鈴木 利男(すずき としお、1955年3月10日 - )は、日本レーシングドライバー実業家埼玉県出身。身長170cm、血液型B型

鈴木 利男
Toshio Suzuki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県
生年月日 (1955-03-10) 1955年3月10日(68歳)
F1での経歴
活動時期 1993
所属チーム ラルース
出走回数 2
タイトル 0
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1993年日本GP
初勝利 -
最終勝利 -
最終戦 1993年オーストラリアGP
テンプレートを表示

プロフィール 編集

デビュー 編集

1975年と1976年に全日本カート選手権シリーズチャンピオンとなり、1978年にFL500で四輪レースデビュー。1979年に日本F3チャレンジカップ(全日本F3選手権)の初代チャンピオンを獲得。その後、イギリスF3にも参戦した。

活躍 編集

 
トヨタTS020

その後1980年代から2000年代にかけて、全日本F2選手権全日本F3000選手権フォーミュラ・ニッポン全日本ツーリングカー選手権全日本GT選手権と、全日本選手権格式の様々なレースで活躍し、数々の優勝や表彰台圏内の上位入賞を果たした。

F1 編集

 
ラルースLH93

1987年ホンダF1エンジンのテストドライバーとして国内でのF1エンジンテストを担当した[1]。38歳となった1993年には、全日本F3000選手権や全日本ツーリングカー選手権で常に上位を走る円熟の走りに加えてユニバーサルエンターテインメントからスポンサー支援を受けていた鈴木に資金難に陥っていたラルースチームが白羽の矢を立て、1993年のF1終盤2戦の日本GPオーストラリアGPにスポット参戦し、パワーに劣るマシンの為下位ながら2戦とも完走を果たした。なお、このラルースでのスポット参戦が実現したきっかけは、日産のグループCカーのテストでポール・リカール・サーキットを訪れた際に鈴木が「そういえばラルースチームはここから近いんだよね、ちょっとでいいからここでF1に乗せてもらえないかな」とコメントしていたことがジェラール・ラルースの耳まで届いた事で動き始め、9月のイタリアグランプリから参戦する可能性もあった。鈴木はモンツァでイタリアGPを現地視察し、直後にシート合わせとテスト走行を経ての日本GPデビューだった。ラルース・LH93に乗った感想を「今までいろいろなカテゴリーに乗ってきて、このF1の挙動が一番レーシングカートに似てましたね」と語った[2]

1994年、日本人実業家と共同でパシフィックに資本参加する形で、ドライバーとして長期にわたってチームに関わる計画が立てられたが、テストドライブの段階に来て計画が頓挫した。同年秋には無限ホンダエンジンを搭載するチーム・ロータスF1日本GPでのスポット参戦交渉をしたと報じられるも、結果的にロータスのピーター・コリンズミカ・サロの起用を決めたため実現に至らなかった[3]。同時期には前年パイプが出来ていたラルースとも交渉し、翌'95年のレギュラシートも含めた参戦を模索していると報じられたが、ラルースが1995年開幕前にF1撤退となったため幻となった[4]

さらなる活躍 編集

世界三大レースの一つに数えられるル・マン24時間レースにもワークスやプライベートで多数参戦し、1999年には総合2位を獲得したほか、1992年デイトナ24時間レースでは、林義正水野和敏が率いる日産自動車ワークスにて、星野一義長谷見昌弘と共に日本人ドライバーによる日本車初優勝を成し遂げた。

またの1995年には、デビューイヤーながら3勝を挙げた高木虎之介を抑え、全日本F3000選手権でシリーズチャンピオンを獲得した。なお全日本F3000はこの年限りで終了しフォーミュラ・ニッポンへと移行したため、鈴木が最後のチャンピオンとなった。

この他、1996年にはNASCARブッシュシリーズ、Meridian Advantage 200(ナザレス・スピードウェイ)にスポット参戦し、終盤にクラッシュしながらも33位でフィニッシュした[5]

2008年、東海大学工学部動力機械学科のル・マンプロジェクトよりル・マン24時間レースに参戦した。また、イギリスの自動車番組「トップギア」の特番「世界の国民車」では、ダイハツ・コペン(L880K型)でホンダ・カブに乗ったジェームズ・メイと、出前そばの配達で競争している。コペンが用意された経緯は「鈴木氏はスズキに乗りたくないだろう」とのことで、その件には苦笑していた。

監督 編集

2006年9月には、ディレクシブのモータースポーツ界からの撤退に伴い、同チームを引き継ぐ形でSUPER GTに参戦するR&D SPORTの新チームのチーム監督に就任した。林義正との交流は現在でも続き、東海大学StudyCarのドライバーを務めている。また、同車により採取されたデータを元に製作される東海大学のプロトタイプレーシングカーのドライバーも兼務する。

