メインメニューを開く

2001年ブラジルグランプリ

2001年ブラジルグランプリ (XXX Grande Prêmio Marlboro do Brasil) は、2001年F1世界選手権の第3戦として、2001年4月1日にインテルラゴス・サーキットで開催された。

ブラジルの旗 2001年ブラジルグランプリ
レース詳細
2001年F1世界選手権全17戦の第3戦
Autódromo José Carlos Pace (AKA Interlagos) track map.svg
日程 2001年シーズン
決勝開催日 4月1日
正式名称 XXX Grande Prêmio Marlboro do Brasil
開催地 アウトドローモ・ホセ・カルロス・パーチェ
ブラジル, サンパウロ
コース長 4.309
レース距離 305.939
決勝日天候 Air Temp: 30°C
ポールポジション
ドライバー フェラーリ
タイム 1:13.780
ファステストラップ
ドライバー ドイツの旗 ラルフ・シューマッハ ウィリアムズ-BMW
タイム 1:15.693 (38周目)
決勝順位
優勝 マクラーレン-メルセデス
2位 フェラーリ
3位 ザウバー-ペトロナス

レース概要編集

エキサイティングなレースが繰り広げられ、3つの注目に値する出来事が生じた。その内の2つは追い越しの際に生じ、どちらもフェラーリミハエル・シューマッハが、セナ Sコーナーで引き起こした。

最初のアクシデントはレース序盤であった。マクラーレンミカ・ハッキネンがスターティンググリッドでストールし、セーフティーカーがコースに入った。セーフティーカーがコース上にあった間に、ルーキーのファン・パブロ・モントーヤはディフェンディングチャンピオンのシューマッハに追いついた。

インテルラゴスはルーベンス・バリチェロのホームコースと言うことで、彼のための観衆が集まっていた。バリチェロは問題を抱え、スペアカーに交換しなければならなかった。バリチェロは再スタート時にラルフ・シューマッハの後方に激突した。ラルフは低速でピットに戻り、リアウィングを交換するために時間を要した。その後彼はコースがウェットになった後、スピンしてリタイアした。

39ラップ目までにレースはモントーヤにとって夢のレースとなる予定であった。デビューイヤーでありながら、彼はミハエル・シューマッハに対して30秒以上の差を付けてレースをリードしていた[1]。しかしながら、その夢はヨス・フェルスタッペンをラップする際に崩壊した。フェルスタッペンはモントーヤの後方に付けていたが、ターン4のブレーキングで彼のアロウズはモントーヤのウィリアムズに突っ込み、両者共にリタイアすることとなった。

モントーヤのリタイア直後、雨が激しくなり皆がタイヤの交換を強いられた。何名かはレインタイヤに交換し、その他はインターミディエイトタイヤを選択した。

ミハエル・シューマッハはレースを通じてアンダーステアと苦闘しており、ピットストップ2回を計画していたが、1回のモントーヤとクルサードのペースで走行していた。しかしながら、速いピットストップの後に彼はまさしく狩りを行っていた。彼は燃料補給のためにもう一度ピットストップが必要であったが、タイヤを交換することもできた。クルサードは唯一のピットストップを行ったが、その時のラップは高価な物となった。

しかし、ドライタイヤに交換してピットレーンを出たシューマッハはスピンし、クルサードが直後に接近するのを許すこととなった。

これはこのレースで2番目の驚くべき追い抜きにつながった。クルサードはバックマーカーの助けを得てシューマッハをパスした。これは彼のチームメイト、ミカ・ハッキネン2000年ベルギーグランプリが行ったのに非常に良く似たものであった。

クルサードは勝利を勝ち取り、シューマッハは2位に入賞するため別の物に苦しんだ。そして、ニック・ハイドフェルドが自身初の、ザウバーにとっては1998年ベルギーグランプリジャン・アレジが獲得して以来の表彰台をもたらした。

