メインメニューを開く

1987年イギリスグランプリは、1987年F1世界選手権の第7戦として、1987年7月12日シルバーストン・サーキットで開催された。

イギリスの旗 1987年イギリスグランプリ
レース詳細
Silverstone 1987.jpg
日程 1987年シーズン第7戦
決勝開催日 7月12日
開催地 シルバーストン・サーキット
イギリス ノーサンプトンシャー
コース長 4.778km
レース距離 65周(310.570km)
決勝日天候 晴(ドライ)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1'07.110
ファステストラップ
ドライバー イギリスの旗 ナイジェル・マンセル
タイム 1'09.832(Lap 58)
決勝順位
優勝
2位
3位

目次

概要編集

アメリカグランプリを終え、ヨーロッパラウンドが再開されての2戦目で、フランスグランプリの翌週に開催されたレースである。

予選編集

予選ではウィリアムズネルソン・ピケが、地元イギリス出身でチームメイトのナイジェル・マンセルを7/100秒抑えてポールポジションを獲得した。リジェのピエルカルロ・ギンザーニは、金曜日に燃料切れでコース上にストップした際、メカニックがコース上で給油して再出走したために失格となり、更に罰金2000米ドルが課された[1]

決勝編集

マンセル逆転優勝編集

決勝は、他のチームのマシンを全く寄せ付けずウィリアムズの2台で優勝争いが行われた。ピケは序盤からレースをリードし、タイヤを労わりピットインをせずに最後まで走り切る戦略を取った。これは当時としては珍しい戦略であった。それに対し2位を走行するマンセルは35周目にピットイン[1]し、タイヤを交換した。

マンセルのピットインで2台の差は30秒まで広がった[1]が、マンセルは毎周1秒以上のペースでピケとの差を縮め、残り3周のストウ・コーナーで、マンセルはアウト側にマシンを振ってから急激にピケのインを突いて抜き去ることに成功し、逆転優勝を飾った。

ホンダ勢1-4位独占編集

レースはウィリアムズの2台が後続を引き離し、その背後にロータスのセナとマクラーレンのプロストが続いた。レースの半分を過ぎるとセナがプロストの前に出て、ホンダエンジン搭載車が1位から3位までを占めた。その背後にはプロストとフェラーリのアルボレート、スタートで順位を上げてフェラーリのベルガーとマクラーレンのヨハンソンを従えて走っていたロータスの中嶋の順で続いた。

上位陣はレース終盤までこの順位で進行したが、アルボレートとプロストが相次いでトラブルに見舞われると、6位を走行していた中嶋が4位に繰り上がり、ついにホンダエンジン搭載車の全4台が先頭から4位までを独占し、この4台はゴールまで走りきった。レース終盤には、競り合うウィリアムズの2台が3位のセナを周回遅れにし、ほぼ同時に中嶋を2周遅れにした。

ゴール後、中嶋が2周遅れになったことについて、ホンダ総監督の桜井淑敏フジテレビのインタビューの中で「燃料切れを避けるためにペースを落とした結果」だと述べた。元々このレースで中嶋は「レース前半(30周目前後まで)は燃費を気にせずに突っ走る」作戦をとったため[2]、レース中盤で既に「トップに2周遅れにされないと完走できない」ことが判明していた[3]。中嶋は、自身のベストラップを63周中の61周目に記録しており[4]、全出走車中で最もゴールに近いタイミングで自己ベストタイムを記録したドライバーだったが、これは58周目にトップから2周遅れにされて燃費の心配がなくなった中嶋が、ターボエンジンの過給圧を元に戻したことも関係している[5]

全13台がマシントラブルでリタイアし、完走は9台だった。また、この1987年にホンダ以外のエンジンでF1勝利を記録したチーム(フェラーリマクラーレン)の全4台もリタイアした。

