この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字が含まれています(詳細)。

羊部(ようぶ)は、漢字部首により分類したグループの一つ。

𦍌
康熙字典 214 部首
网部 羊部 羽部
1 丿 2
3
广
4
5
6
7
8
9
10 11 鹿
12 13 14 15
16 17

康熙字典214部首では123番目に置かれる(6画の6番目、未集の6番目)。

概要編集

「羊」字はヒツジを意味する。また「」に通じて「めでたい」「よい」の意味もある。

説文解字』では頭・角・足・尾といった全体の象形とするが、甲骨文を見ると、角を持った頭部だけの象形である。ヒツジは中国で古くから飼育されている家畜であり、六畜(馬・牛・羊・鶏・犬・豚)の一つに挙げられている。

そのは織物に使われ、肉は食用、乳は飲用されたり加工されて食用される。現在でも中国は世界一の羊飼養国であり、羊乳羊肉はごく一般的な食材である。

特にイスラム教徒豚肉を食べないので、回族の多い西北部では羊肉が主菜として食されている。このようにヒツジは身近な動物であり、部首にもなる独自の字をもつに至っている。

偏旁の意符としては羊や食品に関することを示す。また「」(口部)や「」「」「」などのようによい価値や観念であることを示すものもある。声符としては「」「」「」などの音として使われている。

羊部は上記のような意符を構成要素に持つ漢字を収録している。

部首の通称編集

  • 日本:ひつじ・ひつじへん
  • 中国:羊字旁・羊字頭
  • 韓国:양양부(yang yang bu、ひつじの羊部)
  • 英米:Radical sheep

部首字編集

例字編集