13日の金曜日 (1980年の映画)

13日の金曜日』(原題: Friday the 13th)は、1980年のアメリカのスラッシャー映画。監督・製作はショーン・S・カニンガム、脚本はヴィクター・ミラー、出演はベッツィ・パーマーエイドリアン・キングハリー・クロスビー、ローリー・バートラム、マーク・ネルソン、ジーニン・テイラー、ロビ・モーガン、ケヴィン・ベーコン。廃墟となったサマーキャンプを再開しようとした10代のキャンプカウンセラーたちが、何者かに次々と殺害されていくという物語。

13日の金曜日
Friday the 13th
Friday the 13th (1980) film logo.png
監督 ショーン・S・カニンガム
脚本 ヴィクター・ミラー
製作 ショーン・S・カニンガム
出演者
音楽 ハリー・マンフレディーニ
撮影 バリー・エイブラムス
編集 ビル・フレダ
製作会社 ジョージタウン・プロダクションズ[1]
配給
公開
  • アメリカ合衆国の旗 1980年5月9日
  • 日本の旗 1980年8月15日
上映時間 95分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $550,000
興行収入 $59,800,000
次作 13日の金曜日 PART2(1981年)
テンプレートを表示

ジョン・カーペンター監督の『ハロウィン』(1978年)の成功に促されて、カニンガム監督は、ミラーがまだ脚本を書いている最中の1979年初めに、バラエティ誌にこの作品の売り込み広告を出した。ニューヨークでキャスティングした後、1979年の夏にニュージャージーで撮影が行われ、予算は55万ドルとされた。完成した映画をめぐって入札が行われ、パラマウント・ピクチャーズが国内配給権を、ワーナー・ブラザースが海外配給権を獲得することになった。

1980年5月9日に公開された『13日の金曜日』は、全世界で5,980万ドルの興行収入を記録し、大成功を収めた。批評家の反応は賛否両論で、撮影、音楽、演技を評価する声がある一方で、生々しい暴力描写を批判する声も少なくなかった。この種の独立系映画としては初めて米国内でメジャースタジオによる配給を受けただけでなく、興行的に成功したことで、続編の長いシリーズや、映画「エルム街の悪夢」シリーズとのクロスオーバー2009年のリブートが実現した。1年後には直接の続編である『13日の金曜日PART2』が公開された。

キャスト編集

  • ベッツィ・パーマー - ボーヒーズ夫人
  • エイドリアン・キング - アリス
  • ハリー・クロスビー - ビル
  • ジーナイン・テイラー - マーシー
  • ローリー・バートラム - ブレンダ
  • ケヴィン・ベーコン - ジャック
  • マーク・ネルソン - ネッド
  • ロビ・モーガン - アニー
  • ピーター・ブラウワー - スティーヴ・クリスティ
  • レックス・エバーハート - トラック運転手
  • ロン・キャロル として。- ティアニー軍曹
  • ウォルト・ゴーニー - クレイジー・ラルフ
  • ウィリー・アダムス - バリー
  • デブラ・S・ヘイズ - クローデット
  • サリー・アン・ゴールデン - サンディ
  • アリ・リーマン - ジェイソン

製作編集

開発編集

『13日の金曜日』は、ショーン・S・カニンガムが製作と監督を務めた。カニンガムは、映画『鮮血の美学』 で映画監督のウェス・クレイヴンと仕事をした経験がある。ジョン・カーペンター監督の『ハロウィン』に影響を受けたカニンガムは[2]、『13日の金曜日』を衝撃的で、視覚的に美しく、「座席から飛び出したくなる」作品にしたいと考えていた[2]。また、『鮮血の美学』とは距離を置き、『13日の金曜日』をより「ジェットコースターのような作品」にしたいと考えていた[2]