結果編集

予選編集

順位 No ドライバー コンストラクタ 1回目 2回目
1 6   ネルソン・ピケ ウィリアムズホンダ 1'07.596 1'07.110
2 5   ナイジェル・マンセル ウィリアムズホンダ 1'07.725 1'07.180
3 12   アイルトン・セナ ロータスホンダ 1'09.255 1'08.181
4 1   アラン・プロスト マクラーレンTAG 1'08.577 1'09.492
5 20   ティエリー・ブーツェン ベネトンフォード 1'09.724 1'08.972
6 19   テオ・ファビ ベネトンフォード 1'10.264 1'09.246
7 27   ミケーレ・アルボレート フェラーリ 1'10.441 1'09.274
8 28   ゲルハルト・ベルガー フェラーリ 1'10.328 1'09.408
9 8   アンドレア・デ・チェザリス ブラバムBMW 1'10.787 1'09.475
10 2   ステファン・ヨハンソン マクラーレンTAG 1'10.242 1'09.541
11 7   リカルド・パトレーゼ ブラバムBMW 1'10.012 1'10.020
12 11   中嶋悟 ロータスホンダ 1'10.619 1'10.998
13 17   デレック・ワーウィック アロウズメガトロン 1'10.654 1'10.781
14 18   エディ・チーバー アロウズメガトロン 1'11.053 1'11.310
15 24   アレッサンドロ・ナニーニ ミナルディモトーリ・モデルニ 1'13.737 1'12.293
16 25   ルネ・アルヌー リジェメガトロン 1'12.503 1'12.402
17 9   マーティン・ブランドル ザクスピード 1'12.852 1'12.632
18 10   クリスチャン・ダナー ザクスピード 1'15.833 1'13.337
19 23   エイドリアン・カンポス ミナルディモトーリ・モデルニ 1'15.719 1'13.793
20 21   アレックス・カフィ オゼッラアルファロメオ 1'18.495 1'15.558
21 30   フィリップ・アリオー ローラフォード 1'16.770 1'15.868
22 4   フィリップ・ストレイフ ティレルフォード 1'17.208 1'16.524
23 3   ジョナサン・パーマー ティレルフォード 1'16.644 1'17.105
24 16   イヴァン・カペリ マーチフォード 1'17.122 1'16.692
25 14   パスカル・ファブル AGSフォード 1'19.163 1'18.237
失格 26   ピエルカルロ・ギンザーニ リジェメガトロン - -

決勝編集

順位 No ドライバー コンストラクタ 周回 タイム/リタイヤ グリッド ポイント
1 5   ナイジェル・マンセル ウィリアムズホンダ 65 1:19'11.780 2 9
2 6   ネルソン・ピケ ウィリアムズホンダ 65 + 1.918 1 6
3 12   アイルトン・セナ ロータスホンダ 64 +1 Lap 3 4
4 11   中嶋悟 ロータスホンダ 63 +2 Laps 12 3
5 17   デレック・ワーウィック アロウズメガトロン 63 +2 Laps 13 2
6 19   テオ・ファビ ベネトンフォード 63 +2 Laps 6 1
7 20   ティエリー・ブーツェン ベネトンフォード 62 +3 Laps 5  
8 3   ジョナサン・パーマー ティレルフォード 60 +5 Laps 23  
9 14   パスカル・ファブル AGSフォード 59 +6 Laps 25  
リタイヤ 4   フィリップ・ストレイフ ティレルフォード 57 エンジン 22  
NC 9   マーティン・ブランドル ザクスピード 54 規定周回数不足 17  
リタイヤ 1   アラン・プロスト マクラーレンTAG 53 エンジン 4  
リタイヤ 27   ミケーレ・アルボレート フェラーリ 52 サスペンション 7  
リタイヤ 18   エディ・チーバー アロウズメガトロン 45 エンジン 14  
リタイヤ 23   エイドリアン・カンポス ミナルディモトーリ・モデルニ 34 燃料システム 19  
リタイヤ 21   アレックス・カフィ オゼッラアルファロメオ 32 エンジン 20  
リタイヤ 10   クリスチャン・ダナー ザクスピード 32 ギアボックス 18  
リタイヤ 7   リカルド・パトレーゼ ブラバムBMW 28 ターボ 11  
リタイヤ 2   ステファン・ヨハンソン マクラーレンTAG 18 エンジン 10  
リタイヤ 24   アレッサンドロ・ナニーニ ミナルディモトーリ・モデルニ 10 エンジン 15  
リタイヤ 8   アンドレア・デ・チェザリス ブラバムBMW 8 ターボ 9  
リタイヤ 28   ゲルハルト・ベルガー フェラーリ 7 アクシデント 8  
リタイヤ 30   フィリップ・アリオー ローラフォード 7 ギアボックス 21  
リタイヤ 25   ルネ・アルヌー リジェメガトロン 3 アクシデント 16  
リタイヤ 16   イヴァン・カペリ マーチフォード 3 アクシデント 24  
失格 26   ピエルカルロ・ギンザーニ リジェメガトロン 0 除外 -  

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 「フジテレビオフィシャルF1イヤーブック 87-88」p.142 昭和62年12月21日刊 ISBN 4-594-00191-2
  2. ^ 海老沢泰久『F1走る魂』(文藝春秋1988年)pp.264 - 269
  3. ^ 『F1走る魂』pp.273 - 275
  4. ^ 「フジテレビオフィシャルF1イヤーブック 87-88」p.192 昭和62年12月21日刊 ISBN 4-594-00191-2
  5. ^ 『F1走る魂』p.277
  6. ^ 「フジテレビオフィシャルF1イヤーブック 87-88」昭和62年12月21日刊 ISBN 4-594-00191-2

関連項目編集