結果編集

予選編集

順位 No ドライバー チーム 周回
1 1   ミハエル・シューマッハ フェラーリ 1:13.780 -
2 5   ラルフ・シューマッハ ウィリアムズ-BMW 1:14.090 +0.310
3 3   ミカ・ハッキネン マクラーレン-メルセデス 1:14.122 +0.342
4 6   ファン・パブロ・モントーヤ ウィリアムズ-BMW 1:14.165 +0.385
5 4   デヴィッド・クルサード マクラーレン-メルセデス 1:14.178 +0.398
6 2   ルーベンス・バリチェロ フェラーリ 1:14.191 +0.411
7 12   ヤルノ・トゥルーリ ジョーダン-ホンダ 1:14.630 +0.850
8 11   ハインツ=ハラルド・フレンツェン ジョーダン-ホンダ 1:14.633 +0.853
9 16   ニック・ハイドフェルド ザウバー-ペトロナス 1:14.810 +1.030
10 17   キミ・ライコネン ザウバー-ペトロナス 1:14.924 +1.144
11 9   オリビエ・パニス B・A・R-ホンダ 1:15.046 +1.266
12 10   ジャック・ヴィルヌーヴ B・A・R-ホンダ 1:15.180 +1.400
13 18   エディ・アーバイン ジャガー-コスワース 1:15.192 +1.412
14 19   ルチアーノ・ブルティ ジャガー-コスワース 1:15.371 +1.591
15 22   ジャン・アレジ プロスト-エイサー 1:15.437 +1.657
16 15   エンリケ・ベルノルディ アロウズ-アジアテック 1:15.657 +1.877
17 14   ヨス・フェルスタッペン アロウズ-アジアテック 1:15.704 +1.924
18 7   ジャンカルロ・フィジケラ ベネトン-ルノー 1:16.175 +2.395
19 21   フェルナンド・アロンソ ミナルディ-ヨーロピアン 1:16.184 +2.404
20 8   ジェンソン・バトン ベネトン-ルノー 1:16.229 +2.449
21 23   ガストン・マッツァカーネ プロスト-エイサー 1:16.520 +2.740
22 20   タルソ・マルケス ミナルディ-ヨーロピアン 1:16.784 +3.004

決勝編集

順位 No ドライバー チーム 周回 タイム グリッド ポイント
1 4   デヴィッド・クルサード マクラーレン-メルセデス 71 1:39:00.834 5 10
2 1   ミハエル・シューマッハ フェラーリ 71 +16.164 1 6
3 16   ニック・ハイドフェルド ザウバー-ペトロナス 70 +1 Lap 9 4
4 9   オリビエ・パニス B・A・R-ホンダ 70 +1 Lap 11 3
5 12   ヤルノ・トゥルーリ ジョーダン-ホンダ 70 +1 Lap 7 2
6 7   ジャンカルロ・フィジケラ ベネトン-ルノー 70 +1 Lap 18 1
7 10   ジャック・ヴィルヌーヴ B・A・R-ホンダ 70 +1 Lap 12  
8 22   ジャン・アレジ プロスト-エイサー 70 +1 Lap 15  
9 20   タルソ・マルケス ミナルディ-ヨーロピアン 68 +3 Laps 22  
10 8   ジェンソン・バトン ベネトン-ルノー 64 +7 Laps 20  
11 11   ハインツ=ハラルド・フレンツェン ジョーダン-ホンダ 63 電気系統 8  
リタイヤ 17   キミ・ライコネン ザウバー-ペトロナス 55 スピン 10  
リタイヤ 5   ラルフ・シューマッハ ウィリアムズ-BMW 54 スピン 2  
リタイヤ 23   ガストン・マッツァカーネ プロスト-エイサー 54 クラッチ 21  
リタイヤ 18   エディ・アーバイン ジャガー-コスワース 52 スピン 13  
リタイヤ 6   ファン・パブロ・モントーヤ ウィリアムズ-BMW 38 接触 4  
リタイヤ 14   ヨス・フェルスタッペン アロウズ-アジアテック 37 接触 17  
リタイヤ 19   ルチアーノ・ブルティ ジャガー-コスワース 30 エンジン 14  
リタイヤ 21   フェルナンド・アロンソ ミナルディ-ヨーロピアン 25 電気系統 19  
リタイヤ 15   エンリケ・ベルノルディ アロウズ-アジアテック 15 ハイドロリック 16  
リタイヤ 2   ルーベンス・バリチェロ フェラーリ 2 接触 6  
リタイヤ 3   ミカ・ハッキネン マクラーレン-メルセデス 0 ストール 3  

第3戦終了時点でのランキング編集

  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

編集

脚注編集

外部リンク編集