メインメニューを開く
日本 > 福島県 > 相馬郡 > 新地町 > 駒ヶ嶺 (新地町)

駒ヶ嶺(こまがみね)とは、福島県相馬郡新地町大字で、戦国時代から江戸時代にかけて、伊達領と相馬領の境界だった地点である。

駒ヶ嶺
常磐線駒ヶ嶺駅
常磐線駒ヶ嶺駅
駒ヶ嶺の位置(福島県内)
駒ヶ嶺
駒ヶ嶺
駒ヶ嶺の位置
北緯37度50分49.58秒 東経140度55分7.21秒 / 北緯37.8471056度 東経140.9186694度 / 37.8471056; 140.9186694
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Fukushima Prefecture.svg 福島県
相馬郡
市町村 Flag of Shinchi Fukushima chapter.JPG 新地町
人口
2015年(平成27年)10月1日現在)[1]
 • 合計 2,666人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
979-2611
市外局番 0244[2]
ナンバープレート 福島

郵便番号は979-2611。本項では同地域にかつて存在した宇多郡・相馬郡駒ヶ嶺村(こまがみねむら)についても記す。

地理編集

新地町南端、立田川流域にあたる。同町東端から西端に至る東西に長い地域であるが、わずかに太平洋には接していない。東で今泉大戸浜、北で小川杉目、西で宮城県伊具郡丸森町大内に接する。南北を常磐線国道6号福島県道・宮城県道38号相馬亘理線が縦断、東西を国道113号が横断する。東部に常磐線駒ヶ嶺駅が所在する。

河川編集

  • 地蔵川
  • 立田川

湖沼編集

  • 原溜池
  • 鴻の巣ダム

編集

  • 大沢峠

世帯数と人口編集

2015年(平成27年)10月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

大字 世帯数 人口
駒ヶ嶺 891世帯 2,666人

歴史編集

駒ヶ嶺村
廃止日 1954年8月20日
廃止理由 新設合併
新地村、福田村駒ヶ嶺村新地町
現在の自治体 新地町
廃止時点のデータ
  日本
地方 東北地方
都道府県 福島県
相馬郡
総人口 3,596
国勢調査1950年
隣接自治体 福島県
相馬郡中村町、新地村、大野村
宮城県
伊具郡大内村
駒ヶ嶺村役場
所在地 福島県相馬郡駒ヶ嶺村
 表示 ウィキプロジェクト

旧駒ヶ嶺村域は現在は福島県に所属しているが、江戸時代には新地などと共に仙台藩領であり、村内には浜通り方面における仙台藩領最南端の城砦・駒ヶ嶺城が置かれていた。そのため戊辰戦争終結までは北隣の宮城県亘理郡と一体に扱われていた。

沿革編集

交通編集

施設編集

参考文献編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 平成27年国勢調査の調査結果(e-Stat)” (日本語). 総務省統計局 (2017年5月30日). 2017年6月17日閲覧。
  2. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集