和田 孝夫(わだ たかお、1953年6月24日 - )は、日本の元レーシングドライバーで、現在はレーシングショップ「WADA RACING SPORTS」を経営し、和田レーシングスクール(WRS)を主宰。神奈川県藤沢市出身。

略歴・人物編集

1972年にレースデビュー。ツーリングカーを出発点に国内頂点カテゴリーまで到達し、1979年には全日本フォーミュラ・パシフィック選手権でシリーズチャンピオンを獲得している。日産自動車系ドライバーで、横浜ゴム契約選手でもあった。

絶頂期には、全日本F3000選手権富士グランチャンピオンレース(富士GC)・全日本ツーリングカー選手権(グループA時代)・全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権(JSPC)と全日本選手権のメインシリーズの全てにレギュラー出場していた。

長らくヤンキー調のツッパリ・サングラスがトレードマークだった。

1979年鈴鹿サーキットで行われた全日本F2選手権第7戦において、B.ガビアーニのクラッシュに巻き込まれた。その際に、ガビアーニのマシンが和田の頭部を直撃し和田は意識不明の重体となった。偶然にも近くいた研修医の適切な処置の甲斐もあり一命を取り留めた。

富士スピードウェイで行われた1991年JSPC第4戦では伊太利屋日産R91VPにてホームストレート走行中にマシンが突然浮き上がった後に空中回転し炎上。マシンはすぐさま炎に包まれたが和田は自力脱出した。

非凡な才能があるだけではなく、このように幾多の激しいクラッシュに巻き込まれながらも復活を遂げており、ガッツあるレーサーとして人気を博した。

若い頃はパンチパーマやヤンキーサングラスといった暴走族風のファッションに加えて、長身強面の外見で近寄りがたい雰囲気であった反面、オートテクニックなどの雑誌でコーナーをもったりインタビューにも気さくに応じていた。また、ファンレターに対しては頻繁に返事を出していたという。

カート二輪出身ではなく、プライベーターのツーリングカーから日産セミワークス的存在や横浜タイヤのエースドライバーになった所謂ストリート上がりのレーシングドライバーであり、当時は一部の暴走族不良少年のカリスマ的存在であった。

伝説の優勝編集

1989年全日本F3000選手権・第5戦(菅生)で、50秒のリードを保ってトップをひた走っていた和田は終盤、最終コーナーで周回遅れのジェフ・リースをパスする際にコースオフしスピン。そのままコースを横切った際に、後ろから来た岡田秀樹がよけきれず、左リア同士をヒットした。岡田のマシンの左リアは脱落、和田のマシンも脱落こそしなかったものの、左リアサスペンションを曲げたままレースを続行した。

後ろからは中谷明彦が猛烈な追い上げをしていたが、和田はサスペンションが曲がった状態ながら中谷とほぼ同じタイムで走行。ところが最終ラップで曲がっていたハンマーアームが折れ、大幅にスピードダウン。たびたび体勢を崩しかけるも、追い上げる中谷を押さえ見事優勝。タイム差はわずか0.32秒だった。

レース戦績編集

全日本F3000選手権編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
1987年 ADVAN SPORT SHIGEYAMA RACING SUZ
14
FSW
8
MIN
10
SUZ
7
SUZ
DNS
SUG
7
FSW
9
SUZ
11
SUZ
Ret
12位 14
1988年 ADVAN SPORT PAL SUZ
5
FSW
7
MIN
Ret
SUZ
Ret
SUG
4
FSW
1
SUZ
6
SUZ
10
6位 15
1989年 SUZ
Ret
FSW
Ret
MIN
Ret
SUZ
10
SUG
1
FSW
16
SUZ
16
SUZ
Ret
7位 9
1990年 SUZ
Ret
FSW
4
MIN
Ret
SUZ
14
SUG
22
FSW
7
FSW
Ret
SUZ
Ret
FSW
Ret
SUZ
4
11位 6
1991年 SUZ
17
AUT
DNS
FSW
7
MIN
Ret
SUZ
DNQ
SUG FSW
DNQ
SUZ FSW SUZ FSW NC 0
1992年 NISSEKI RACING TEAM SUZ
DNQ
FSW
14
MIN
10
SUZ
12
AUT
8
SUG
13
FSW
6
FSW
16
SUZ
DNS
FSW
10
FSW
Ret
18位 1
1993年 SUPER EVOLUTION RACING TEAM SUZ
15
FSW
12
MIN
8
SUZ
14
AUT
C
SUG
12
FSW
C
FSW SUZ FSW SUZ NC 0

