2003年のCARTシーズン
前年: 2002 翌年: 2004

2003年のCARTシーズンは、シリーズ25回目のシーズン。CARTが運営する最後のシーズンとなった。2月23日のフロリダ州セントピーターズバーグで開幕し、10月26日のオーストラリアサーファーズ・パラダイスが最終戦であり、18戦で争われた。

第19戦がカリフォルニア州フォンタナで11月9日に開催予定であったが、山火事のためキャンセルとなった。シリーズチャンピオンはポール・トレーシーが獲得し、ルーキーオブザイヤーはセバスチャン・ボーデであった。シーズン後にCARTは経営破綻し、シリーズは翌年からチャンプカー・ワールド・シリーズの名称で開催された。

参加チームとドライバー 編集

ホンダトヨタIRLに転向したことにより、コスワースがCARTシリーズ唯一のエンジンサプライヤーとなった。タイヤはブリヂストンが供給を継続した。シリーズは2つのサプライヤーの名を冠し、「ブリヂストン・プレゼンツ・ザ・チャンプカー・ワールド・シリーズ・パワード・バイ・フォード」とされた[1]

チーム シャシー No ドライバー
  ニューマン・ハース・レーシング ローラ B02/00[2] 1   ブルーノ・ジュンケイラ
2   セバスチャン・ボーデ
  チーム・プレイヤーズ ローラ B02/00 3   ポール・トレーシー
32   パトリック・カーペンティア
  ハーディス・コンペティション ローラ B02/00 4   ロベルト・モレノ
  ロベルト・ゴンザレス
55   マリオ・ドミンゲス
  ウォーカー・レーシング レイナード 02I 5   ロドルフォ・ラヴィン
15   ダレン・マニング
25   ルイス・ディアス
  フィッティパルディ=ディングマン・レーシング レイナード 02I 7   ティアゴ・モンテイロ
  チーム・レイホール ローラ B02/00 9   ミチェル・ジョルディンJr.
  PKレーシング ローラ B02/00 27   パトリック・レマリエ
  ブライアン・ハータ
  マックス・パピス
  ミカ・サロ
  デイル・コイン・レーシング ローラ B02/00 11   ロベルト・ゴンザレス
  アレックス・ユーン
  ジェフ・ボス
  ガルター・サレス
19
  ジョエル・カマティアス
  アレックス・スペラフィコ
  アメリカン・スピリット・チーム・ヨハンソン レイナード 02I 12   ジミー・バッサー
31   ライアン・ハンター=レイ
  パトリック・レーシング ローラ B02/00 20   オリオール・セルビア
  ロケットスポーツ・レーシング ローラ B02/00 33   アレックス・タグリアーニ
  コンクエスト・レーシング レイナード 02I 34   マリオ・ハーバーフェルド
  フェルナンデス・レーシング ローラ B02/00 51   エイドリアン・フェルナンデス

チームの変更 編集

ホンダトヨタがCARTと袂を分かち、それに伴って4つのチームがIRLに転向した。チップ・ガナッシ・レーシングアンドレッティ・グリーン・レーシングチーム・グリーンチーム・モトローラが統合してできた新チーム)、モー・ナン・レーシングである。一方、コンクエスト・レーシングはIRLからCARTへ参戦した[3]。チーム・レイホールとフェルナンデス・レーシングはCARTとIRLの両シリーズに1台ずつ参戦した。前シーズンはパートタイムで参戦していたデイル・コイン・レーシングはフル参戦することとなった。

4つのチームが新規参入した。昨年までブリティッシュ・アメリカン・レーシングF1に参戦していたクレイグ・ポロックケビン・カルコーベンと共にPKレーシングで参入[4]、また、長年ロケットスポーツ・レーシングでトランザム・シリーズに参加していたポール・ジェンティロッティがチームを拡大してチャンプカー・シリーズに参入した[5]。カルコーベンとジェンティロッテイはCARTの破産後、その資産を買い取りシリーズのオーナーとなるグループの一員であった。F1とチャンプカーでシリーズ優勝を遂げたエマーソン・フィッティパルディと、起業家のジェイミー・ディングマンがティアゴ・モンテイロを起用してフィッティパルディ=ディングマン・レーシングとして参戦した[6]。また、ステファン・ヨハンソンはアメリカン・スピリット・チーム・ヨハンソンを結成して参入した[7]

