メインメニューを開く

鳳凰山

日本の山梨県の南アルプス北東部にある3つの山の総称
鳳凰三山から転送)

鳳凰山(ほうおうざん)は山梨県の南アルプス北東部にある3つの山の総称である。後述の通り、鳳凰山とはどの山を指すのか歴史的には諸説あったため、地蔵岳・観音岳・薬師岳の3山の総称として特に鳳凰三山とも呼ばれる。南アルプス国立公園内にあり、日本百名山[2]新日本百名山[3]新・花の百名山[4]および山梨百名山[5]に選定されている。

鳳凰山
Mt.Ho-osan from Okambazawa 04.jpg
大樺沢上部から望む鳳凰山
標高 2,841[1] m
所在地 日本の旗 日本
山梨県南アルプス市韮崎市北杜市
位置 北緯35度42分06秒
東経138度18分17秒
座標: 北緯35度42分06秒 東経138度18分17秒[1]
山系 赤石山脈
種類 隆起褶曲花崗岩
鳳凰山の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

目次

概要編集

鳳凰三山を構成する山は、地蔵岳、観音岳、薬師岳である。地蔵岳の西に赤抜沢ノ頭、薬師岳の南に砂払岳の小ピークがある。地蔵岳と赤抜沢ノ頭との鞍部は「賽ノ河原」と呼ばれ多くの小仏石が安置されている[6]

山容 山名 標高
m
三角点
等級
備考
  地蔵岳
じぞうだけ
2,764 オベリスクがある。
  観音岳
かんのんだけ
2,841 (停止)[7] 鳳凰山の最高点
  薬師岳
やくしだけ
2,780

鳳凰山は南アルプスの主脈からは離れており、山がある支脈は甲斐駒ヶ岳から始まり、アサヨ峰高嶺、鳳凰山へと続いている。鳳凰山の山頂部は3山とも森林限界上のため眺めがよく、天気が良ければ、北岳仙丈ヶ岳甲斐駒ヶ岳八ヶ岳富士山などが眺められる。鳳凰山の東に視界を遮る山はなく甲府盆地が広がっているため、非常に開放感の高い山である。茶色っぽい山が多い南アルプスの中で、甲斐駒ヶ岳とともに例外的に花崗岩の白い山肌となっている。

山名の由来編集

江戸時代の甲斐国に関する地誌類において、鳳凰山に言及されたものには宝永3年(1706年)の荻生徂徠(おぎゅう そらい)『峡中紀行』、宝暦2年(1752年)の野田成方『裏見寒話』、天明3年(1783年)の萩原元克甲斐名勝志』、文化11年(1814年)の『甲斐国志』などがある。これらの地誌類では「鳳凰山」の指す山域は時代により認識が異なっており、地蔵岳のみを指す一山説、観音岳、薬師岳の二峰を指す二山説、三山すべてを指す三山説があり、山名論争が展開されてきた。

鳳凰山の山麓地域では昔は一山説が一般的であったが、後に山岳信仰の広まりに伴い三山説が浸透する。『裏見寒話』の著者である甲府勤番士の野田成方は二峰を区別しがたい甲府に居住しており、近世期の各種甲斐国絵図類では二山説・三山説をとっている。しかしながら、いずれにしても現在となっては鳳凰山とは鳳凰三山と同義である。

地蔵岳の山頂部はオベリスク地蔵仏)と呼ばれる巨大な尖塔があり、鳥のくちばしに見立てられることから鳳凰の山名由来になっていると考えられている。オベリスクはこの山域の象徴的存在で甲府盆地からも注意して観察するとその姿を見ることができる。地蔵岳山頂の2個の巨石が相抱くように付き上がっていることから、故人がこれを大日如来に擬して崇拝し法王山の名が付いたことが山名の由来であるとする説もある[2]

757年天平宝字元年)に、女帝孝謙天皇(奈良法王)が転地療養のために奈良田に来て法王山に登り、その山名が転化して鳳凰山になったとする説もある[6]