全日本耐久選手権/全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権編集

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 順位 ポイント
1983年 ポルシェ・935 FSW
Ret
SUZ
セントラル20レーシングチーム ルマン・LM03C/日産 FSW
DNQ
1984年 SUZ
19
TSU SUZ
Ret
FSW
Ret
1985年 ハセミモータースポーツ ルマン・LM04C/日産
マーチ・85G/日産
SUZ
Ret
FSW
Ret
FSW
13
SUZ
7
FSW
5
FSW
Ret
1986年 マーチ・85G/日産
マーチ・86G/日産
SUZ
Ret
FSW
3
FSW
Ret
FSW
15
SUZ
11
FSW
Ret
1987年 パーソンズレーシングチーム マーチ・86G/日産 SUZ
Ret
FSW
Ret
FSW
Ret
SUZ
21
FSW
13
SEN
C
FSW
4
1988年 マーチ・86G/日産
マーチ・88G/日産
FSW
Ret
SUZ
Ret
FSW
8
FSW
9
SUZ
Ret
伊太利屋スポーツ マーチ・88G/日産 FSW
Ret
1989年 キャビン・レーシングチームwithルマン FSW
Ret
FSW
7
FSW
Ret
SUZ
4
FSW
9
1990年 日産・R89C FSW
12
FSW
C
FSW
4
SUZ
Ret
SUG
12
FSW
Ret
1991年 チーム・ルマン 日産・R89C
日産・R90CP
FSW
4
FSW
Ret
FSW
Ret
SUZ
Ret
SUG FSW SUG 19位 10
1992年 ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル 日産・R92CP C1 SUZ FSW FSW SUG FSW MIN
1
13位 20

全日本GT選手権編集

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 順位 ポイント
1994年 KEN WOLF with TERAI ENG ランボルギーニ・カウンタック GT1 FSW
Ret
SEN
8
FSW
Ret
SUG
11
MIN
Ret
21位 3
1995年 ランボルギーニ・ディアブロ イオタ GT1 SUZ
15
FSW SEN
13
FSW
13
SUG
Ret
MIN
Ret
NC 0
1996年 KENWOLF with JLOC CORSA GT500 SUZ
Ret
FSW
Ret
SEN FSW
11
SUG
Ret
MIN
14
NC 0
1997年 JLOC CORSA ランボルギーニ・ディアブロ GT-1 GT500 SUZ FSW
Ret
SEN
Ret
FSW
14
MIN
Ret
SUG
13
NC 0
1998年 ランボルギーニ・ディアブロ イオタ GT500 SUZ
15
FSW
C
SEN FSW
17
TRM
Ret
MIN SUG
Ret
NC 0
1999年 ENDLESS SPORTS 日産・スカイラインGT-R GT500 SUZ
12
FSW
10
SUG
10
MIN FSW
16
TAI TRM 26位 2

ル・マン24時間レース編集

チーム コ・ドライバー 使用車両 クラス 周回 総合順位 クラス順位
1986年   ニッサン・モータースポーツ   ジェームス・ウィーバー
  長谷見昌弘
日産・R86V C1 285 16位 10位
1987年   長谷見昌弘
  鈴木亜久里
日産・R87E C1 117 DNF DNF
1988年   星野一義
  鈴木亜久里
日産・R88C C1 286 DNF DNF
1989年   チーム・ル・マン
  クラージュ・コンペティション
  森本晃生
  アンデルス・オロフソン
マーチ・88G-日産 C1 221 DNF DNF
1990年   チーム・ル・マン   アンデルス・オロフソン
  マウリツィオ・サンドロサーラ
日産・R89C C1 182 DNF DNF

関連項目編集

外部リンク編集