メインメニューを開く

1960年アメリカグランプリ (1960 United States Grand Prix) は、1960年のF1世界選手権第10戦(最終戦)として、1960年11月20日リバーサイド・インターナショナル・レースウェイで開催された。

アメリカ合衆国 1960年アメリカグランプリ
レース詳細
1960年F1世界選手権全10戦の第10戦
Riverside International Raceway 1967.svg
日程 1960年11月20日
正式名称 III United States Grand Prix
開催地 リバーサイド・インターナショナル・レースウェイ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州 リバーサイド
コース 恒久的レース施設
コース長 5.271 km (3.275 mi)
レース距離 75周 395.325 km (245.643 mi)
決勝日天候 晴(ドライ)
気温:75.9 °F (24.4 °C)
風速:9.9マイル毎時 (15.9 km/h)[1]
ポールポジション
ドライバー ロータス-クライマックス
タイム 1:54.4
ファステストラップ
ドライバー オーストラリアの旗 ジャック・ブラバム クーパー-クライマックス
タイム 1:56.3 (71周目)
決勝順位
優勝 ロータス-クライマックス
2位 ロータス-クライマックス
3位 クーパー-クライマックス

1954年以来続いた最大排気量2.5Lのエンジン規定は、本レースが最後となった。

レース概要編集

F1世界選手権におけるアメリカGPの開催は2回目で、舞台は前年セブリング・インターナショナル・レースウェイフロリダ州)からカリフォルニア州リバーサイド・インターナショナル・レースウェイに移された。

フェラーリは本レースを欠場したため[2]フィル・ヒルBRP(ヨーマン・クレジット・レーシングチーム)から、ヴォルフガング・フォン・トリップススクーデリア・セントロ・スッドから出場した。フランスGP以来の出場となった地元アメリカのスカラブはマシンの改良作業を行い本レースに臨んだ[3]

レースはジャック・ブラバムダン・ガーニーが好スタートを切り、ポールポジションスターリング・モスは3位に後退したが、1周目でガーニーを抜いて2位に上がり、5周目からトップを奪い返してからは独走で快勝した。序盤奮闘したガーニーはリタイアに終わり無得点でシーズンを終え、チームメイトのヨアキム・ボニエも中盤から終盤まで2位を走行していたが5位に終わり、BRMは年間を通して信頼性の低さを露呈した[4]。スカラブのチャック・デイも奮闘したが10位完走が精一杯で、創設者のランス・リヴェントロウはレースへの情熱を失いF1から去った[3]

本レースに訪れた観客の中には当時アメリカに留学中だった18歳の浮谷東次郎もいた[5]

本レースで披露されたシボレーミッドシップ研究開発のための実験車「CERV I」をモスが試走した[5][6]

エントリーリスト編集

チーム No. ドライバー コンストラクター シャシー エンジン
  クーパー・カー・カンパニー 2   ジャック・ブラバム クーパー T53 クライマックス FPF 2.5L L4
3   ブルース・マクラーレン
4   ロン・フロックハート
  R.R.C. ウォーカー・レーシングチーム 5   スターリング・モス ロータス 18 クライマックス FPF 2.5L L4
  ヨーマン・クレジット・レーシングチーム 6   トニー・ブルックス クーパー T51 クライマックス FPF 2.5L L4
7   オリビエ・ジャンドビアン
8   ヘンリー・テイラー
9   フィル・ヒル
  チーム・ロータス 10   イネス・アイルランド ロータス 18 クライマックス FPF 2.5L L4
11   ジョン・サーティース
12   ジム・クラーク
  ハイ・エフィシエンシー・モータース 14   ロイ・サルヴァドーリ クーパー T51 クライマックス FPF 2.5L L4
  オーウェン・レーシング・オーガニゼーション 15   ヨアキム・ボニエ BRM P48 BRM P25 2.5L L4
16   ダン・ガーニー
17   グラハム・ヒル
  スクーデリア・セントロ・スッド 18   モーリス・トランティニアン クーパー T51 マセラティ 250S 2.5L L4
19   イアン・バージェス
26   ヴォルフガング・フォン・トリップス
  ジョー・ルービン 20   ボブ・ドレーク マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6
  J.B. ネイラー 21   ブライアン・ネイラー JBW 59 マセラティ 250S 2.5L L4
  モモ・コーポレーション 22   ウォルト・ハンスゲン 1 ロータス 18 クライマックス FPF 2.5L L4
  リヴェントロウ・オートモビルズ・インク 23   チャック・デイ スカラブ F1 スカラブ 2.5L L4
  ジム・ホール 24   ジム・ホール ロータス 18 クライマックス FPF 2.5L L4
  フレッド・アームブラスター 25   ピート・ラヴリー クーパー T45 フェラーリ Tipo107 2.5L L4
ソース:[7]
追記

