レイトンハウスLeyton House)は、1980年代後半から1990年代前半の「バブル景気」期にかけてF1F3000スポーツカー世界選手権などの国際格式のレースで世界的に活躍した日本の企業及びその傘下のレーシングチームである。また同名のアパレルも展開し一世を風靡した。

レイトンハウス
エントリー名 レイトンハウス・レーシング
チーム国籍 イギリスの旗 イギリス
チーム本拠地 イギリスの旗 イギリス (イングランドの旗 イングランド) オックスフォードシャー ビスター
主なチーム関係者 日本の旗 赤城明
イギリスの旗 エイドリアン・ニューウェイ
オーストリアの旗 グスタフ・ブルナー
主なドライバー イタリアの旗 イヴァン・カペリ
ブラジルの旗 マウリシオ・グージェルミン
オーストリアの旗 カール・ヴェンドリンガー
以前のチーム名称 レイトンハウス・マーチ・レーシング・チーム (1987 - 1989)
撤退後 マーチ・F1 (1992)
F1世界選手権におけるチーム履歴
参戦年度 1990 - 1991
出走回数 30
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズ
タイトル
0
優勝回数 0
通算獲得ポイント 8
表彰台(3位以内)回数 1
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
F1デビュー戦 1990年アメリカGP
最後のレース 1991年オーストラリアGP
テンプレートを表示
レイトンハウス株式会社
Leyton House Co., Ltd.
本社所在地 日本の旗 日本
東京都港区
設立 1986年
事業内容 アパレル、レーシングチーム運営など
代表者 赤城明
主要株主 丸晶興産
主要子会社 レイトンハウス音楽産業
関係する人物 萩原任 岩渕秀信
特記事項:元社名:メーベル商会
テンプレートを表示

沿革編集

スポンサー開始編集

不動産会社「丸晶興産」の社長で、オフィスビルやゴルフ場を経営し、ホテルレイトンや照明器具落下事故で有名になった六本木ディスコトゥーリア」の経営や地上げを行うなど、手広く事業を展開していた実業家の赤城明が、スポンサー獲得のために飛び込み営業で訪問してきたレーシングドライバー萩原光とその弟である萩原任兄弟の求めに応じ、1984年の秋から全日本選手権クラスのレーシングチームのスポンサーとなった。

レイトンハウスブランド編集

当初は「丸晶興産」あるいは同社の子会社の「メーベル商会」名義でスポンサーを行っていたが、「レーシングカーに漢字やカタカナは格好悪い」という社員の意見から、1985年の後半よりイギリスウォルサム・フォレスト・ロンドン特別区にある「レイトン」という地名をもとに「レイトンハウス」のブランドを使い始めた。なお、レイトンハウスのブランド名はメーベル商会の女性社員が考案したと言われている。

1985年ル・マン24時間レースに参戦するトムスのスポンサーになった際に、トムス社長の舘信秀に「レイトンハウスって何ですか?」と聞かれた丸晶興産幹部の赤尾広三は「いや、実体はまだないんですよ。それはこれから作りますから」と答えたという[1]

活動拡大編集

 
レイトンハウスのポルシェ962C

1986年シーズンには富士グランチャンピオンレース全日本F3選手権全日本F2選手権(→全日本F3000選手権)、全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権全日本ツーリングカー選手権といった全ての国内選手権クラスのレースへの同時参戦を開始し、それに合わせる形で子会社の「メーベル商会」の社名を「レイトンハウス」に正式に変更した。

しかし、レイトンハウスの名前を冠したレーシングチームを立ち上げたばかりの1986年4月、チームの顔である萩原光がスポーツランドSUGOでのメルセデス・ベンツ190E2.3-16のマシンテスト中に事故死。ここでスポンサーを辞めてレース界から退くという選択肢もあったが、萩原の遺族の意向もあり、赤城はレーシングチームの運営を続行した。萩原の死後、全日本F2活動を休止していた期間に、赤城はレイトンハウスがスポンサーとなっていたトムスが参戦するルマン24時間レースと、前年にそのトムスのグループC参戦ドライバーだったことで同じくレイトンハウスが支援していた中嶋悟が参戦中の国際F3000選手権を見るために欧州入りしていた。そこで国際F3000にタイヤを供給していたブリヂストンのモータースポーツ部門トップである安川ひろしから、既にF1スポット参戦歴も持つイヴァン・カペリを紹介されていた[2]。紹介した時の安川に他意は無かったが、赤城が見たイモラでのレースでカペリはポールポジションを獲得し、表彰台に立っていた。赤城はカペリの性格や人間性を大いに気に入り、萩原の後任としてレイトンハウスのドライバーとして迎え入れ全日本F2へ復帰。カペリは日本で参戦した3レース中、2度表彰台に立つ活躍を見せ、国際F3000ではシリーズチャンピオンを獲得。翌年からのカペリ起用を内定していたマーチF1をレイトンハウスがスポンサードしていくことにも繋がっていった[2]