現在 編集

2009年からは日産公認のGT-Rをはじめとする国内外のスポーツカーのメンテナンス・チューニング等を行うサービス工場、「NordRing(ノルドリンク)」の代表を務めている。また65歳を超えても引退はしておらず、2021年にもスーパー耐久黒澤琢弥らとともにトヨタ・スープラで参戦している。

GT-Rへの関わり 編集

2004年から水野和敏の下で開発が始まった日産・GT-Rのテストドライバーを務めていた。2008年4月17日にドイツニュルブルクリンクにて7分29秒3という当時の市販車最速タイムを記録し、さらに2009年4月23日には7分26秒70まで記録を更新した。2010年10月1日は、2011年式GT-Rで7分24秒22を記録している。ただ2013年3月に水野が日産を退社したため、それに合わせる形で鈴木もテストドライバーを退いている[6]

レース戦績 編集

FJ1300 編集

マシン 1 2 3 4 5 6 7 順位 ポイント
1977年 マーチ・743 SUZ FSW
SUZ
SUZ
SUZ
SUZ
SUZ
7
1978年 ノバ・513 SUZ
2
TSU
FSW
2
TSU
SUZ
TSU
SUZ
3

全日本F3選手権 編集

チーム シャーシ エンジン 1 2 3 4 5 6 7 順位 ポイント
1979年 UNI-PEX ヒーローズレーシング ラルト・RT-1 トヨタ・2T-G SUZ
4
FSW
2
TSU
1
FSW
16
SUZ
1
NIS
1
SUZ
2
1位 95

イギリス・フォーミュラ3選手権 編集

チーム シャシー エンジン タイヤ 車番 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 順位 ポイント
1980年 マーチ マーチ・803 アルファロメオ 12 SIL THR BRH THR SIL THR SNE SIL CAD SIL
9
BRH
10
SIL
8
BRH
15
NC 0
トヨタ・2T-G Nova OUL
10
SIL
Ret
SIL
11
MAR SIL OUL THR
1981年 マーチ マーチ・813 トヨタ・2T-G B 11 SIL
8
THR
9
SIL
9
MAR
Ret
THR
7
THR
10
SNE
8
SIL
20
CAD SIL
12*
SIL
Ret
BRH
Ret
SIL
5
MAR
16
OUL
6
SIL
Ret
OUL SIL SNE THR THR 17位 3
  • * : ヨーロッパF3選手権との合同レース

全日本F2選手権/全日本F3000選手権/フォーミュラ・ニッポン 編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
1980年 UNI-PEX ヒーローズ マーチ792 SUZ NIS SUZ SUZ C SUZ
ret
SUZ NC 0
1982年 UNI-PEX ヒーローズ トールマンローラ・T850英語版 SUZ
FSW
SUZ
SUZ
Ret
SUZ
9
SUZ
12
22位 2
1983年 ixi:z ウチダレーシング SUZ FSW NIS SUZ
Ret
SUZ
6
FSW
Ret
SUZ
9
SUZ
10
13位 9
1984年 MARTINI チームルマン SUZ
5
FSW
8
NIS
3
SUZ
7
SUZ
9
FSW
Ret
SUZ
10
SUZ
Ret
8位 30
1987年 EPSON ヒーローズレーシング SUZ
3
FSW
Ret
MIN
1
SUZ
5
SUZ
6
SUG
8
FSW
2
SUZ
Ret
SUZ
5
5位 72
1989年 CABIN RACING with HEROES SUZ
7
FSW
Ret
MIN
12
SUZ
13
SUG
8
FSW
20
SUZ
17
SUZ
6
17位 1
1990年 SUPER EVOLUTION RACING TEAM SUZ
20
FSW MIN
14
SUZ
11
SUG
8
FSW
11
FSW
Ret
SUZ
22
FSW
11
SUZ
12
NC 0
1991年 UNIVERSAL RACING SUZ
11
AUT
DNS
FSW
8
MIN
5
SUZ
5
SUG
9
FSW
DNQ
SUZ
11
FSW
C
SUZ
12
FSW
11
15位 4
1992年 SUZ
Ret
FSW
Ret
MIN
Ret
SUZ
7
AUT
Ret
SUG
2
FSW
2
FSW
1
SUZ
17
FSW
1
FSW
Ret
2位 30
1993年 SUZ
6
FSW
4
MIN
Ret
SUZ
Ret
AUT
C
SUG
4
FSW
C
FSW
1
SUZ
3
FSW
5
SUZ
Ret
5位 22
1994年 MIRAI CORPORATION SUZ
7
FSW
6
MIN SUZ SUG FSW SUZ FSW FSW SUZ 15位 1
1995年 HOSHINO RACING SUZ
5
FSW
C
MIN
2
SUZ
1
SUG
Ret
FSW
3
TOK
6
FSW
3
SUZ
1
1位 34(35)
1996年 かもめサービス RACING with IMPUL SUZ
18
MIN
Ret
FSW
12
TOK
11
SUZ
9
SUG
10
FSW
7
MIN
4
SUZ
3
FSW
Ret
12位 7
1997年 かもめサービス with MIRAI SUZ
8
MIN
5
FSW
7
SUZ
Ret
SUG
4
FSW
16
MIN
9
TRM
8
FSW
Ret
SUZ
9
13位 5

