鵜飼るみ子

日本の女性声優

鵜飼 るみ子(うかい るみこ、1958年[6]5月24日[2][7] - )は、日本女性声優福岡県出身[2]81プロデュース所属[2]

うかい るみこ
鵜飼 るみ子
プロフィール
本名 鵜飼 るみ子[1]
性別 女性
出身地 日本の旗 日本福岡県[2]
生年月日 (1958-05-24) 1958年5月24日(64歳)
血液型 O型[3]
職業 声優
事務所 81プロデュース[2]
公式サイト 鵜飼るみ子 - 81プロデュースの公式サイト
公称サイズ([5]時点)
身長 / 体重 153[4] cm / 40 kg
活動
活動期間 1975年 -
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

経歴編集

雙葉高等学校桐朋学園芸術短期大学卒業[1]。以前は劇団青年座[8]いずみたくフォーリーズ(現:ミュージカルカンパニー イッツフォーリーズ[9]、オフィス央[9]に所属していた。

初レギュラーは1979年、『機動戦士ガンダム』のフラウ・ボゥ役となる[8]。幼なじみのアムロが望みの叶わない相手と知ってハヤト・コバヤシへ気持ちを移していくあたり、「実際に、身近なところにいるような優しく、また、どこか哀しい女のコ」だとしつつ、「そうゆう女のコが大好き」と語っている[10]

伝説巨神イデオン 発動篇 THE IDEON; Be INVOKEDにて、キッチ・キッチン役となるにあたり、発動篇の最初と最後に出てくるだけなので「これだけではどんな子がわからない、富野さんどうしてくれる」なんて感じだったと述べつつ、最後に魂のようになって話すシーンについて、とてもいい役をくれたと感激したこと、ここで登場させるために最初の方の出番があったのだ、と感想を述べている[11]

人物編集

声種ソプラノ[9]。ちょっとボーイッシュな若々しい声が印象的[8]

趣味・特技はピアノ[2]

出演編集

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ編集

1975年
1979年
1980年
1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1994年
1995年
1998年
1999年
2000年
2001年
2003年
2004年
2007年
2008年
2010年
2011年

OVA編集

1983年
1986年
1987年
1988年
1989年
1998年
2003年
2010年
2011年

劇場アニメ編集

1981年
1982年
1984年
1986年
1988年
1989年
2005年

ゲーム編集

1990年
1995年
1998年
2000年
2001年
2002年
2004年
2005年
2007年
2008年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年

吹き替え編集

海外映画編集

海外ドラマ編集

海外アニメ編集

ラジオドラマ編集

  • アドベンチャーロード「渇きの海」(NHK-FM)

CDドラマ編集

ボイスオーバー編集

テレビドラマ編集

その他編集

脚注編集

[脚注の使い方]

シリーズ一覧

  1. ^ 『F』(2000年)、『F.I.F』(2001年)、『NEO』(2002年)、『SEED』(2004年)、『SPIRITS』(2007年)、『WARS』(2009年)、『3D』(2011年)、『GENESIS』(2016年)

出典編集

  1. ^ a b 『日本タレント名鑑(2002年版)』VIPタイムズ社、2002年4月30日、538頁。ISBN 978-4-9901242-0-5 
  2. ^ a b c d e f 鵜飼るみ子 - 81プロデュースの公式サイト
  3. ^ 『芸能手帳タレント名簿録Vol.51('16〜'17)』連合通信社・音楽専科社、2016年5月26日、316頁。 
  4. ^ 鵜飼 るみ子”. 日本タレント名鑑. 2022年4月9日閲覧。
  5. ^ 『日本タレント名鑑(1997年版)』VIPタイムズ社、1997年、496頁。 
  6. ^ 『芸能手帳タレント名簿録Vol.33('98〜'99)』連合通信社・音楽専科社、1998年、37頁。 
  7. ^ “鵜飼るみ子”. Excite News. エキサイト株式会社. https://www.excite.co.jp/news/dictionary/person/PE7652f788dc1542b94bab93fed96aa8a524d4f231/ 2021年2月13日閲覧。 
  8. ^ a b c 小川びい 『こだわりの声優事典'97』徳間書店〈ロマンアルバム〉、1997年3月10日、22頁。ISBN 4-19-720012-9 
  9. ^ a b c 『声優の世界-アニメーションから外国映画まで』朝日ソノラマファンタスティックコレクション別冊〉、1979年10月30日、72頁。 
  10. ^ a b c ロマンアルバムTVガンダム 1983, p. 186.
  11. ^ a b c ロマンアルバム映画 1982, p. 151.
  12. ^ STAFF & CAST”. 機動戦士ガンダム公式Web. サンライズ. 2022年10月1日閲覧。
  13. ^ 愛の学校クオレ物語”. 日本アニメーション. 2016年8月2日閲覧。
  14. ^ プロゴルファー猿”. メディア芸術データベース. 2016年10月1日閲覧。

参考文献編集

  • 尾形英夫 編 編 『伝説巨神イデオン 接触篇 発動篇』徳間書店〈ロマンアルバム・エクストラ(51)〉、1982年。雑誌 61577-68。 
  • 尾形英夫 編 編 『機動戦士ガンダム』徳間書店〈ロマンアルバム・エクストラ(53)〉、1980年7月30日。雑誌 61577-46。 

外部リンク編集