アパレル展開開始編集

社名変更と時を同じくして「レイトンハウス」ブランドによるアパレル展開もスタートした。なお当初「レイトンハウス」ブランドのアパレルは、東京都内の本店ブティックにおいて、「レイトンブルー」と呼ばれたチームカラーのブルーをあしらった男性向けのブルゾントレーナーポロシャツを中心に展開した。その後女性や子供向けのアパレルにも展開を拡大したほか、首都圏やサーキット内へのブティックの出店を進めていくことで売り上げが増大した。

F1参戦編集

1987年に、F3000やF3などのフォーミュラカーを中心として活躍していたイギリスの名門のレーシングカーコンストラクターであるマーチと提携する形で「レイトンハウス・マーチ・レーシング」としてF1に進出した。ドライバーは前年途中でレイトンハウスF2に加入したイヴァン・カペリの1台体制で、カペリは国際F3000選手権チャンピオン獲得者であることから、F1フル参戦に必要なスーパーライセンスの所持者でもあった。

F1初年度は非力な自然吸気エンジンであるコスワースDFZを搭載したマシンであったものの、カペリの奮闘もあり同年のモナコグランプリで早くも6位初入賞を挙げた。1988年には空力に優れ、自然吸気エンジンながら高い安定性を持つジャッドエンジンを搭載した新型マシン、マーチ・881を投入しマウリシオ・グージェルミンを加え2台体制となり、終盤にはトップ争いに食い込む活躍を見せた。さらに1989年にはマーチを買収して「レイトンハウス・レーシング」とし、1990年からコンストラクター名称も「レイトンハウス」に変更した。

事業拡大編集

チームの好調振りに合わせるかのようにアパレル事業も順調に発展、一時は首都圏やサーキットのみならず、全国の大都市にブティックを展開し、アパレル事業単体で年商20億円を超えるビジネスに発展した。

ついには親会社の丸晶興産がマクラーレンのスポンサーとしても知られた西ドイツの老舗紳士服ブランド「ヒューゴ・ボス」を400億円で買収するという話までになった。なお、ヒューゴ・ボスは1982年よりマクラーレンチームのスポンサーであったため、この買収によって丸晶興産は傘下となったヒューゴ・ボスを通じてマクラーレンのスポンサーにもなり、F1の2チームにかかわることとなる。

また、親会社の本業の不動産でも横浜市に「レイトンハウス」の名を冠した高級賃貸マンションや、釧路市で式場併設のホテルレイトン(釧路全逓会館〈ホテルユニオン〉を買収)も展開するなど、レイトンハウスブランドを積極的に展開していった。

F1参戦前年の1986年にはレコードレーベル「レイトンハウス音楽産業」を設立。同年末にはホノルルマラソン冠スポンサーとなり大会名称がレイトンハウス・ホノルルマラソンとして開催された。1990年にはポッカコーポレーション(現・ポッカサッポロフード&ビバレッジ)から「レイトンハウスF1ドリンク」というスポーツドリンクが発売され話題になった他、文房具に至るまで様々なグッズも販売された。

チーム崩壊・倒産編集

 
イヴァン・カペリがドライブするCG9111991年アメリカGP

しかし1991年バブル景気の崩壊と共に資金繰りが悪化し、9月にチーム代表の赤城明富士銀行赤坂支店の不正融資事件に関与したとして逮捕されると、レイトンハウスに資金供給していた海外の金融会社からの送金がストップ[3]。同年のシーズン終了後に赤城はF1チームのオーナー権を手放さざるを得なくなった。

また資金不足に陥ったチームはシーズン終盤に、全日本F2選手権時代からの関係であったカペリに代わり[注釈 1]、スポンサーを持ち込んだカール・ヴェンドリンガーを採用せざるを得なくなってしまった[注釈 2]。F1とともに参戦していた全日本F3000選手権からも撤退し、5年契約を結んでいたイルモアエンジンとの関係も、イルモア側からの希望により解消となった[4]