F1 編集

チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 WDC ポイント
1993年 ラルース LH93 RSA BRA EUR SMR ESP MON CAN FRA GBR GER HUN BEL ITA POR JPN
12
AUS
14
NC 0

全日本耐久選手権/全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権 編集

所属チーム コ.ドライバー 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 順位 ポイント
1983年 チームイクザワ   ジェフ・リース
  デレック・デイリー
トムス・83C/トヨタ C SUZ SUZ FSW
DNS
NC 0
1984年 パナスポーツ・ジャパン   中子修 LM・04C/日産 C1 SUZ
Ret
TSU SUZ
Ret
FSW
Ret
NC 0
1985年 童夢   ジェフ・リース
  エイエ・エリジュ
童夢・85C/トヨタ C1 SUZ FSW
6
13位 29
アルファキュービック・レーシング   高原敬武
  戸谷千代三
ポルシェ・956 FSW
5
SUZ
8
FSW
3
ミサキスピード   星野薫 トムス・85C/トヨタ FSW
/7/
1986年 ミノルタ トヨタ・トムス   小河等 C1 SUZ
9
2
  小河等
  星野薫 (Rd.5)
トムス・86C/トヨタ FSW
24
FSW
Ret
トムス   ジェフ・リース
  関谷正徳
FSW
Ret
FSW
Ret
SUZ
Ret
1988年 パーソンズ・レーシング with CABIN   和田孝夫 (Rd.3)
  アンデルス・オロフソン (Rd.3)
  森本晃生 (Rd.6)
日産・R86V C1 FSW SUZ FSW
9
FSW FSW
Ret
47位 2
NISMO   星野一義
  高橋健二
日産・R88C SUZ
Ret
1989年   星野一義 C1 FSW
Ret
FSW
6
27位 6
  星野一義 日産・R89C FSW
Ret
SUZ
DNS
FSW
Ret
1990年   星野一義 日産・R90CP C1 FSW
4
FSW
C
FSW
3
SUZ
1
SUG
4
FSW
2
4位 67
1991年   星野一義 日産・R91CP C1 FSW
1
FSW
1
FSW
2
SUZ
Ret
SUG
11
FSW
1
SUG
3
2位 87
1992年   星野一義
  和田孝夫
日産・R92CP C1 SUZ
9
FSW
1
FSW
1
SUG
1
FSW
1
2位 83
  ジェフ・クロスノフ 日産・NP35 C MIN
4
6位 10
1993 伊太利屋 チーム・ルマン   和田孝夫 日産・R92CP C1 FSW
C
TOK
C
SUZ
1
SUG
C
FSW
C
MIN
C
NC NC

全日本ツーリングカー選手権(JTC) 編集

チーム コ.ドライバー 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
1985年 ミノルタ トムス   関谷正徳 トヨタ・カローラ DIV.1 SUG TSU NIS
3
SUZ
4
FSW
8
1986年   関谷正徳 DIV.1 NIS
2
SUG
Ret
TSU
1
SEN
1
FSW
Ret
SUZ
Ret
1987年 EPSON Nakajima   佐藤浩二 ホンダ・シビック DIV.1 NIS
3
SEN
4
TSU
2
SUG
8
FSW
Ret
SUZ
2
1988年 オロナミンC Nakajima   佐藤浩二 JTC-3 SUZ NIS
1
SEN
3
TSU
7
SUG
1
FSW
Ret
1989年 無限   中子修 JTC-3 NIS
1
SEN
3
TSU
Ret
SUG
1
SUZ
Ret
FSW
Ret
3位
1990年 ホシノレーシング   星野一義 日産・スカイラインGT-R JTC-1 NIS
1
SUZ
1
TSU
2
SEN
1
AUT
1
FSW
1
1位 230
1991年   星野一義 JTC-1 SUG
1
SUZ
Ret
TSU
3
SEN
1
AUT
2
FSW
1
3位 174
1993年 NISMO   飯田章 JTC-1 MIN
5
AUT
5
SUG
3
SUZ
5
TAI
2
TSU
1
TOK
2
SEN
5
FSW
3
3位 106

