メインメニューを開く

2003年の日本グランプリ (ロードレース)

2003年の日本グランプリは、ロードレース世界選手権2003年シーズン開幕戦として、4月4日から6日まで三重県鈴鹿サーキットで開催された。この年のレースは加藤大治郎の事故死という悲劇に見舞われた。翌年以降、鈴鹿はグランプリカレンダーから外れ、日本GPはツインリンクもてぎ(この年までパシフィックGPとして開催)でおこなわれるようになった。

日本の旗   2003年の日本グランプリ
レース詳細
2003年のロードレース世界選手権 全16戦中第1戦
Circuit Suzuka.png
決勝日 2003年4月6日
開催地 鈴鹿
開催コース 常設サーキット
5.821km
MotoGP
ポールポジション ファステストラップ
イタリアの旗 バレンティーノ・ロッシ イタリアの旗 バレンティーノ・ロッシ
2:06.838 2:04.970
表彰台
1. イタリアの旗 バレンティーノ・ロッシ
2. イタリアの旗 マックス・ビアッジ 3. イタリアの旗 ロリス・カピロッシ


250 cc
ポールポジション ファステストラップ
日本の旗 青山博一 日本の旗 青山博一
2:17.930 2:09.839
表彰台
1. サンマリノの旗 マヌエル・ポジャーリ
2. 日本の旗 青山博一 3. 日本の旗 高橋裕紀
125 cc
ポールポジション ファステストラップ
サンマリノの旗 アレックス・デ・アンジェリス イタリアの旗 ステファノ・ペルジーニ
2:15.417 2:14.282
表彰台
1. イタリアの旗 ステファノ・ペルジーニ
2. イタリアの旗 ミルコ・ジャンサンティ 3. ドイツの旗 スティーブ・イェンクナー


概要編集

125ccクラス編集

125ccクラス決勝では、ステファノ・ペルジーニスティーブ・イェンクナーミルコ・ジャンサンティルーチョ・チェッキネロとのバトルを制して勝利を挙げた。チェッキネロはファイナルラップにシケイン不通過となったことから一旦はタイムペナルティが課されたが、黄旗区間でペルジーニにオーバーテイクされたことをアピール。最終的にはチェッキネロへのペナルティは撤回され、ペルジーニには罰金が課されることとなった[1][2]。地元勢の最上位は、6位の宇井陽一だった。

250ccクラス編集

250ccクラス予選では、土曜日のセッションが雨でタイム更新が不可能だったこともあり、地元ワイルドカード勢が速さを見せることとなった。6度目のGP出場となったハルクプロの青山博一ホンダ)がポールポジションを獲得、2番グリッドにはSP忠男レーシングの中須賀克行ヤマハ)が続いた。グリッド2列目からは、クラス唯一のフル参戦日本人ライダーとなった松戸直樹(ヤマハ・クルツ)が5番手、ダイドーMiuレーシングの高橋裕紀(ホンダ)が7番手からのスタートとなった[3]

日曜日の決勝はマヌエル・ポジャーリが23番手グリッドから猛烈な追い上げを見せ、250ccクラスデビューレースで優勝を成し遂げた。2位には高橋裕紀をファイナルラップのシケインでオーバーテイクした青山博一が入り、自身初の表彰台を獲得した。3位の高橋は前年のパシフィックGPに続いて2度目の表彰台となった[4]

MotoGPクラス編集

2年目のシーズン開幕戦となったMotoGPクラスの予選では、ディフェンディングチャンピオンのバレンティーノ・ロッシレプソル・ホンダ)がポールポジションを獲得、2番手にマックス・ビアッジキャメル・ホンダ・ポンス)が続いた。地元勢最上位は3番グリッドの宇川徹(キャメル・ホンダ・ポンス)、5番手にルーキーの玉田誠プラマック・ホンダ)、10番手に中野真矢ダンティーン・ヤマハ)、11番手に加藤大治郎テレフォニカ・モビスター・ホンダ)が続いた[5]。このシーズンヤマハ・YZR-M1の開発ライダーを務めることになった阿部典史は当初ワイルドカード枠での出場予定だったが、マルコ・メランドリの負傷代役として急きょワークスのフォルツナ・ヤマハからエントリー、14番グリッドからのスタートとなった[6]