1992年にはチームマネージャーの萩原任(萩原光の弟)らがレイトンハウスの全日本F3000部門を受け継ぐ形で「萩原レーシング」の名称で全日本F3000での活動を継続したものの、同年一杯で全日本F3000での活動を停止。これにより「レイトンハウス」の名前を冠したレーシングチームは事実上消滅し、以後は同チームの元スタッフらがジュニア・フォーミュラを中心とした育成カテゴリーで活動していくことになる。

企業としてのレイトンハウス並びに丸晶興産はその後も事業を継続したが、ヒューゴ・ボスや多くの資産を手放さざるを得なくなったうえ、1998年6月に丸晶興産は債権者からの申し立てにより破産宣告を受けた(負債総額は約1,670億円)。

現在編集

丸晶興産の倒産後、レイトンハウスの商標は同年10月に三誠商事に譲渡されており[5]、現在同社が同ブランド名で主にスポーツウェア・シューズ類の製造・販売を継続している。ただし2009年現在レイトンハウスという商標には三誠商事以外にも静岡県の個人が保有しているものが存在しており[6]、三誠商事による無効の申立も却下されているため[7]、今後同社以外からレイトンハウスブランドによる商品が発売される可能性もある。

なお三誠商事では、2016年からブランドを復活させており[8]、公式サイトでは当時のロゴとレイトンブルーを使用したアパレル製品を購入することが出来る。

2018年8月10日、設立者であった赤城明が死去。72歳没[9]

チームカラー編集

「レイトンブルー」編集

エメラルドグリーンに近いパステルカラーの「レイトンブルー」をチームカラーとし、同チームのマシンだけでなく、同時に全国的に展開したアパレルも全て「レイトンブルー」に統一したため、現在でもこのカラーがバブル景気期のモータースポーツシーンを象徴する色として語られることが多い。なおこの色は、ホンダ・シティ・カブリオレのボディカラーにあった「マイアミ・ブルー」を赤城がコーポレートカラーとして採用したものだという[10]

ロゴマーク編集

当初のロゴマークには「LEYTON」と「HOUSE」のロゴの間に黒人が頭の上に荷物を乗せて歩く姿が描かれていたものの、ヨーロッパでのレース参戦時に「黒人奴隷を想像させ人種差別的」との指摘を受け1987年以降削除された。ただし商標登録上は現在も黒人の姿が残されており[11]特許電子図書館の商標データベースで確認できるほか、復刻版のアパレルでは黒人の姿が描かれたロゴマークが使用されている。

参戦カテゴリー編集

スポンサーシップを受けたドライバー編集


脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ カペリはシートをヴェンドリンガーに譲った後もチームに残っており、最終戦までレイトンハウスのピット内でチームの一員として帯同した。
  2. ^ なお、「赤城が逮捕された直後に開催された1991年のF1日本GPと最終戦のオーストラリアGPでは、レイトンハウスのロゴを消して出走した」という説が出回ったが、これは事実ではない。この2戦でもフロントノーズにロゴが掲出されており、フロントノーズ以外の他の部分がヴェントリンガーの持ち込んだスポンサーに変更された。チームウェアやドライバースーツも最終戦まで変更なくロゴは掲出された。

出典編集

  1. ^ 『ル・マン 偉大なる草レースの挑戦者たち』P71。
  2. ^ a b MARCH グランプリ・エクスプレス1987年日本GP号 26-27頁 山海堂 1987年11月15日発行
  3. ^ レース活動に暗雲、大揺れのレイトンハウス F1GPX 1991ポルトガルGP号 31頁 山海堂 1991年10月12日発行
  4. ^ レイトンハウスF3000撤退 イルモアとの関係も終了へ FGPX 1991ポルトガルGP号 31頁 山海堂 1991年10月12日発行
  5. ^ 三誠商事会社案内
  6. ^ 商標第2724319号。存続期間は2009年4月23日に満了する。
  7. ^ 無効2000-35390
  8. ^ バブルの申し子 LEYTON HOUSE 復活! - 三誠商事
  9. ^ レイトンハウス設立者の赤城明さんが亡くなる。バブル期のモータースポーツ界を席巻 - autosport web 2018年8月9日
  10. ^ 三栄書房「GP CAR Story Vol.6 マーチ881・ジャッド」(ISBN 978-4-7796-2021-8) p.88
  11. ^ 商標第4532977号、第4597724号、第4615814号、第4692811号、第4707323号

関連項目編集

参考文献編集

  • 黒井尚志著『ル・マン 偉大なる草レースの挑戦者たち』集英社

外部リンク編集