メインメニューを開く

19 ナインティーン』は、1987年8月1日に公開された日本SF映画。製作は東宝映画ジャニーズ事務所。配給は東宝。併映は『トットチャンネル』。

19 ナインティーン
監督 山下賢章
脚本 康珍化
原作 康珍化
製作 小倉斉
康珍化
出演者 少年隊
音楽 野人
主題歌 少年隊「君だけに
撮影 岸本正広
編集 奥原好幸
配給 東宝
公開 日本の旗 1987年8月1日
上映時間 98分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

目次

概要編集

少年隊主演の本格的SFドラマである。映画タイトルには「19歳」の意味が込められており、スケールの大きなSFドラマだけではなく、大人と少年のボーダーラインに立つ葛藤を描いた青春群像劇にもなっている。

当作は「SFロック」と銘打たれ公開された。当時のヒット曲が全編にあふれるミュージカル仕立てになっており、現在でいうメディアミックスが行われ、小説化、ミュージカル化されたほか、同年中に映画版のVHSビデオがリリースされて、販売(定価14000円)とレンタルが開始された。

西暦2550年の未来の時代考証に基づくデザインの小道具が大量に創られた。単純な無機質なものではなく、レトロのテイストが入ったデザインになっている。このほか、タイムパトローラー式の敬礼など、細部まで設定が尽くされている。大道具面では、未来都市のセットなどはほとんど作られず、都心部でのロケ撮影で処理され、カメラワークだけで未来都市を表現しきった撮影技術の高さが雑誌等[1]で絶賛された。当時未完成であった東京ドームが作画合成で加えられている[2]。このほかパリ、上海、砂漠でのロケも行われ、多数の外国人がエキストラ出演している。

主要な舞台となる1998年の時代考証も、パトカーなど日産自動車の劇用提供車[3]は近未来風のカラーリングで装飾され、ソニーは、架空の試作品であるバーチャルボーイ風の「テレビ・ウォークマン」、サントリーは架空の製品であるスコッチ・キャンディを提供、後者は明石家さんまが出演する劇中CMも製作されている。

また「スワットチーム」と思われる警察隊が登場したが、その制服も近未来を意識してデザインされた。大胆な技術革新や新奇な流行はなく、服飾、娯楽、住宅の傾向、好況感の持続など1980年代の延長線上にある時代[4] として描写されており、携帯電話ポケットベルなどが存在しない代わりに、テレビ電話や前述のテレビ・ウォークマンが存在するなど、1986年から1987年当時の近未来観がうかがえる内容となっている。劇中、ニュースでサミットに参加した日本の外相が核武装に前向きな発言をしたというニュースが流れるなど、核戦争の危機と隣り合わせであった当時の世界情勢も反映されている。

ストーリー編集

1998年の「TOKYO」に、3人の見習いタイムパトローラーが降り立った。西暦2550年の未来からやって来た3人の目的は、時空を超えて逃亡している異生物カーミラの殲滅だった。しかし、3人が追っているカーミラは、かつての恋人が変異した存在だった。1998年の世界で知り合った少女を巻き込み、追跡劇が始まる。

出演者編集

  • イースト:東山紀之 - タイムパトローラー・ナイーブ。本編の主人公。
  • ウエスト:錦織一清 - タイムパトローラー・冷静なリーダー。
  • サウス:植草克秀 -タイムパトローラー・コミカル。映画・ノベライズ版通じて最も出番が多い。映画版では1998年にもっとも順応した描写がなされた。ノベライズ版における彼の登場シーンの一部が映画版ではイーストのものに変わっている。
  • ミヤコ:小沢なつき - 1998年の世界で3人が出遭う、16歳の少女。本編のヒロイン。ノベライズ版では父親は有名な俳優である。
  • ソフィア:アレクシス・ホール - 逃亡中のスペースバンパイア。ミヤコの子孫である。イーストの恋人であり、ノベライズ版ではイーストらのアカデミー時代の同期生、惑星探査隊員であり過去に逃亡したスペースバンパイアの最後の生き残りという背景が語られた。
  • ヨリトモ:山田哲平 - ミヤコの弟。12歳。生意気盛り。
  • ターボ:坂井徹 - ミヤコの恋人。
  • ゼブラ:中康治 - カーミラを追うもう一人のハンター。その正体は超高性能のハンターアンドロイドである。ノベライズ版にも登場し、空挺部隊を全滅させられた軍が面子にかけて送り込んだハンターアンドロイドであり、歴戦の強者、人間の身分を得ることにこだわっており、これを獲得寸前であるという背景描写がなされた。

劇中楽曲編集

主題歌編集

op主題歌。
  • 少年隊「君だけに」
ED主題歌[5]

挿入歌編集

スタッフ編集

小説編集

映画公開時に発行された。初版定価320円。マン・アフターマン的な内容の26世紀の設定が巻末に掲載され、読者に絶望的な未来像を強く印象づけている。また架空生物を含む絶滅生物を守護者として崇め刺青を施すトーテム信仰が存在することも詳述されている。

ミュージカル編集

  • 少年隊主演のPLAYZONEシリーズの一作「TIME-19」としてミュージカル化。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Duet』昭和62年2月号など。
  2. ^ 石井博士ほか『日本特撮・幻想映画全集』勁文社、1997年、306頁。ISBN 4766927060
  3. ^ マーチエクサキャノピー
  4. ^ ノベライズ版ではビリヤードの流行が続いていることが描かれ、プールバーのシーンで「パンプキン・ドリンク」なる飲み物が登場しているが、これも1980年代後期の食文化の延長線上にあるものとして描写されている
  5. ^ 劇中に使用された少年隊の楽曲は、アルバム『TIME-19』にまとめられ発売された。
  6. ^ 『アメリカ横断ウルトラクイズ11』日本テレビ、1987年12月、p.117

外部リンク編集