決勝レースでは、このシーズンから参戦を始めたドゥカティを駆るロリス・カピロッシが15番グリッドからロケットスタートを決めてトップに躍り出た。しかし5周目にはロッシがトップに立つとそのままリードを広げ、独走で開幕戦を制した。2位にはビアッジ、3位のカピロッシはドゥカティのMotoGP初レースでの表彰台獲得を成し遂げた。地元勢トップは9位の中野真矢だった[7]

加藤大治郎の死編集

 
日曜朝のフリー走行での大治郎

11番グリッドから好スタートを決めた加藤大治郎は6位にまでポジションを上げ、4位争いの集団バトルに加わっていた。しかし3周目の130Rの立ち上がりで、マシンのコントロールを失う。体勢を立て直そうとしたが、マシンは「ウィーブモード」と呼ばれる激しい振動状態に陥ってしまう。操縦不能のまま左方向にコースアウトし、約150km/hでタイヤバリアに接触。約16.5度という浅い角度だったためほとんど速度は落ちず、タイヤバリアが途切れた約120cmの隙間の先にあったスポンジバリアに約140km/hで頭から突っ込んでしまう。このときに頸椎を損傷した大治郎の意識は戻らないまま、4月20日午前0時42分、収容先の三重県立総合医療センターにおいて脳幹梗塞により息を引き取った[8][9]

この事故発生を受けて、ライダー達からはコース外のセーフティーエリアの狭さを指摘され、サーキットの危険性を改善するよう要求が出された。サーキットの運営母体であるホンダは、翌年までにコース改修することが困難であるとして、9月19日に鈴鹿での開催中止を発表した。予定では2005年からの再開を目標としていたが、結局日本GPの開催地はツインリンクもてぎに固定化されることとなり、現在のところ鈴鹿でのGP開催は2003年が最後となっている[10]

MotoGPクラス決勝結果編集

順位 ライダー マニュファクチャラー タイム/リタイヤ グリッド ポイント
1   バレンティーノ・ロッシ ホンダ 44:13.182 1 25
2   マックス・ビアッジ ホンダ +6.445 2 20
3   ロリス・カピロッシ ドゥカティ +8.209 15 16
4   セテ・ジベルナウ ホンダ +13.209 6 13
5   トロイ・ベイリス ドゥカティ +23.099 13 11
6   コーリン・エドワーズ アプリリア +29.040 9 10
7   ニッキー・ヘイデン ホンダ +29.126 23 9
8   アレックス・バロス ヤマハ +30.526 8 8
9   中野真矢 ヤマハ +33.447 10 7
10   カルロス・チェカ ヤマハ +40.200 4 6
11   阿部典史 ヤマハ +44.790 14 5
12   芳賀紀行 アプリリア +1:03.358 17 4
13   ジョン・ホプキンス スズキ +1:03.950 12 3
14   ケニー・ロバーツJr. スズキ +1:04.085 7 2
15   オリビエ・ジャック ヤマハ +1:09.990 21 1
16   ギャリー・マッコイ カワサキ +1:16.572 20
17   アンドリュー・ピット カワサキ +1:17.380 24
18   柳川明 カワサキ +1:23.605 18
19   芹沢太麻樹 モリワキ +1:35.459 16
20   宇川徹 ホンダ +1:57.128 3
Ret   玉田誠 ホンダ 棄権 5
Ret   青木宣篤 プロトン 棄権 19
Ret   ジェレミー・マクウィリアムス プロトン 棄権 25
Ret   加藤大治郎 ホンダ アクシデント 11