当初の脚本は『A Long Night at Camp Blood』(キャンプ・ブラッドでの長い夜)という仮題だった[3]。しかし、その脚本を書き直しているときに、カニンガムが「13日の金曜日」というタイトルを提案し、ミラーはそれを受けて書き直しを始めた[3]。カニンガムは慌ててバラエティ誌に『13日の金曜日』というタイトルで広告を出した[4]。このタイトルの権利を誰かが持っているのではないかと心配したカニンガムは、訴訟を避けるためにも、すぐに調べた方がいいと考えた。そして、ニューヨークの広告代理店に依頼して、『13日の金曜日』のロゴマークを作ってもらった[5]。結局、カニンガムはこのタイトルに「問題はない」と考えていたが、配給会社のジョージ・マンスールは、「我々の映画の前に『Friday the 13th: The Orphan』という映画があった。それはそれなりに成功した。しかし、誰かが訴訟を起こすと脅してきた。フィル・スクデリがその人たちにお金を払ったのか、最終的には解決した」と語っている[4]

この脚本は、後に『ガイディング・ライト』、『ワン・ライフ・トゥ・リヴ』、『オール・マイ・チルドレン』などのテレビ・ソープ・オペラの脚本を担当したビクター・ミラーが1979年半ばに完成させたものである[3]。当時、ミラーはカニンガムの近くのコネチカット州ストラットフォードに住んでおり、2人は映画の企画を共同で考えるようになっていた[4]。ミラーは、連続殺人犯が誰かの母親であり、子供への愛情だけが動機となっている殺人犯であるという設定を好んでいた。「私は母性を逆手に取ったのだが、それはとてもおもしろかった。ボーヒーズ夫人は、私がいつも望んでいた母親で、子供のために人を殺すような母親だった」[6]。ミラーは、続編でジェイソン・ボーヒーズを犯人にするという映画製作者の判断に不満を持っていた。「ジェイソンは最初から死んでいた。彼は悪役ではなく、犠牲者だったんだ」[6]

映画の最後にジェイソンが登場するというアイデアは、当初、オリジナルの脚本には採用されておらず、ミラー監督の最終稿では、アリスがただ湖に浮かんでいるだけの状態で映画が終わっていた[7]。ジェイソンの登場は、実はメイクアップ・デザイナーのトム・サヴィーニが提案したものである[7]。サヴィーニは、「ラストにクリフハンガーを設けたのは、『キャリー』を見たばかりだったので、ああいう『chair jumper』が必要だと考え、『ジェイソンを登場させよう』と言った」語っている[8]

撮影編集

映画は1979年9月にニュージャージー州ウォーレン郡のハードウィック、ブレアスタウン、ホープの各郡区とその周辺で撮影された。キャンプのシーンは、ハードウィックにある現役のボーイスカウトキャンプ「Camp No-Be-Bo-Sco」で撮影された[9]。このキャンプは現在も存続しており、サマーキャンプとして運営されている[10]。本作の映画撮影では、悪役の視点からの再帰的な一人称視点撮影が採用されている[11]

サヴィーニは、ジョージ・A・ロメロ監督の『ゾンビ』(1978年)での仕事を基に、本作の特殊効果のデザインに起用された[12]。サヴィーニは、マーシーの顔面への斧の傷、ジャックの喉を貫通する矢、ボーヒーズ夫人の鉈による断末魔などの効果をデザインした[12]

公開編集

この映画の配給権をめぐっては、1980年にパラマウント・ピクチャーズワーナー・ブラザースユナイテッド・アーティスツの3社間で入札が行われた[13]。パラマウントの重役、フランク・マンキューソはこう振り返る。「『13日の金曜日』を見た瞬間、ヒットすると確信した」と振り返っている[13]。パラマウントは最終的に150万ドルで『13日の金曜日』の国内配給権を購入した。直近に公開されたホラー映画(『ハロウィン』など)の成功や低予算であったことから、収益性の面で「リスクの少ない作品」と判断された[14]。この作品は、メジャー映画スタジオが買収した初の独立系スラッシャー映画だった[15]。パラマウントは、この映画のために約50万ドルの広告費を投じ、さらにこの映画が興行的に好調に推移し始めたときには、追加で50万ドルを投じた[16]