全日本ツーリングカー選手権(JTCC) 編集

チーム 使用車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 順位 ポイント
1995年 NISMO 日産・サニー FSW1 FSW2 SUG1
23
SUG2
Ret
TOK1
11
TOK2
6
SUZ1
7
SUZ2
21
MIN1
Ret
MIN2
Ret
TAI1
21
TAI2
14
SEN1
8
SEN2
7
FSW1
NC
FSW2
Ret
17位 16

全日本GT選手権 編集

チーム コ.ドライバー 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 順位 ポイント
1994年 ZEXEL NISMO 日産・スカイラインGT-R GT1 FSW
Ret
SEN
6
FSW
6
SUG
2
MIN
Ret
10位 27
1995年 Johnson NISMO GT1 SUZ
2
FSW
4
SEN
6
FSW
2
SUG
5
MIN
7
3位 58
1996年 KURE 5-56 NISMO   近藤真彦 GT500 SUZ
6
FSW
Ret
SEN
17
FSW
5
SUG
3
MIN
10
11位 27
1997年 TOYOTA Castrol TEAM   関谷正徳 トヨタ・スープラ GT500 SUZ
3
FSW
6
SEN
3
FSW
3
MIN
3
SUG
4
3位 64
1998年 TOYOTA Castrol TEAM TOM'S   ケルビン・バート GT500 SUZ
7
FSW
C
SEN
6
FSW
11
TRM
Ret
MIN
10
SUG
2
9位 26
1999年   片山右京 GT500 SUZ
3
FSW
4
SUG
11
MIN
2
FSW
15
TAI
15
TRM
10
9位 38
2000年   荒聖治 GT500 TRM
9
FSW
Ret
SUG
8
FSW
14
TAI
12
MIN
9
SUZ
12
21位 7

ル・マン24時間レース 編集

チーム コ・ドライバー 使用車両 クラス 周回 総合順位 クラス順位
1985年   童夢   エイエ・エリジュ
  ジェフ・リース
童夢・85C-L-トヨタ C1 141 DNF DNF
1986年   エイエ・エリジュ
  ベッペ・ガビアーニ
童夢・86C-L-トヨタ C1 296 DNF DNF
1988年   伊太利屋スポーツ
  チーム・ルマン
  ミシェル・トロレ
  ダニー・オンガイス
マーチ・88S-日産 C1 74 DNF DNF
1989年   NISMO   星野一義
  長谷見昌弘
日産・R89C C1 167 DNF DNF
1990年   星野一義
  長谷見昌弘
日産・R90CP C1 348 5位 5位
1993年   トヨタ・チーム・トムス   エディ・アーバイン
  関谷正徳
トヨタ・TS010 C1 364 4位 4位
1995年   NISMO   星野一義
  影山正彦
日産 NISMO・GT-R LM GT1 157 DNF DNF
1996年   星野一義
  長谷見昌弘
GT1 307 15位 10位
1998年   トヨタ・モータースポーツ   片山右京
  土屋圭市
トヨタ・GT-One GT1 326 9位 8位
1999年   片山右京
  土屋圭市
LMGTP 364 2位 1位
2000年   テレビ朝日 チーム・ドラゴン   影山正彦
  影山正美
パノス・LMP-1 ロードスター-S LMP900 340 6位 6位
2008年   東海大学
  YGKパワー
  黒澤治樹
  影山正美
クラージュ-オレカ・LC70-YGK LMP1 185 DNF DNF

デイトナ24時間レース 編集

チーム コ・ドライバー 使用車両 クラス 周回 総合順位 クラス順位
1992年   NISMO   長谷見昌弘
  星野一義
  アンデルス・オロフソン
日産・R91CP LM 762 1位 1位

関連項目 編集

出典 編集

  1. ^ 1987年5月10日いまや幻となった西日本サーキットでの「セピア色の記憶・第7幕」ミラージュCUP「名人の部」第2戦&F3000オールスターレース 正岡貞雄ベストモータリングを創った男のブログ つれづれなるままにクルマ一代 2013年3月17日
  2. ^ 第3の日本人・鈴木利男 走り慣れた鈴鹿で期待大! (高橋二朗) F1日本グランプリ公式プログラム 81頁 鈴鹿サーキットランド 1993年10月発行
  3. ^ オートスポーツ NO.668 1994年12/1号 20頁「特集'94鈴鹿、日本人ドライバーの可能性」 三栄書房
  4. ^ '94-'95最新ストーブリーグ情報 F1グランプリ特集 vol.64 51頁 1994年10月16日発行
  5. ^ Toshio Suzuki - Stock Car Racing Wiki
  6. ^ 元日産GT-R開発責任者、水野和敏氏に聞く「日産GT-Rの真実」(前編) - CAR Watch・2013年7月4日

外部リンク 編集

タイトル
先代
―――
全日本F3選手権
1979年
次代
佐々木秀六
先代
マルコ・アピチェラ
全日本F3000選手権
1995年
次代
ラルフ・シューマッハ