メインメニューを開く

2003年のフランスグランプリ (ロードレース)

概要編集

125ccクラス編集

125ccクラス決勝では、ダニ・ペドロサが独走でシーズン2勝目を挙げた。この結果ポイントランキングでもペドロサがトップに浮上することとなり、5ポイント差でルーチョ・チェッキネロが、11ポイント差でスティーブ・イェンクナーが追う状況となった[1]

250ccクラス編集

250ccクラスでは、トニ・エリアスが地元のランディ・ド・プニエを抑えて2連勝を遂げた。ポイントリーダーのマヌエル・ポジャーリは今回セバスチャン・ポルトと絡んで転倒リタイヤに終わり、エリアスが5ポイント差に迫ることとなった[2]

MotoGPクラス編集

MotoGPクラスでは今回より、開幕戦鈴鹿で事故死した加藤大治郎の後継として、前年の全日本ロードレース選手権ST600クラスチャンピオンである清成龍一テレフォニカ・モビスター・ホンダチームに抜擢され、セテ・ジベルナウのチームメイトを務めることになった。ただし大治郎が使用していた最新ワークス仕様のホンダ・RC211Vはジベルナウが受け継ぐこととなり、清成は前戦までジベルナウが使用していたサテライト仕様のRC211V(2002年仕様に改良を加えたもの)を駆ることとなった[3]

決勝レースでは、7周目にトップに立ったバレンティーノ・ロッシが後続を引き離しにかかっていたが、雨が激しく降り始めたため15周目終了時点をもって一旦レース中断となった。このような場合、前シーズンまでは2ヒート制のタイム合算で順位が争われていたが、このシーズンからはレギュレーションが変更され、中断時点の順位を元にスターティンググリッドを組んだ第2レース(今回は残り周回数である13周)の結果のみで順位が決まることとなった。

ウェットコンディションとなった第2レースは、ロッシ、ジベルナウ、アレックス・バロスゴロワーズ・ヤマハ・テック3)の3者によるトップ争いとなった。終盤はロッシとジベルナウによる抜きつ抜かれつの激しいバトルが展開され、ファイナルラップの最終コーナーでロッシをオーバーテイクしたジベルナウがシーズン2勝目を遂げた。清成は13位でデビューレースを終えた[4]

ポイントランキングでは、ロッシがリードを広げて2位のマックス・ビアッジに23ポイント差とした。ジベルナウは27ポイント差の3位に浮上した[5]

MotoGPクラス決勝結果編集

順位 ライダー マニュファクチャラー タイム/リタイヤ グリッド ポイント
1   セテ・ジベルナウ ホンダ 24:29.665 7 25
2   バレンティーノ・ロッシ ホンダ +0.165 1 20
3   アレックス・バロス ヤマハ +1.793 2 16
4   オリビエ・ジャック ヤマハ +29.912 16 13
5   マックス・ビアッジ ホンダ +31.493 5 11
6   ジェレミー・マクウィリアムス プロトン +33.946 12 10
7   宇川徹 ホンダ +35.447 8 9
8   芳賀紀行 アプリリア +36.231 18 8
9   ギャリー・マッコイ カワサキ +51.251 22 7
10   コーリン・エドワーズ アプリリア +1:01.802 19 6
11   阿部典史 ヤマハ +1 Lap 10 5
12   ニッキー・ヘイデン ホンダ +1 Lap 13 4
13   清成龍一 ホンダ +1 Lap 23 3
14   中野真矢 ヤマハ +2 Laps 9 2
15   マルコ・メランドリ ヤマハ +2 Laps 4 1
16   ケニー・ロバーツJr. スズキ +2 Laps 17
Ret   アンドリュー・ピット カワサキ 棄権 21
Ret   ジョン・ホプキンス スズキ 棄権 11
Ret   玉田誠 ホンダ 棄権 15
Ret   トロイ・ベイリス ドゥカティ 第1レースでリタイヤ 14
Ret   ロリス・カピロッシ ドゥカティ 第1レースでリタイヤ 3
Ret   カルロス・チェカ ヤマハ 第1レースでリタイヤ 6
Ret   青木宣篤 プロトン 第1レースでリタイヤ 20
  • グリッドは降雨中断前の第1レースのもの。