評価編集

興行成績編集

『13日の金曜日』は、1980年5月9日に全米で劇場公開され、最終的に1,127館にまで公開を拡大した[1]。初週末の興行収入は581万6,321ドル、国内興行収入は3,975万4,601ドル[17]、累計観客動員数は1,478,700人だった[1]。『シャイニング』、『殺しのドレス』、『ザ・フォッグ』、『プロムナイト』などの話題性の高いホラー映画との競争の中で、この年の18番目に高い興行収入を記録した[18]。全世界での興行収入は5,975万4,601ドルだった[19][20]。1980年にパラマウントが配給した17本の映画のうち、『13日の金曜日』よりも利益を上げたのは『フライングハイ』だけだった[21]

『13日の金曜日』は、テレビや映画で知られていた女優ベッツィ・パーマーを除いて、当時は有名な俳優もいない独立系映画としては珍しく、海外で公開された[22]。この映画の海外での興行収入は約2,000万ドルであった。海外での売り上げや、「エルム街の悪夢」のフレディ・クルーガーとのクロスオーバー作品を考慮しないと、オリジナルの『13日の金曜日』はフランチャイズの中で最も高い収益を上げた作品となる[23]

2014年の映画の興行収入と比較すると、『13日の金曜日』の製作と宣伝にかかった費用は、55万ドルの予算と100万ドルの広告費を含めて、約450万ドル。米国での興行収入については、2017年のインフレーション調整後で1億7772万ドルとなる[24]

批評家の反応編集

当時の劇場レビュー編集

ロサンゼルス・タイムズ紙のリンダ・グロスは、この映画を「くだらない、退屈な、若者向けのホラー映画」と評したが、マンフレディーニの「神経質な音楽」と撮影、そしてテイラー、ベーコン、ネルソン、バートラムらの「自然で魅力的な演技」を評価した[25]。一方、バラエティ誌は、この映画を「最悪の意味での低予算で、技術的な不備を補う才能や知性も見当たらない『13日の金曜日』は、タイトル以外に利用できるものがない」と評価した[26]。マイアミ・ニュースのビル・フォン・マウラーは、カニンガムの「控えめな」演出を評価しながらも、「凄まじいサスペンスを展開し、観客の胃袋をひっくり返した後、彼はそこからどこへ行けばいいのかわからなくなってしまう。映画は中盤から停滞し始め、彼が築き上げてきた期待は少しずつ損なわれていく」と評した[27]

多くの批評家はこの映画をジョン・カーペンターの「ハロウィン」と比較して悪く評価していたが、中でもピッツバーグ・ポストガゼット紙のメアリン・ユリッチオは「『13日の金曜日』はプロット、サスペンス、キャラクターの描写が最小限。斬新さも怖さもないが、低予算で作られている」と評し[28]、アクロン・ビーコン・ジャーナル紙のディック・シッピーも、カーペンターの『ハロウィン』は、「カニンガムの恐るべき虐殺の物語と比較すると、ヒッチコックのようだ」と評した[29]。バーリントン・フリー・プレス紙のマイク・ヒューズは、この映画は『ハロウィン』の「質を除いたすべてをコピーしている」と書き、「この映画の最低点は、悪役の純粋な悲しみと狂気を利用したラスト近くにある。その時には、もう単純に面白くない」と結論付けた[30]

