この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(JIS X 0213簡体字ハングルおよびCJK統合漢字拡張A・B)が含まれています詳細

一部(いちぶ)は、漢字部首により分類したグループの一つ。

康熙字典 214 部首
一部
1 丿 2
3
广
4
5
6
7
8
9
10 11 鹿
12 13 14 15
16 17

概要編集

「一」は、数字の1、始まり、単位の基準を意味する字である。「一」を意符とする字の他、「一」を筆画としてもつ漢字が多く収録されている。特に『龍龕手鑑』『四声篇海』ではこの傾向が顕著である。なお筆画の「横」は永字八法では「勒(ロク)」と呼ばれる。

『康熙字典』の「一部」には『説文解字』では「上部」「三部」「不部」等に含まれていた字も収録されている。「上」や「下」という漢字の横棒は基準線の意味を持ち、それより上か下かということで意味を表している。詳細については指事文字を参照のこと。

 
一を筆画として持つ漢字の例

主な字書での配列編集

通称編集

  • 日: いち
  • : 横 (héng)
  • : 한일부(han il bu、ひとつの一部)
  • : Bộ Nhất(部一)、nét Hoành
  • : Radical One

部首字編集

字音編集

字義・字体編集

横棒一つを書き、数字の「1」を表す。

例字編集

常用漢字
その他

最大画数編集

  • 𠁠