250ccクラス決勝結果編集

順位 ライダー マニュファクチャラー タイム/リタイヤ グリッド ポイント
1   トニ・エリアス アプリリア 43:55.538 5 25
2   ランディ・ド・プニエ アプリリア +3.740 3 20
3   ロベルト・ロルフォ ホンダ +4.562 9 16
4   フォンシ・ニエト アプリリア +4.972 4 13
5   松戸直樹 ヤマハ +5.122 8 11
6   シルバン・ギュントーリ アプリリア +6.100 7 10
7   アンソニー・ウエスト アプリリア +29.672 10 9
8   アレックス・デボン ホンダ +34.885 17 8
9   クリスチャン・ゲンメル ホンダ +35.013 22 7
10   ホアン・オリベ アプリリア +35.559 13 6
11   エクトル・ファウベル アプリリア +45.562 15 5
12   ヨハン・シュティーグフェルト アプリリア +54.955 14 4
13   アレックス・バルドリーニ アプリリア +55.049 23 3
14   ユーゴ・マルシャン アプリリア +55.794 12 2
15   エリック・バタイユ ホンダ +56.183 18 1
16   ヤロスラフ・ユレス ヤマハ +57.386 21
17   エルワン・ナイゴン アプリリア +1:27.351 11
18   フランコ・バッタイーニ アプリリア +1:36.597 2
19   ヤコブ・シュムルツ ホンダ +1 Lap 20
20   ヘンク・ファン・デ・ラグマート ホンダ +1 Lap 24
Ret   チャズ・デイビス アプリリア 棄権 16
Ret   デューク・ヘイドルフ アプリリア 棄権 19
Ret   マヌエル・ポジャーリ アプリリア 棄権 1
Ret   セバスチャン・ポルト ホンダ 棄権 6
Ret   Samuel Aubry ホンダ 棄権 25

125ccクラス決勝結果編集

順位 ライダー マニュファクチャラー タイム/リタイヤ グリッド ポイント
1   ダニ・ペドロサ ホンダ 41:58.500 6 25
2   ルーチョ・チェッキネロ アプリリア +2.337 7 20
3   アンドレア・ドヴィツィオーゾ ホンダ +2.427 1 16
4   ケーシー・ストーナー アプリリア +11.278 4 13
5   パブロ・ニエト アプリリア +11.814 18 11
6   宇井陽一 アプリリア +12.592 2 10
7   ステファノ・ペルジーニ アプリリア +18.930 16 9
8   スティーブ・イェンクナー アプリリア +25.206 19 8
9   トーマス・ルティ ホンダ +29.471 10 7
10   東雅雄 ホンダ +33.910 15 6
11   エクトル・バルベラ アプリリア +44.379 9 5
12   ミルコ・ジャンサンティ アプリリア +44.537 12 4
13   ジーノ・ボルソイ アプリリア +55.218 13 3
14   シモーネ・コルシ ホンダ +58.773 20 2
15   ロベルト・ロカテリ KTM +58.962 29 1
16   ガボール・タルマクシ アプリリア +1:07.803 17
17   マイク・ディ・メッリオ アプリリア +1:17.604 28
18   マックス・サバターニ アプリリア +1:20.140 21
19   エミリオ・アルサモラ デルビ +1:40.757 22
20   フリアン・シモン マラグーティ +1:43.908 27
21   クリス・マーティン アプリリア +1:49.778 34
22   ピーター・レナート ホンダ +1 Lap 36
23   イムレ・トス ホンダ +1 Lap 32
24   レオン・キャミア ホンダ +1 Lap 38
25   Jimmy Petit ホンダ +1 Lap 31
Ret   アレックス・デ・アンジェリス アプリリア 棄権 5
Ret   ファブリツィオ・ライ マラグーティ 棄権 23
Ret   William Gautier ホンダ 棄権 33
Ret   アルバロ・バウティスタ アプリリア 棄権 24
Ret   グレゴリー・ルフォー アプリリア 棄権 35
Ret   Xavier Herouin ホンダ 棄権 37
Ret   アレクシ・マスボー ホンダ 棄権 30
Ret   マルコ・シモンチェリ アプリリア 棄権 26
Ret   ジョエレ・ペリーノ アプリリア 棄権 25
Ret   ホルヘ・ロレンソ デルビ 棄権 3
Ret   ミカ・カリオ ホンダ 棄権 14
Ret   アルノー・ヴァンサン KTM 棄権 8

脚注編集

参考文献編集