かなりの数のレビューが、この映画の暴力描写を批判した。ハリウッド・リポーター誌は、この映画を嘲笑し、「喉が切り裂かれ、頭がリアルに切り裂かれるような陰惨な暴力が、パラマウントから公開されている低予算の病的な長編映画『13日の金曜日』の内容である。最低限のあからさまな搾取である」と書いた[31]ボストン・グローブ紙のマイケル・ブローエンも同様に、この映画を「吐き気を催す」と評し、「女性が斧で頭を割られたり、男性が矢でドアに突き刺されたりするのを見るのが楽しいと思うのでなければ、13日の金曜日には近づかない方がいいだろう。縁起が悪いから」と観客に警告した[32]。この映画を最も酷評したのはジーン・シスケルで、彼はレビューの中でカニンガムを「映画界にはびこる最も卑劣な生き物の1つ」と呼んだ[33]。また、パラマウントを所有するガルフ+ウエスタン社の取締役会長チャールズ・ブルーホーンの住所とベッツィ・パーマーの出身地を掲載し、映画を軽蔑する気持ちを手紙で伝えるようにと、論者仲間に呼びかけた。彼はこの映画を見ないように人々を説得するために、結末を明かした[34]。シスケルとロジャー・イーバートは、自分たちのテレビ番組のエピソード全体を使って、この映画(および当時の他のスラッシャー映画)を非難した。なぜなら、観客が犯人を応援すると考えたからである[35]。レナード・マルティンは当初、この映画に星1つ、つまり「BOMB」(大失敗)を与えたが、後に考えを改め、「PART2よりも少しだけ良いから」という理由で星1つ半を与え、「若い世代がこの作品を興行的に成功させたことは、SATのスコアが低下し続けている理由の1つの手がかりとなる。しかし、これほど多くの続編を生み出す映画は、何か正しいことをしているに違いない」と述べている[36]

現代編集

レビュー集計サイトRotten Tomatoesにおいて、『13日の金曜日』は56件のレビューから63%の支持を得ており、平均評価は5.80/10となっている。同サイトの批評家のコンセンサスは、「今日の基準ではかなり古めかしいが、『13日の金曜日』には、血みどろの驚きと70年代の名残の美学が若干の説得力を持っている」とされている[37]Metacriticでは、11人の批評家による加重平均スコアが100点満点中22点となっており、「全般的に好ましくない評価」を示している。この映画は第1回ゴールデンラズベリー賞最低作品賞にノミネートされ、パーマーは最低助演女優賞にノミネートされた[38]

IFCのビル・スティールは、本作を『13日の金曜日 PART2』(1981年)に次ぐ、シリーズ第2位の作品とした[39]。評論家のキム・ニューマンは、2000年のレビューで5つ星のうち2つの評価を下し、「淡々とした『ハロウィン』のパクリで、平凡な衝撃数と不完全なエンディング...。刺激的な10代の若者たちの間で死体が積み重なっていく中、怖い人がいるはずの穴が空いたままになっている。奇妙なことに、この映画はあらゆるスラッシャー映画の中でも、犯人がほとんど存在しない映画として異彩を放っている」した[40]。スラント・マガジンのジェレマイア・キップは2009年に本作をレビューし、「雰囲気、テンポ、キャラクター、プロット、テンションの面で特別なものを排除した、一種のミニマリズムが働いている」と評した[41]

分析編集

若者のセクシュアリティ編集

映画学者のウィリアムズは、『13日の金曜日』を「その時代、特にレーガン時代のアメリカを象徴している」とし、『悪魔のいけにえ』(1974年)や『悪魔の追跡』(1975年)など、「家族の矛盾を明らかにすることから自堕落なニヒリズムへと移行する、特定の終末論的ビジョンを例示している」映画の軌跡の一部であるとしている[42]。この映画では、犯人の視点からの一人称視点ショットが繰り返し使われており、フィリップ・ディマーレなどの学者は「本質的に覗き見をしている」と指摘している[11]。ディマーレは、この映画を「暴力的な違反行為をフェティッシュに表現しながらも、性的な不適切さを警告することに成功した教訓的な物語」とみなしている[11]