歴史編集

登山編集

登山道編集

  • ドンドコ沢ルート
青木鉱泉からドンドコ沢沿いのルートである。後述の夜叉神ルートよりは短時間で登れるため人気が高い。五色の滝、白糸の滝、鳳凰の滝、南精進の滝などの名瀑がある。
  • 中道ルート
薬師岳から青木鉱泉へのルートである。薬師岳から比較的短時間で下山ができるため、ドンドコ沢ルートで登ってこのルートで下る周回ルートは大変人気がある。登りよりも下山利用が多いようだ。
  • 御座石鉱泉からのルート
御座石鉱泉からの燕頭山と鳳凰小屋を経て地蔵岳に至る尾根道がある。
  • 夜叉神(やしゃじん)ルート
1960年代に南アルプス林道が開通してからは、夜叉神トンネルの東口(夜叉神駐車場)から夜叉神峠(やしゃじんとうげ)、杖立峠、南御室小屋、薬師岳小屋を経由する尾根沿いの登山道がよく利用されている。傾斜は緩く、よく整備されているので登りも下りも歩きやすい安全な道だが、標準コースタイムで登山口から薬師岳まで7時間もかかる。
  • 広河原からのルート
広河原から白鳳峠経由で地蔵岳へのルートである。かなりの急登であるためか、下山に利用されるほうが多いようだ。夜叉神駐車場に車を置き、夜叉神ルートで登って広河原に降り、バスや乗合タクシーで夜叉神駐車場に戻る周回ルートは、1泊2日の長丁場となるが、鳳凰山の醍醐味を味わえる。
  • 甘利山からのルート
甘利山から千頭星山と大ナジカ峠を経るルート。苺平で夜叉神峠からのルートに合流する。利用者はかなり少ないが、荒廃しないように定期的に整備されている。

周辺の山小屋編集

鳳凰山周辺には、いくつかの山小屋がある。一部の冬期避難小屋を除き営業期間外は閉鎖される。南アルプス国立公園内のため、キャンプ指定地以外での幕営は禁止されている。青木鉱泉と御座石鉱泉の各登山口には宿泊施設がある。

名称 所在地 標高
(m)
収容
人数
キャンプ
指定地
備考
早川尾根小屋 早川尾根ノ頭の南 2,420 30人 テント15張 水場あり
広河原山荘 野呂川と大樺沢との出合の野呂川右岸 1,530 80人 テント100張 給水施設あり
鳳凰小屋 ドンドコ沢と燕頭山登山道との分岐 2,382 110人 テント25張 水場あり[13]
薬師岳小屋 薬師岳と砂払岳との鞍部 2,720 60人 [14]
南御室小屋 砂払岳と辻山との鞍部 2,440 70人 テント50張 いつでも自由に利用できる水場(湧水)あり水量豊富。
夜叉神峠小屋 夜叉神峠頂上 1,790 15人 テント15張

登山道で見られる高山植物編集

 
タカネビランジ(高山植物

鳳凰山の登山道では以下の多くの高山植物が見られる[15][16] 。山頂部は森林限界のハイマツ帯である。キキョウ科のホウオウシジャンとナデシコ科のタカネビランジは、環境省および山梨県のレッドリスト絶滅危惧IB類(Endangered, EN)に指定されている[17][18]

地理編集

周辺の主な山編集

赤石山脈の主稜線の駒津峰から南東に延びる枝尾根上にあり、南の夜叉神峠へその尾根が延びる。

山容 山名 標高[1][19]
m
三角点
等級[19]
観音岳からの
方角と距離(km)
備考
  仙丈ヶ岳 3,032.56 二等  西 11.1 日本百名山
  甲斐駒ヶ岳 2,967 一等
(2,965.58m)
 北西 8.7 日本百名山
  アサヨ峰 2,799.08 三等  北西 6.6 日本三百名山
  高嶺 2,778.78 三等  北西 1.8
  鳳凰山 2,841 (停止)[7]   0 観音岳
日本百名山
  北岳 3,193 三等
(3,192.18)
 西南西 6.7 日本百名山
  間ノ岳
3,189.13
三等  南西 9.0 日本百名山
  富士山 3,775.63 二等  南東 56.4 日本百名山

周辺の峠編集

  • 広河原峠(2,344m)
  • 白鳳峠(2,450m)
  • 大ナジカ峠(おおなじかとうげ、1,890m)
  • 杖立峠(約2170m)
  • 夜叉神峠(1,760m)