ドライバーの変更 編集

2003年シーズンはチーム・ラインナップが大きく変化したことから、多くの新人がデビューすることとなった。開幕戦のセントピーターズバーグには19名が参加したが、そのうちの9名がルーキーであった。その中に2002年のフォーミュラ3000チャンピオンのセバスチャン・ボーデも含まれた。ボーデはニューマン・ハース・レーシングから参戦、参加初戦でポールポジションを獲得し、シリーズ4勝を挙げシーズン順位も4位で終えた。ウォーカー・レーシングは2人のルーキー、ロドルフォ・ラヴィンとダレン・マニングを起用した。マニングは実際には2002年にイギリスのロッキンガム・モーター・スピードウェイでデビューしていたが、シリーズではルーキーと見なされた。3つの新規参入チームがルーキードライバーを起用した。フィッティパルディ=ディングマン・レーシングはティアゴ・モンテイロを起用し、コンクエスト・レーシングはマリオ・ハーバーフェルドを起用、PKレーシングはパトリック・レマリエを起用した。

以前から継続して参戦していたドライバーたちも新たな環境を実感することとなった。チップ・ガナッシ・レーシングはIRLへ転向し、ニューマン・ハース・レーシングのブルーノ・ジュンケイラが、2002年限りでF1に転向したクリスチアーノ・ダ・マッタに代わって#1で出走することとなった。また、チーム・グリーンもIRLに転向したため、ポール・トレーシーはチーム・プレイヤーズに移籍した。トレーシーは結果として自らの新たなチームに栄冠をもたらした。アレックス・タグリアーニはチーム・プレイヤーズのシートをトレーシーに取って代わられたが、ロケットスポーツ・レーシングに自らのシートを得た。チャンプ・カーの長老とも言える立場であったジミー・バッサーは、チーム・レイホールが参戦態勢を縮小したためアメリカン・スピリット・チーム・ヨハンソンに加入した。バッサーのチームメイトはルーキーのライアン・ハンター=レーイであった。ハーディス・コンペティションは参戦態勢を拡大し、ロベルト・モレノを起用した。

体勢を変更しなかったチームはごく僅かであった。プレイヤーズのパトリック・カーペンティア、ハーディズのマリオ・ドミンゲス、チーム・レイホールのミチェル・ジョルディンJr.、パトリック・レーシングのオリオール・セルビア、エイドリアン・フェルナンデスが昨年に引き続いて参戦した。

シーズン中の変更 編集

  • アレックス・ユーンが第2戦のモンテレイからロベルト・ゴンザレスに代わってデイル・コイン・レーシングの11号車をドライブした[8]
  • スポンサー関係のトラブルでユーンはそのシートを失い、ミルウォーキーからはガルター・サレスがドライブした[9]
  • シーズン緒戦の振るわない戦績から、PKレーシングはパトリック・レマリエに代えてラグーナ・セカで同地でのレースに実績のあるブライアン・ハータを起用した[10]。ハータはその後アンドレッティ・グリーン・レーシングからIRLにフル参戦したため、次戦のポートランドからマックス・パピスが起用された[11]
  • ラグーナ・セカではまたデイル・コイン・レーシングがガルター・サレスに代えてジェフ・ボスを起用、11号車をドライブした[12]
  • デイル・コイン・レーシングのドライバーシャッフルは止まらず、ポートランドでガルター・サレスが復帰、ジョエル・カマティアスに代わって19号車をドライブした。サレスはシーズン終わりまで19号車をドライブしたが、10戦のトロントと16戦のマイアミでは以前の契約が残っていたため、アレックス・スペラフィコがドライブした[13]
  • PKレーシングはF1のベテラン、ミカ・サロを終盤の4戦で起用した[14]
  • 2名のメキシコ人ドライバーがメキシコシティでスポット参戦した。ハーディス・コンペティションはロベルト・モレノに代えてロベルト・ゴンザレスを起用、ウォーカー・レーシングはサードカーを投入しルイス・ディアスを起用した[15]