映画評論家のティモシー・シャリーは、『ハロウィン』が「病的な道徳的教訓の中に、より繊細な性的好奇心を導入した」のに対し、『13日の金曜日』のような映画は、「ティーンの性欲の反動的な側面を利用し、性的意識の入り口を越えようとする若者を大量に虐殺した」としている[43]。映画学者のデビッド・J・ホーガンは、この映画の暴力と性について「この映画では、10代の少年たちが悲惨な目に遭っているが、カニンガムとメイクアップ担当のトム・サヴィーニが裸の若い少女のために用意したような積み重ねと細部への配慮はない」と述べている[44]

悪役の性別編集

この映画は、悪役が女性であることについて批判的な議論を巻き起こした。この点については、映画学者のキャロル・J・クローバーが、パメラ・ボーヒーズが犯人であることが明らかになったことを、ホラー映画の歴史の中で「ジェンダーの壁を取り払った最も劇的なケース」と指摘している[45]。犯人の一人称視点のショットについて、クローバーは、「『私たち』(観客)は、1時間の映画の間に何人ものティーンエイジャーをストーキングして殺すのだが、『私たち』が誰なのかさえわからない。従来の予想や、重たいブーツを履いた足や乱暴に手袋をはめた手など、『私たち』自身の身体の一部が垣間見えることで、『私たち』は男性だと思うように誘われるが、映画の終わりに『私たち』は女性であることが明らかになる」と書いている[45]

遺産編集

 
撮影地のニュージャージー州ブレアスタウンで開催されたリバイバル上映会に集まった人々。

トニー・ウィリアムズをはじめとする現代の映画評論家たちは、『13日の金曜日』が「ストーカー映画」や「スラッシャー映画」というサブジャンルを生み出したと評価している[42]。また、文化評論家のグラハム・トンプソンは、ジョン・カーペンター監督の『ハロウィン』(1978年)とともに、この映画を、監視の目が届かない若者が仮面をかぶった悪人に計画的につきまとわれ、殺害されるという、この種の映画の「ラッシュを引き起こした」テンプレートとみなしている[46]。公開後の数年間、本作に対する批評家の評価は様々なものがあったが、大きなカルト的人気を獲得している[47]。2017年、コンプレックス誌は、史上最高のスラッシャー映画のリストで本作を9位にランク付けた[48]

映画学者のマット・ヒルズは、この映画の遺産について、「『13日の金曜日』は、単に知的に欠けていると批判的に位置づけられているだけでなく、学問や公式の映画文化の従来の美的規範に沿って、独創性や芸術性に欠け、指名されたり認められたりした作家を持たず、トム・サヴィーニの血みどろの特殊効果に焦点を当てた、ひどくセンセーショナルな作品であると言われ、他方で切り捨てられてきた」と書いている[49]。この映画は2001年にAFIの「100年... 100のスリル」にノミネートされた[50]

続編とフランチャイズ編集

2018年現在、『13日の金曜日』は、「エルム街の悪夢」の悪役フレディ・クルーガーとのクロスオーバー作品を含め、10本の続編を生み出している[51]。『13日の金曜日PART2』では、ボーヒーズ夫人の息子であるジェイソン・ボーヒーズが主な敵役として登場し、これは残りの続編(5作目を除く)や関連作品でも継続している。ほとんどの続編は、オリジナルよりも大きな予算で撮影されている。例えば、『13日の金曜日』の予算は55万ドルであったのに対し、続編1作目の予算は125万ドルであった[52]。公開当時、『フレディVSジェイソン』は3,000万ドルという最大の予算であった[53]。すべての続編はオリジナルの設定を繰り返していたので、映画製作者は新鮮さを出すために調整を加えた。それは、『完結編』や『ジェイソンは生きていた!』のように、タイトルに数字ではなく副題を加えたり、「13日の金曜日PART3」(1982年)のように3Dで撮影したりすることである[54]。シリーズ全体に影響を与える大きな追加要素としては、第3作でジェイソンのホッケーマスクが追加されたことが挙げられ、このマスクは大衆文化の中で最も認知度の高いイメージの一つとなった[55]

