メインメニューを開く

鷺沼駅

日本の神奈川県川崎市宮前区にある東京急行電鉄の駅

鷺沼駅(さぎぬまえき)は、神奈川県川崎市宮前区鷺沼三丁目にある、東京急行電鉄田園都市線である。駅番号DT14

鷺沼駅
Saginuma-Sta-Center1.JPG
正面口(2011年11月)
さぎぬま
Saginuma
DT13 宮前平 (1.0km)
(1.4km) たまプラーザ DT15
所在地 川崎市宮前区鷺沼三丁目1番地1号
駅番号 DT14
所属事業者 東京急行電鉄(東急)
所属路線 田園都市線
キロ程 15.7km(渋谷起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面4線
乗降人員
-統計年度-
63,543人/日
-2018年-
開業年月日 1966年昭和41年)4月1日[1]
テンプレートを表示

駅長所在駅。鷺沼管内として宮崎台 - たまプラーザ間を管理している。

歴史

駅構造

島式ホーム2面4線を有する地上駅である。ホーム部分は丘陵を切り崩して作られたため、掘割構造となっている。

両側の1・4番線は待避線となっており、平日朝ラッシュ時の上り以外は主に緩急接続時に各駅停車が入線する。その際急行は2・3番線に入線し、当駅で緩急接続をしない各停は主に2・3番線に入線する。平日朝ラッシュの上りでは、準急と各駅停車が交互発着を行う。

南隣に東京地下鉄(東京メトロ)鷺沼検車区、北隣に東京急行電鉄長津田検車区鷺沼車庫が隣接するため、一部列車は当駅を始発・終着駅としている。

溝の口駅から当駅までの複々線化計画がある[2]

のりば

番線 路線 方向 行先
1・2   田園都市線 下り 長津田中央林間方面
3・4 上り 渋谷  半蔵門線 押上<スカイツリー前>  東武線 春日部方面

駅舎

駅舎は掘割を上がった地上部分にあり、約2階分の高低差がある。改札口は正面口と北口があり、このうち北口は2011年3月29日に設置された[3]

駅舎とホームを連絡する通路は2か所で、宮前平方の通路は階段に加えて跨線橋から上半分のみ上りエスカレーターが設置されている。たまプラーザ側の通路には階段はなく、上下エスカレーターとエレベーターのみ設置されている。また、北口はたまプラーザ方の通路にのみ接続している。

以前は宮前平方の通路のみであり、また跨線橋からホームへは両側に階段が設置されていたが、当駅のバリアフリー対応に際して、たまプラーザ側の新通路が設置された。

トイレは宮前平方通路上と、多機能トイレが正面口改札前に設置されている。

鷺沼車庫・鷺沼検車区

当駅の宮前平駅方(東側)に田園都市線の両側に車庫が広がる。車庫は勾配の途中に立地するため、当駅に近い側が地上、宮前平駅方は高架となっている。当駅から田園都市線は宮前平駅まで両側を車庫の高架に挟まれた急な勾配を下っていく。

  • 上り線側の車庫は東急所有の長津田検車区鷺沼車庫。主に大井町線用車両の留置に使用している。
  • 下り線側の車庫は東京メトロ所有の鷺沼検車区。

車庫を併設するため、朝間は上下ともに始発列車が数本設定されており、早朝の上りには、渋谷方面だけでなく大井町線への直通始発列車も存在する。東京メトロの車両には、平日朝ラッシュ時後には入庫のために渋谷方面からの当駅終着の列車が設定されている。

夕方から深夜にかけては、大井町線からの下り当駅止まりの列車が設定されている。田園都市線渋谷方面の始発列車は主に3番線を使用し、終着列車は1番線を使用する。大井町線直通の始発列車は主に4番線から発車し、終着列車は2番線に到着する。朝は当駅始発の各駅停車が数本設定されている。

かつては、当駅始発の急行(「鷺沼急行」とも呼ばれた)が朝の最混雑時に3本設定されていたが、当駅までの区間で混雑がすでに激しく輸送力の増強が望まれたため、長津田始発に変更された。

以前は東京メトロ鷺沼検車区から3番線へ直接出庫することが不可能であり、上り始発列車が駅に入線する際にはスイッチバックが必要であった。ダイヤ上の制約になっていたため、3番線に直接出庫するための分岐器が後になって設けられた。大井町線からの当駅終着電車は下り2番線に到着し、車庫へは上り本線を跨ぐようにして入庫する。