源流の河川編集

源流の河川富士川水系で、太平洋へ流れる。

大武川支流の石空川には北精進ケ滝がある。

鳳凰山の風景編集

鳳凰山からの展望 鳳凰山の最高点である観音岳山頂の岩場は見晴らしがよい[20]

     
南アルプス南部と白峰三山 仙丈ヶ岳甲斐駒ヶ岳 富士山と薬師岳

鳳凰山の山容 地蔵岳の山頂(オベリスク)は鋭く尖った特長ある山容である。

         
北岳より望む 地蔵岳 仙丈ヶ岳より望む 観音岳より薬師岳方面 甲斐駒ヶ岳から望む

関連文献編集

  • 中西俊明『北岳を歩く』山と溪谷社〈山小屋の主人がガイドする〉、1993年7月。ISBN 4-635-17066-7
  • 『アルペンガイド10 南アルプス』山と溪谷社〈ヤマケイ・アルペンガイド〉、2010年6月。ISBN 9784635013581
  • 『改訂版 山梨県の山』山と溪谷社〈新・分県登山ガイド・改訂版〉、2010年1月、pp.98-101。ISBN 9784635023641
  • 『アタック山梨百名山 新版』山梨日日新聞社、2010年5月。ISBN 9784897108544
  • 『北岳・甲斐駒』昭文社〈山と高原地図2011年版〉、2011年3月。ISBN 9784398757814

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 日本の主な山岳標高(山梨県の山)”. 国土地理院. 2011年3月23日閲覧。
  2. ^ a b c d 深田久弥『日本百名山』朝日新聞社、1982年7月、pp.293-296。ISBN 4-02-260871-4
  3. ^ 岩崎元郎『新日本百名山登山ガイド〈下〉』山と溪谷社、2006年3月、pp.80-83。ISBN 4635530477
  4. ^ a b 田中澄江『新・花の百名山』文春文庫、1995年6月、pp.193-196。ISBN 4-16-731304-9
  5. ^ 『山梨百名山』山梨日日新聞社、2004年3月。ISBN 4897108500
  6. ^ a b 『日本の山1000』山と溪谷社、1992年8月、p449。ISBN 4635090256
  7. ^ a b 二等三角点が設定されていたが、成果異常の停止状態となっている。2012年現在も三角点自体は存在する。
  8. ^ 『日本200百名山』深田クラブ、昭文社、1992年4月、p114。ISBN 4398220011
  9. ^ a b 『新日本山岳誌』日本山岳会ナカニシヤ出版、2005年11月、p1001。ISBN 4-779-50000-1
  10. ^ ウォルター・ウェストン『日本アルプス再訪』水野勉訳、平凡社ライブラリー、1992年8月、第七章 処女峰、鳳凰山の登頂。ISBN 4582761615
  11. ^ 『目で見る日本登山史』山と溪谷社、2005年10月、p11(別冊・登山史年表)。ISBN 4635178145
  12. ^ 南アルプスの国立公園紹介”. 環境省自然環境局. 2011年3月23日閲覧。
  13. ^ 鳳凰小屋”. 鳳凰小屋. 2011年3月23日閲覧。
  14. ^ 鳳凰三山 薬師岳小屋・南御室小屋”. 薬師岳小屋・南御室小屋. 2011年3月23日閲覧。
  15. ^ 中西俊明『北岳』山と溪谷社〈花の山旅〉、2000年6月、pp.96-97。ISBN 4-635-01409-6
  16. ^ 『花の百名山地図帳』山と溪谷社、2007年5月、pp.181-183。ISBN 9784635922463
  17. ^ 日本のレッドデータ検索システム(ホウオウシジャン)”. エンビジョン環境保全事務局. 2011年3月23日閲覧。
  18. ^ 山梨県 Red Data Book (平成17年6月公開)”. 山梨県. 2011年3月23日閲覧。
  19. ^ a b 基準点成果等閲覧サービス”. 国土地理院. 2011年3月23日閲覧。
  20. ^ 鳳凰三山(南アルプスの山紹介)”. 南アルプス市. 2011年3月23日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集