結果編集

予選編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム
1 5   スターリング・モス ロータス-クライマックス 1:54.4
2 2   ジャック・ブラバム クーパー-クライマックス 1:55.0 + 0.6
3 16   ダン・ガーニー BRM 1:55.2 + 0.8
4 15   ヨアキム・ボニエ BRM 1:55.6 + 1.2
5 12   ジム・クラーク ロータス-クライマックス 1:55.7 + 1.3
6 11   ジョン・サーティース ロータス-クライマックス 1:55.8 + 1.4
7 10   イネス・アイルランド ロータス-クライマックス 1:57.0 + 2.6
8 7   オリビエ・ジャンドビアン クーパー-クライマックス 1:57.2 + 2.8
9 6   トニー・ブルックス クーパー-クライマックス 1:57.3 + 2.9
10 3   ブルース・マクラーレン クーパー-クライマックス 1:57.4 + 3.0
11 17   グラハム・ヒル BRM 1:57.6 + 3.2
12 24   ジム・ホール ロータス-クライマックス 1:58.2 + 3.8
13 9   フィル・ヒル クーパー-クライマックス 1:58.8 + 4.4
14 8   ヘンリー・テイラー クーパー-クライマックス 1:59.0 + 4.6
15 14   ロイ・サルヴァドーリ クーパー-クライマックス 1:59.6 + 5.2
16 26   ヴォルフガング・フォン・トリップス クーパー-マセラティ 2:01.4 + 7.0
17 21   ブライアン・ネイラー クーパー-マセラティ 2:02.2 + 7.8
18 23   チャック・デイ スカラブ 2:02.6 + 8.2
19 18   モーリス・トランティニアン クーパー-マセラティ 2:03.2 + 8.8
20 25   ピート・ラヴリー クーパー-フェラーリ 2:03.4 + 9.0
21 4   ロン・フロックハート クーパー-クライマックス 2:04.4 + 10.0
22 20   ボブ・ドレーク マセラティ 2:05.4 + 11.0
23 19   イアン・バージェス クーパー-マセラティ 2:06.6 + 12.2
ソース:[8]

決勝編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 5   スターリング・モス ロータス-クライマックス 75 2:28:52.2 1 8
2 10   イネス・アイルランド ロータス-クライマックス 75 + 38.0 7 6
3 3   ブルース・マクラーレン クーパー-クライマックス 75 + 52.0 10 4
4 2   ジャック・ブラバム クーパー-クライマックス 74 + 1 Lap 2 3
5 15   ヨアキム・ボニエ BRM 74 + 1 Lap 4 2
6 9   フィル・ヒル クーパー-クライマックス 74 + 1 Lap 13 1
7 24   ジム・ホール ロータス-クライマックス 73 + 1 Lap 12
8 14   ロイ・サルヴァドーリ クーパー-クライマックス 73 + 2 Laps 15
9 26   ヴォルフガング・フォン・トリップス クーパー-マセラティ 72 + 3 Laps 16
10 23   チャック・デイ スカラブ 70 + 5 Laps 18
11 25   ピート・ラヴリー クーパー-フェラーリ 69 + 6 Laps 20
12 7   オリビエ・ジャンドビアン クーパー-クライマックス 69 + 6 Laps 8
13 20   ボブ・ドレーク マセラティ 68 + 7 Laps 22
14 8   ヘンリー・テイラー クーパー-クライマックス 68 + 7 Laps 14
15 18   モーリス・トランティニアン クーパー-マセラティ 66 + 9 Laps 19
16 12   ジム・クラーク ロータス-クライマックス 61 + 14 Laps 5
Ret 17   グラハム・ヒル BRM 34 ギアボックス 11
Ret 19   イアン・バージェス クーパー-マセラティ 29 イグニッション 23
Ret 21   ブライアン・ネイラー クーパー-マセラティ 20 エンジン 17
Ret 16   ダン・ガーニー BRM 18 コアプラグ 3
Ret 4   ロン・フロックハート クーパー-クライマックス 11 トランスミッション 21
Ret 6   トニー・ブルックス クーパー-クライマックス 6 スピンオフ 9
Ret 11   ジョン・サーティース ロータス-クライマックス 3 アクシデント 6
ソース:[9]
ラップリーダー[10]

ランキング編集

  • : トップ5のみ表示。ベスト6戦のみがカウントされる。ポイントは有効ポイント、括弧内は総獲得ポイント。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Weather information for the "1960 United States Grand Prix"”. The Old Farmers' Almanac. 2013年6月26日閲覧。
  2. ^ (林信次 1999, p. 100)
  3. ^ a b (林信次 1999, p. 101)
  4. ^ (林信次 1999, p. 99)
  5. ^ a b (林信次 1999, p. 103)
  6. ^ 次期コルベットのミッドシップ化に影響を与えたコンセプトカーたち”. Carnnyマガジン (2017年3月17日). 2018年3月21日閲覧。
  7. ^ USA 1960 - Race entrants”. statsf1.com. 2018年3月21日閲覧。
  8. ^ USA 1960 - Qualifications”. statsf1.com. 2018年3月20日閲覧。
  9. ^ 1960 United States Grand Prix”. formula1.com. 2014年12月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月20日閲覧。
  10. ^ USA 1960 - Laps led”. statsf1.com. 2018年3月19日閲覧。

参照文献編集

  • 林信次『F1全史 1956-1960』ニューズ出版、1999年。ISBN 4-938495-27-9

外部リンク編集