東京メトロの車庫を有するため、車両交換を行うことがある。

  • 下り列車の場合は出庫電車を1番線、入庫電車は2番線に停車させる。
  • 上り列車の場合は出庫電車を4番線、入庫電車は3番線に停車させる。

車庫から直接4番線に出庫させることはできないため、車庫から一度1番線に入線し、宮前平側本線を経由してスイッチバックを行い、4番線に入線する。

利用状況

2018年(平成30年)度の1日平均乗降人員63,543人である[4]

近年の1日平均乗車人員推移は下記の通り。

年度別1日平均乗降・乗車人員[5]
年度 1日平均
乗降人員[6]
1日平均
乗車人員[7]
出典
1998年(平成10年) 32,360 [8]
1999年(平成11年) 31,556 [* 1]
2000年(平成12年) 31,282 [* 1]
2001年(平成13年) 30,816 [* 2]
2002年(平成14年) 30,277 [* 3]
2003年(平成15年) 60,306 30,097 [* 4]
2004年(平成16年) 61,085 30,223 [* 5]
2005年(平成17年) 60,883 30,101 [* 6]
2006年(平成18年) 61,846 30,555 [* 7]
2007年(平成19年) 62,760 31,273 [* 8]
2008年(平成20年) 60,503 29,941 [* 9]
2009年(平成21年) 60,225 29,740 [* 10]
2010年(平成22年) 59,391 29,315 [* 11]
2011年(平成23年) 58,785 28,973 [* 12]
2012年(平成24年) 59,684 29,384 [* 13]
2013年(平成25年) 60,989 30,033 [* 14]
2014年(平成26年) 60,687 29,850 [* 15]
2015年(平成27年) 62,201 30,602 [* 16]
2016年(平成28年) 63,163 31,079 [* 17]
2017年(平成29年) 63,214
2018年(平成30年) 63,543

駅周辺

川崎市宮前区の商業の中心だが、区役所は隣の宮前平駅が最寄りである。

バス路線

乗り場 系統 主要経由地 行先 運行事業者
1 梶01 寺台・野川台公園・西福寺前 梶が谷駅 東急
鷺21 たまプラーザ駅あざみ野駅もみの木台 虹が丘営業所
2 鷺11 土橋・グリーンハイツ中央・宮崎桜の丘公園 宮崎台駅
鷺12 土橋・宮前区役所前 グリーンハイツ中央
3 鷺02 中有馬・久末・野川・中原 小杉駅 東急

市バス

中有馬・久末 新城駅
野川
中有馬 久末
中有馬・久末・野川 井田営業所 市バス
鷺22 江田駅市が尾駅 青葉台駅 東急
4 鷺01 有馬変電所・すみれが丘・北山田駅 東山田営業所
鷺03 有馬変電所・すみれが丘・長徳寺前 センター北駅
鷺04 すみれが丘・長徳寺前・センター北駅 センター南駅
鷺05 すみれが丘・北山田駅・サレジオ学院 センター北駅

上記以外にも、渋谷駅からの深夜急行バスミッドナイト・アロー」が乗り入れているが、降車扱いのみで、青葉台駅方面への乗車はできない。 それ以外に、鷺31系統・聖マリアンナ大学行が2番乗り場から発車する。

最寄幹線道路

駅名の由来

隣の駅

東京急行電鉄
  田園都市線
急行・準急
溝の口駅 (DT10) - 鷺沼駅 (DT14) - たまプラーザ駅 (DT15)
各駅停車
宮前平駅 (DT13) - 鷺沼駅 (DT14) - たまプラーザ駅 (DT15)

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 東急の駅、p.171。
  2. ^ 路線の新設・複々線化等の整備計画 (PDF) - 関東運輸局 運輸政策審議会答申第18号別紙2 5ページ
  3. ^ 3月29日(火)、田園都市線鷺沼駅に北口改札口を新設します。 (PDF) - 東京急行電鉄ニュースリリース 2011年2月17日
  4. ^ 2018年度乗降人員 - 東急電鉄
  5. ^ 川崎市統計書 - 川崎市
  6. ^ レポート - 関東交通広告協議会
  7. ^ 神奈川県県勢要覧
  8. ^ 神奈川県県勢要覧(平成12年度)222ページ

出典

関連項目

外部リンク