1986年の全日本ツーリングカー選手権

1986年の全日本ツーリングカー選手権
前年: 1985 翌年: 1987

1986年の全日本ツーリングカー選手権(JTC)は、全日本ツーリングカー選手権2年目のシーズンで、1986年3月22・23日に西日本サーキットで開幕し、11月28・29日に鈴鹿サーキットで閉幕した全6戦のシリーズである。

シリーズ概要編集

日産は、DR30型スカイラインRSで参戦し、ニスモ鈴木亜久里が2勝し、2代目シリーズチャンピオンを獲得した。

この年から三菱ワークスが、三菱・スタリオンで参戦。今シーズンは1勝をあげた。さらに翌年は高橋国光/中谷明彦組のスタリオンが、2勝を上げる好成績を残した。

対する外国車勢はBMWとボルボが参戦。アンデルス・オロフソンジョニー・チェコットがドライブするボルボが第5戦インターTECで優勝し、ボルボはインターTEC2連覇を達成した。またレイントンハウスがベンツを導入し、ドライバーも萩原光黒澤元治を推し外国車勢の一角として注目されたが、決勝ではトラブルに泣き完走することが出来なかった。また萩原がSUGOでのテスト中の事故により亡くなる事故が起きてしまい、影山正彦がドライバーを務めた。

トヨタは前年から参戦中のトヨタ・カローラレビン(AE86型)に加えカローラ・FXも投入し、レビン、FXそれぞれ1勝ずつ上げた。

スケジュール及び勝者編集

開催日 ラウンド サーキット 優勝ドライバー 優勝チーム 優勝車両
3月23日 1 西日本サーキット  和田孝夫  鈴木亜久里 ニスモ 日産・スカイライン
4月26日 2 スポーツランドSUGO  星野薫  高木正己 オブジェクトT トヨタ・カローラレビン
8月31日 3 筑波サーキット  高橋国光  中谷明彦 ラリーアート 三菱・スタリオン
9月20日 4 西仙台ハイランド  関谷正徳  鈴木利男 トムス トヨタ・カローラFX
11月8日 5 富士スピードウェイ  ジョニー・チェコット  アンデルス・オロフソン RAS ボルボ・240
11月29日 6 鈴鹿サーキット  和田孝夫  鈴木亜久里 ニスモ 日産・スカイライン

参照編集

外部リンク編集