メインメニューを開く
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(JIS X 0212JIS X 0213CJK統合漢字拡張A・B)が含まれています詳細

龠部(やくぶ)は、漢字部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では最後の214番目に置かれる(17画、亥集の28番目)。

康熙字典 214 部首
亀部 龠部
1 丿 2
3
广
4
5
6
7
8
9
10 11 鹿
12 13 14 15
16 17
「龠」が意味する管楽器

「龠」字は竹製の管楽器、の一種を表す。後に「籥」に作る。今で言う排簫(パンパイプ)のことで、多くの管を束ねたものである。音階の調和すること、ハーモニーの象徴として扱われる。また音律と度量衡を理論的に関連させる古代中国の度量衡理論、黄鍾秬黍説において容量の単位ともなり、黍が1200粒入る黄鍾の音律を出す管の容積を1龠とし、2龠が1である。

小篆の字形について『説文解字』は「品」(3つの穴)と「侖」(秩序の意)の会意文字とするが、金文など古文字を見ると、むしろ「△」部分がなく、二三の穴と管の形に象っていることが分かる。「△」部分は後で付け加えられたもので、人の口あるいは管を束ねることを表していると考えられる。

偏旁の意符としては楽器音律和声に関することを示す。龠部はこのような意符を構成要素にもつ漢字を収める。

目次

部首の通称編集

  • 日本:やく・ふえ
  • 韓国:피리약부(piri yak bu、ふえの龠部)
  • 英米:Radical flute

部首字編集

例字編集

    • (和)・

最大画数編集

𪛖  ) (簫の異体字)