250ccクラス決勝結果編集

順位 ライダー マニュファクチャラー タイム/リタイヤ グリッド ポイント
1   マヌエル・ポジャーリ アプリリア 41:36.284 23 25
2   青山博一 ホンダ +1.373 1 20
3   高橋裕紀 ホンダ +1.496 7 16
4   セバスチャン・ポルト ホンダ +1.700 6 13
5   フランコ・バッタイーニ アプリリア +11.771 16 11
6   フォンシ・ニエト アプリリア +13.220 9 10
7   ロベルト・ロルフォ ホンダ +13.497 4 9
8   松戸直樹 ヤマハ +14.027 5 8
9   嘉陽哲久 ヤマハ +24.546 12 7
10   シルバン・ギュントーリ アプリリア +42.722 8 6
11   アレックス・デボン ホンダ +43.246 3 5
12   エルワン・ナイゴン アプリリア +47.871 21 4
13   ホアン・オリベ アプリリア +1:09.405 25 3
14   ヨハン・シュティーグフェルト アプリリア +1:09.779 13 2
15   ヤコブ・シュムルツ ホンダ +1:21.048 10 1
16   エリック・バタイユ ホンダ +1:21.788 27
17   ヤロスラフ・ユレス ヤマハ +1:35.538 15
18   チャズ・デイビス アプリリア +1:38.489 28
19   ヘンク・ファン・デ・ラグマート ホンダ +1:41.507 30
20   カーチャ・ペンスゲン ホンダ +1 Lap 26
Ret   エクトル・ファウベル アプリリア 棄権 18
Ret   アレックス・バルドリーニ アプリリア 棄権 11
Ret   クリスチャン・ゲンメル ホンダ 棄権 24
Ret   アンソニー・ウエスト アプリリア 棄権 17
Ret   トニ・エリアス アプリリア 棄権 29
Ret   中須賀克行 ヤマハ 棄権 2
Ret   ランディ・ド・プニエ アプリリア 棄権 20
Ret   小山知良 ヤマハ 棄権 22
Ret   デューク・ヘイドルフ アプリリア 棄権 19
Ret   ユーゴ・マルシャン アプリリア 棄権 14

125ccクラス決勝結果編集

 
勝者ペルジーニ
順位 ライダー マニュファクチャラー タイム/リタイヤ グリッド ポイント
1   ステファノ・ペルジーニ アプリリア 40:53.083 5 25
2   ミルコ・ジャンサンティ アプリリア +0.037 4 20
3   スティーブ・イェンクナー アプリリア +1.033 13 16
4   ルーチョ・チェッキネロ アプリリア +6.701 3 13
5   アンドレア・ドヴィツィオーゾ ホンダ +8.594 8 11
6   宇井陽一 アプリリア +8.940 18 10
7   パブロ・ニエト アプリリア +9.083 11 9
8   ダニ・ペドロサ ホンダ +22.993 2 8
9   トーマス・ルティ ホンダ +33.708 17 7
10   ジーノ・ボルソイ アプリリア +34.234 20 6
11   ミカ・カリオ ホンダ +34.234 34 5
12   シモーネ・コルシ ホンダ +35.245 28 4
13   マックス・サバターニ アプリリア +35.818 6 3
14   ガボール・タルマクシ アプリリア +35.945 23 2
15   ジョエレ・ペリーノ アプリリア +35.945 22 1
16   ファブリツィオ・ライ マラグーティ +42.964 21
17   東雅雄 ホンダ +43.063 30
18   アルバロ・バウティスタ アプリリア +51.526 19
19   フリアン・シモン マラグーティ +57.880 24
20   葛原稔永 ホンダ +58.129 25
21   マルコ・シモンチェリ アプリリア +58.412 15
22   マイク・ディ・メッリオ アプリリア +1:16.078 33
23   ロベルト・ロカテリ KTM +1:17.164 27
24   イムレ・トス ホンダ +1:21.140 31
25   クリス・マーティン アプリリア +1:21.384 32
26   レオン・キャミア ホンダ +1:56.001 36
27   田中明雄 ホンダ +1 Lap 37
Ret   青山周平 ホンダ 棄権 12
Ret   ピーター・レナート ホンダ 棄権 35
Ret   ケーシー・ストーナー アプリリア 棄権 7
Ret   ステファノ・ビアンコ ジレラ 棄権 10
Ret   ホルヘ・ロレンソ デルビ 棄権 29
Ret   アレックス・デ・アンジェリス アプリリア 棄権 1
Ret   アルノー・ヴァンサン KTM 棄権 16
Ret   エミリオ・アルサモラ デルビ 棄権 14
Ret   エクトル・バルベラ アプリリア 棄権 9
Ret   須磨貞仁 ホンダ 棄権 26

脚注編集

参考文献編集