メインメニューを開く

遭難』(そうなん)は、松本清張小説。『週刊朝日1958年10月5日号から12月14日号まで、「黒い画集」第1話として掲載、1959年4月に『黒い画集1』収録の一編として、光文社より刊行された。

黒い画集 ある遭難』のタイトルで1961年東宝で映画化、また1959年にテレビドラマ化されている。

爺ヶ岳から望む鹿島槍ヶ岳(中央のピーク)。鹿島槍から西に延びる、登山道のない牛首尾根が、遭難したルートのモチーフとされた[1]

あらすじ編集

銀行に務める江田昌利・浦橋吾一・岩瀬秀雄の3人は、8月30日、北アルプス鹿島槍ヶ岳に登った。山小屋に宿泊して翌日、雨の降る中、3人は途中で遭難、江田が救援に向かうも、岩瀬は疲労と寒気から錯乱状態に陥り、黒部渓谷の奈落へ転落死する。

ある日、江田は岩瀬の姉・真佐子と従兄の槇田二郎から夕食に呼ばれ、遭難現場を訪ねたいとの申し出を受けるが……。

エピソード編集

  • 本作執筆の契機に関して著者の松本は、ある山登りの人が雑誌の座談会で「山に登る人には悪人が居ない」などと云うのを読み、「あるいはそうかもしれないが、そういう決定的な言い方に少しばかり反撥を感じた」ことを挙げている[2]
  • プロットを考えた松本が、登山家(のちに作家)の加藤薫に相談したところ、そのプロットには鹿島槍の頂上がちょうどいいとの説明を受け、加えて加藤は松本(と『週刊朝日』で『黒い画集』シリーズ担当の永井萌二)を鹿島槍ヶ岳に連れて登山し、「現地講義」を行ったが、山の中腹まで現地を踏み、実景を見た点で、書くのに自信がついた、と松本は回想している[3]

映画編集

黒い画集 ある遭難
Death on the Mountain
監督 杉江敏男
脚本 石井輝男
製作 永島一朗
出演者 伊藤久哉
土屋嘉男
音楽 神津善行
撮影 黒田徳三
配給 東宝
公開   1961年6月17日
上映時間 87分
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

映画タイトル『黒い画集 ある遭難』。1961年6月17日に公開。製作は東京映画、配給は東宝。現在はDVD化されている。原作と異なるラストを設定している。

キャスト

スタッフ

テレビドラマ編集

1959年8月31日9月7日、KRテレビ(現・TBS)系列の「ピアスTVサスペンス 東京0時刻」枠(月曜21:15-21:45。ピアス化粧品一社提供)にて放映。

キャスト
KRT ピアスTVサスペンス 東京0時刻
前番組 番組名 次番組
妄執の家
(1959.8.24)
遭難
(1959.8.31 - 9.7)
黒い時間
(1959.9.14)

脚注・出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本登山図集』日地出版、1986年10月、37頁。ISBN 4527002333
  2. ^ 松本によるエッセイ「灰色の皺」(『オール讀物』1971年5月号掲載)参照。
  3. ^ 「灰色の皺」に加えて、扇谷正造「『黒い画集』の思い出」(『松本清張全集 第4巻』(1971年8月、文藝春秋)付属の月報に掲載)参照。

外部リンク編集