『13日の金曜日』のリブート版は2009年2月に劇場公開され、『フレディvsジェイソン』の脚本家ダミアン・シャノンとマーク・スイフトが新作の脚本に採用された[56]。この映画は、ジェイソン・ボーヒーズに焦点を当て、彼のトレードマークであるホッケーマスクとともに登場した[57]。2007年11月には、2003年にリメイクされた『テキサス・チェーンソー』の監督であるマーカス・ニスペルが監督に起用された[58]。この作品は2009年2月13日に米国で公開された。

脚注編集

  1. ^ a b c Bracke 2006, p. 314.
  2. ^ a b c Grove 2005, pp. 11–12.
  3. ^ a b c Bracke 2006, p. 18.
  4. ^ a b c Bracke 2006, p. 17.
  5. ^ Grove 2005, pp. 15–16.
  6. ^ a b Miller. “Frequently Asked Questions”. Victor Miller Official Site. 2017年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月25日閲覧。 “I have a major problem with all of them because they made Jason the villain. I still believe that the best part of my screenplay was the fact that a mother figure was the serial killer—working from a horribly twisted desire to avenge the senseless death of her son, Jason. Jason was dead from the very beginning. He was a victim, not a villain.”
  7. ^ a b Bracke 2006, p. 20.
  8. ^ “Jason Voorhees: From mama's boy to his own man”. New York Daily News. (2006年10月19日). オリジナルの2006年11月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20061114062638/http://www.nydailynews.com/entertainment/movies/story/462246p-388901c.html 2006年12月11日閲覧。 
  9. ^ Hawkes, Rebecca (2017年10月13日). “Friday the 13th: nine things you didn't know about the movie”. The Telegraph. 2018年8月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月19日閲覧。
  10. ^ Blairstown Theater Festival”. Blairstown Theater. 2007年7月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年3月2日閲覧。
  11. ^ a b c Dimare 2011, p. 186.
  12. ^ a b Vancheri, Barbara (2009年2月13日). “Freaky Friday”. Pittsburgh Post-Gazette (Pittsburgh, Pennsylvania): pp. D–1, D-5. オリジナルの2018年8月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180819182217/https://www.newspapers.com/clip/22938812/pittsburgh_postgazette/ 2018年8月19日閲覧。 
  13. ^ a b Nowell 2010, p. 134.
  14. ^ Nowell 2010, pp. 135–137.
  15. ^ McCarty 1984, p. 2.
  16. ^ Grove 2005, p. 59.
  17. ^ Grove 2005, p. 60.
  18. ^ Nowell 2010, pp. 199–202.
  19. ^ Box Office Information for Friday the 13th”. The Numbers. 2016年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月19日閲覧。
  20. ^ 1980”. Box Office Mojo. 2017年6月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月25日閲覧。
  21. ^ Nowell 2010, p. 138.
  22. ^ Rockoff 2002, p. 18.
  23. ^ Friday the 13th Movies at the Box Office”. Box Office Mojo. 2007年6月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月25日閲覧。
  24. ^ Tom's Inflation Calculator”. Halfhill.com. 2017年7月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月26日閲覧。
  25. ^ Gross, Linda (1980年5月15日). “'Friday the 13th': Encamped in Gore”. Los Angeles Times: p. 7. オリジナルの2018年8月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180819082833/https://www.newspapers.com/clip/22929125/the_los_angeles_times/ 2018年8月19日閲覧。 
  26. ^ “Friday the 13th”. Variety. (December 31, 1979). https://variety.com/1979/film/reviews/friday-the-13th-1117791118/ 2017年6月25日閲覧。. 
  27. ^ Von Maurer, Bill. “'Friday the 13th' will scare the bejabbers out of you”. The Miami News (Miami, Florida): p. 8A. オリジナルの2018年8月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180819051133/https://www.newspapers.com/clip/14988147/fridaythe13thwillscarethebejabbers/ 2018年8月19日閲覧。 
  28. ^ Uricchio, Marylynn. “'Friday the 13th': Unlucky Day for Moviegoers”. Pittsburgh Post-Gazette (Pittsburgh, Pennsylvania): p. 16. オリジナルの2018年8月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180819051136/https://www.newspapers.com/clip/14988209/friday13thunluckydayformoviegoers/ 2018年8月19日閲覧。 
