メインメニューを開く

高山 智司(たかやま さとし、1970年4月20日 - )は、日本政治家。元衆議院議員(3期)。

高山 智司
たかやま さとし
生年月日 (1970-04-20) 1970年4月20日(49歳)
出生地 東京都文京区
出身校 明治大学
前職 衆議院議員
所属政党自由党→)
民主党小沢G川端G)→)
民進党旧細野G)→)
希望の党
称号 学士(法学)
親族 高山泰三(弟・文京区議会議員)
公式サイト 高山さとし公式ウェブサイト

選挙区埼玉15区→)
比例北関東ブロック→)
埼玉15区
当選回数 3回
在任期間 2003年11月9日 - 2012年11月16日
テンプレートを表示

来歴編集

東京都文京区出身。東京学芸大学附属竹早小学校・中学校海城高等学校明治大学法学部卒業後、サラリーマン、司法試験浪人を経て国会議員政策担当秘書試験に合格、1999年より渡辺秀央参議院議員の政策担当秘書を、2001年からは森裕子参議院議員の政策担当秘書を務めた。

衆議院議員編集

2003年第43回衆議院議員総選挙神風英男との民主党内での公認争いを制して、新設された埼玉15区から出馬。自由民主党元職の松永光を破り初当選。

2005年第44回衆議院議員総選挙では自民党の新人田中良生に敗れたが、比例北関東ブロックで復活し再選。

2009年第45回衆議院議員総選挙で前回敗れた田中の比例復活を許さず3選。

2011年9月の野田内閣発足に伴い、環境大臣政務官(原子力事故収束・再発防止担当)に就任し、福島県放射能汚染の除去を担当。

2012年第46回衆議院議員総選挙では前回下した田中に敗れ、比例復活ならず落選。2014年第47回衆議院議員総選挙でも田中に敗れ、比例復活ならず落選。

2017年第48回衆議院議員総選挙に、埼玉15区から希望の党公認で出馬した[1][2]が、落選[3]

年譜編集

政策編集

活動編集

これまでの役職等編集

人物編集

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集