、実家は神社)の長女として、父の任地で生まれる。父の仕事の影響で、小学校から精華高等女学校(現・精華高等学校)まで各地を転々として過ごした。身長168cm、体重62kgと当時の女性としては大柄の体格であり、1931年(昭和6年)に日本女子体育専門学校(現・日本女子体育大学)に進むと[1]、卒業後は横浜のフェリス和英女学校(現・フェリス女学院中学校・高等学校)の体育教師として勤務する。その傍ら、円盤投げの選手として活躍していた。

オリンピックの代表選考会に漏れ、失意のうちにいた所、専門学校時代の同級生・長山きよ子()に誘われる形で、パイロットを志すようになった[2]。西崎(当時の姓は松本)とともに満州国建国親善飛行を敢行した[2][3]日中戦争の開始や、1937年昭和12年)に女性が飛行機に乗ることが禁止された事により、短いパイロット人生に終止符を打った。

戦後は、飛行機事故で半身不随となった長山の生活を支えながら、本職の体育教師を定年まで勤めた。

経歴編集

  • 1932年(昭和7年) - ロサンゼルスオリンピックの最終選考まで残るも、惜しくも代表から落選。
  • 1933年(昭和8年) - 5月、日本女子体育専門学校時代の同級生である長山きよ子からパイロットへの道に誘われ、亜細亜航空学校()に入学。
  • 1934年(昭和9年) - 3月、女性18人目[2](13人目という説もある)の二等飛行操縦士の資格を取得。
4月、伊豆玄岳へ初の単独飛行[4]
7月、松本キク(結婚して西崎姓)他、4人の女性二等飛行士とともに日本女子飛行士クラブを結成。
8月14日サルムソン2A2型陸上機で航空学校進学の援助をしてくれた祖母の故郷・秋田県鹿角市への郷土訪問飛行を果たす。
10月26日、サルムソン2A2型陸上機「黄蝶号」を操縦して満州国建国親善飛行を敢行。
11月5日新京に到着。途中故障不時着などを経験しつつも、日本海を横断し、松本キクと共に日本女性飛行士として初の海外渡航を実現[5]
  • 1937年(昭和12年) - 日中戦争開始により、計画していたドイツへの飛行を断念。またこの年に、女性が飛行機に乗ることを禁止されたため、パイロット人生に終止符を打つ。
  • その後、体育教師として様々な学校(掛川高等女学校〔現・静岡県立掛川東高等学校〕など)で定年まで働いた。また、飛行機事故で半身不随となった長山の生活を支えた。
  • 1944年(昭和19年) - 戦争の激化により、静岡県疎開。戦後も静岡県で暮らした。
  • 1985年(昭和60年) - 2月23日、静岡県伊東市にて死去。73歳没。墓は多磨霊園にある。

脚注編集

  1. ^ 村山茂代「飛行士をめざした卒業生--馬渕てふ子と長山きよ子」『日本女子体育大学紀要』第37巻、日本女子体育大学、2007年、 45-51頁。
  2. ^ a b c 松村由利子. “女もすなる飛行機—第8回 後続の女性パイロットたち”. NTT出版Webマガジン. NTT出版. 2011年9月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月3日閲覧。
  3. ^ 馬淵テフ子「満州を語る」『旅 (Travel)』第12巻第5号、新潮社、1935年、 100–108。
  4. ^ この飛行には、先輩と慕っていた朴敬元朝鮮初の女性パイロット。1933年8月7日に玄岳で墜落死)追悼の意味合いもあった。
  5. ^ 馬淵テフ子「訪滿飛行を終へて」『婦女界』第51巻第1号、婦女界社、1935年。

関連書籍編集

  • 黑百合子「聞かずやプロペラーの歌(馬淵テフ子、孃物語)」『少女の友 27(7)』第27巻第7号、實業之日本社、1934年、 74頁。
  • 木內キヤウ「知名職業婦人の健康法—馬淵テフ子」『婦女界』第51巻第2号、婦女界社、1935年、 302–303。
  • 馬淵てふ「飛行機と共にゐる喜び」『婦女界』第51巻第3号、婦女界社、1935年、 200–201。
  • 馬淵てふ子「満州を語る」『旅 (Travel)』第12巻第5号、新潮社、1935年、 100-108頁、 ISSN 04921054
  • 馬淵テフ子、松本きく子「訪滿飛行を終へて」『婦女界』第51巻第1号、婦女界社、1935年。
  • 平木国夫『飛行家をめざした女性たち』新人物往来社、1992年。ISBN 4404019661NCID BN08649629
  • 江刺昭子『時代を拓いた女たち―かながわの131人』神奈川新聞社、2005年。ISBN 978-4-876-45358-0
  • 村山茂代「飛行士をめざした卒業生—馬渕てふ子と長山きよ子」『日本女子体育大学紀要』第37巻、日本女子体育大学、2007年、 45-51頁。

外部リンク編集