  29. ^ Shippy, Dick (1980年5月15日). “Sex and slaughter in wholesale doses”. Akron Beacon Journal: p. F6. オリジナルの2018年8月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180819051150/https://www.newspapers.com/clip/14970260/sexandslaughterinwholesaledosesf/ 2018年8月19日閲覧。 
  30. ^ Hughes, Mike (1980年5月20日). “Thriller Badly Copies 'Halloween'”. The Burlington Free Press (Burlington, Vermont): p. 4D. オリジナルの2018年8月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180819051158/https://www.newspapers.com/clip/14969717/thrillerbadlycopieshalloweenfridayt/ 2018年8月19日閲覧。 
  31. ^ The Hollywood Reporter Staff (2014年11月1日). “'Friday the 13th': THR's 1980 Review”. The Hollywood Reporter. 2018年8月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月19日閲覧。
  32. ^ Blowen, Michael. “Bloody 'Friday' is nauseating”. The Boston Globe (Boston, Massachusetts): p. 12. オリジナルの2018年8月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180819082813/https://www.newspapers.com/clip/22929383/the_boston_globe/ 2018年8月19日閲覧。 
  33. ^ Bracke 2006, p. 45.
  34. ^ Siskel, Gene (1980年5月12日). “'Friday the 13th': More bad luck”. Chicago Tribune (Chicago, Illinois): p. A3 
  35. ^ Hewitt, Chris; Smith, Adam. “Freddy V Jason”. Empire (March 2009). 
  36. ^ Maltin 2000, p. 491.
  37. ^ Friday the 13th (1980)”. Rotten Tomatoes. Flixer. 2017年11月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月17日閲覧。
  38. ^ Fitz-Gerald. “7 Worst-Picture Razzie Contenders That Are Actually Good” (英語). Thrillist. 2021年4月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月10日閲覧。
  39. ^ Steele, Bill (2016年7月29日). “Every Friday the 13th Movie Ranked”. IFC. 2016年9月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月18日閲覧。
  40. ^ Newman, Kim (2000年1月1日). “Friday the 13th”. Empire. 2016年12月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月19日閲覧。
  41. ^ Kipp, Jeremiah (2009年2月4日). “Friday the 13th”. Slant Magazine. 2018年8月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月19日閲覧。
  42. ^ a b Williams 2015, p. 185.
  43. ^ Shary 2012, p. 54.
  44. ^ Hogan 2016, p. 254.
  45. ^ a b Clover 1993, p. 56.
  46. ^ Thompson 2007, p. 102.
  47. ^ Hills 2007, p. 236.
  48. ^ Barone, Matt (2017年10月23日). “The Best Slasher Films of All Time”. Complex. 2018年8月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月20日閲覧。
  49. ^ Hills 2007, p. 232.
  50. ^ List of top 400 heart-pounding thrillers”. American Film Institute. 2016年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月25日閲覧。
  51. ^ Robinson 2012, p. 201.
  52. ^ Bracke 2006, pp. 314–15.
  53. ^ Freddy Vs. Jason (2003)”. Box Office Mojo. 2017年6月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月25日閲覧。
  54. ^ Bracke 2006, p. 73–74.
  55. ^ Kemble, Gary (2001年1月13日). “Movie Minutiae: the Friday the 13th series (1980-?)”. ABC. オリジナルの2006年1月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20060115102105/http://www.abc.net.au/news/arts/articulate/200601/s1546063.htm 
  56. ^ Kit (2007年10月2日). “Duo pumps new blood into 'Friday the 13th'”. The Hollywood Reporter. 2007年10月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月25日閲覧。
  57. ^ Platinum Confirmations: Near Dark, Friday the 13th Remakes”. The Hollywood Reporter (2007年10月3日). 2012年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月25日閲覧。
  58. ^ Kit, Borys (2007年11月14日). “Nispel scores a date with next 'Friday'”. The Hollywood Reporter. オリジナルの2008年11月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081122145427/https://hollywoodreporter.com/hr/content_display/news/e3ib4d95be28520da0db0f10edad41c0123 2017年6月25日閲覧。 

出典編集

  • Bracke, Peter (2006). Crystal Lake Memories. United Kingdom: Titan Books. ISBN 1-84576-343-2 
  • Clover, Carol (1993). Men, Women, and Chainsaws: Gender in the Modern Horror Film. Princeton, New Jersey: Princeton University Press. ISBN 978-0-691-00620-8 
  • Dimare, Philip C. (2011). Movies in American History: An Encyclopedia. 1. Santa Barbara, California: ABC-CLIO. ISBN 978-1-598-84296-8 
  • Falconer, Peter (2010). “Fresh Meat? Dissecting the Horror Movie Virgin”. In McDonald, Tamar Jeffers. Virgin Territory: Representing Sexual Inexperience in Film. Detroit: Wayne State University Press. pp. 123–137. ISBN 978-0-814-33318-1 
  • Grove, David (2005). Making Friday the 13th: The Legend of Camp Blood. United Kingdom: FAB Press. ISBN 1-903254-31-0 
  • Hawke, Simon (1987). Friday the 13th. New York: Signet. ISBN 0-451-15089-9 
  • Hills, Matt (2007). “The Friday the 13th Film Series as Other”. Sleaze Artists: Cinema at the Margins of Taste, Style, and Politics. Durham, North Carolina: Duke University Press. pp. 219–239. ISBN 978-0-822-39019-0 
  • Hogan, David J. (2016). Dark Romance: Sexuality in the Horror Film. Jefferson, North Carolina: McFarland. ISBN 978-0-786-46248-3 
  • Kendrick, James (2017). “Slasher Films and Gore in the 1980s”. In Benshoff, Harry M.. A Companion to the Horror Film. Hoboken, New Jersey: John Wiley & Sons. pp. 310–328. ISBN 978-1-119-33501-6 
  • Maltin, Leonard (2000). Leonard Maltin's Movie Guide. New York: Signet Books. ISBN 0-451-19837-9 
  • McCarty, John (1984). Splatter Movies: Breaking the Last Taboo of the Screen. New York: St. Martin's Press. ISBN 0-312-75257-1 
  • Norman, Jason (2014). Welcome to Our Nightmares: Behind the Scene with Today's Horror Actors. Jefferson, North Carolina: McFarland. ISBN 978-0-786-47986-3 
  • Nowell, Richard (2010). Blood Money: A History of the First Teen Slasher Film Cycle. London: Bloomsbury. ISBN 978-1-441-12496-8 
  • Rockoff, Adam (2002). Going to Pieces: The Rise and Fall of the Slasher Film. Jefferson, North Carolina: McFarland and Company. ISBN 0-7864-1227-5 
  • Robinson, Jessica (2012). Life Lessons from Slasher Films. Lanham, Maryland: Scarecrow Press. ISBN 978-0-810-88502-8. https://archive.org/details/lifelessonsfroms0000robi 
  • Shary, Timothy (2012). Teen Movies: American Youth on Screen. New York: Columbia University Press. ISBN 978-0-231-50160-6 
  • Thompson, Graham (2007). American Culture in the 1980s. Edinburgh: Edinburgh University Press. ISBN 978-0-748-62895-7 
  • Williams, Tony (2015). Hearths of Darkness: The Family in the American Horror Film (Revised ed.). Jackson: University Press of Mississippi. ISBN 978-1-628-46107-7 

 

外部リンク編集