レース 編集

Rd レース サーキット 開催地 開催日
1   Grand Prix of St. Petersburg セントピーターズバーグ市街地コース[16] フロリダ州セントピーターズバーグ 2月23日
2   Tecate Telmex Monterrey Grand Prix ファンディドラ・パーク メキシコモンテレイ 3月23日
3   Toyota Grand Prix of Long Beach ロングビーチ市街地コース カリフォルニア州ロングビーチ 4月13日
4   London Champ Car Trophy ブランズハッチ イギリスロングフィールド 5月5日
5   German 500 ユーロスピードウェイ・ラウジッツ ドイツラウジッツ 5月11日
6   Milwaukee Mile Centennial 250 ミルウォーキー・マイル ウィスコンシン州ウェスト・アリス 5月31日
7   Grand Prix of Monterey ラグナ・セカ カリフォルニア州モントレー 6月15日
8   G.I. Joe's 200 ポートランド・インターナショナル・レースウェイ オレゴン州ポートランド 6月22日
9   U.S. Bank Cleveland Grand Prix クリーブランド・バーク・レイクフロント空港 オハイオ州クリーブランド 7月5日
10   Molson Indy Toronto エキシビション・プレイス オンタリオ州トロント 7月13日
11   Molson Indy Vancouver コンコード・パシフィック・プレイス ブリティッシュコロンビア州バンクーバー 7月27日
12   Mario Andretti Grand Prix at Road America ロード・アメリカ ウィスコンシン州エルクハートレイク 8月3日
13   Champ Car Grand Prix of Mid-Ohio ミッドオハイオ・スポーツカーコース オハイオ州レキシントン 8月10日
14   Molson Indy Montreal ジル・ヴィルヌーヴ・サーキット ケベック州モントリオール 8月24日
15   Centrix Financial Grand Prix of Denver デンバー市街地コース コロラド州デンバー 8月31日
16   Grand Prix Americas マイアミ市街地コース フロリダ州マイアミ 9月28日
17   Gran Premio Telmex-Gigante エルマノス・ロドリゲス・サーキット メキシコメキシコシティ 10月12日
18   Lexmark Indy 300 サーファーズ・パラダイス市街地コース オーストラリアサーファーズ・パラダイス 10月26日
19   King Taco 500 カリフォルニア・スピードウェイ カリフォルニア州フォンタナ 11月9日

シリーズ結果 編集

レース結果 編集

Rd レース ポールポジション ファステストラップ 優勝者 優勝チーム レポート
1   Grand Prix of St. Petersburg   セバスチャン・ボーデ   セバスチャン・ボーデ   ポール・トレーシー チーム・プレイヤーズ Report
2   Tecate Telmex Monterrey Grand Prix   セバスチャン・ボーデ   ブルーノ・ジュンケイラ   ポール・トレーシー チーム・プレイヤーズ Report
3   Toyota Grand Prix of Long Beach   ミチェル・ジョルディンJr.   ミチェル・ジョルディンJr.   ポール・トレーシー チーム・プレイヤーズ Report
4   London Champ Car Trophy   ポール・トレーシー   エイドリアン・フェルナンデス   セバスチャン・ボーデ ニューマン・ハース・レーシング Report
5   German 500   セバスチャン・ボーデ   ミチェル・ジョルディンJr.   セバスチャン・ボーデ ニューマン・ハース・レーシング Report
6   Milwaukee Mile Centennial 250   アレックス・タグリアーニ   パトリック・カーペンティア   ミチェル・ジョルディンJr. チーム・レイホール Report
7   Grand Prix of Monterey   パトリック・カーペンティア   パトリック・カーペンティア   パトリック・カーペンティア チーム・プレイヤーズ Report
8   G.I. Joe's 200   ポール・トレーシー   アレックス・タグリアーニ   エイドリアン・フェルナンデス フェルナンデス・レーシング Report
9   U.S. Bank Cleveland Grand Prix   セバスチャン・ボーデ   セバスチャン・ボーデ   セバスチャン・ボーデ ニューマン・ハース・レーシング Report
10   Molson Indy Toronto   ポール・トレーシー   ポール・トレーシー   ポール・トレーシー チーム・プレイヤーズ Report
11   Molson Indy Vancouver   ポール・トレーシー   セバスチャン・ボーデ   ポール・トレーシー チーム・プレイヤーズ Report
12   Mario Andretti Grand Prix at Road America   ブルーノ・ジュンケイラ   セバスチャン・ボーデ   ブルーノ・ジュンケイラ ニューマン・ハース・レーシング Report
13   Champ Car Grand Prix of Mid-Ohio   ポール・トレーシー   ジミー・バッサー   ポール・トレーシー チーム・プレイヤーズ Report
14   Molson Indy Montreal   アレックス・タグリアーニ   ブルーノ・ジュンケイラ   ミチェル・ジョルディンJr. チーム・レイホール Report
15   Centrix Financial Grand Prix of Denver   ブルーノ・ジュンケイラ   マリオ・ハーバーフェルド   ブルーノ・ジュンケイラ ニューマン・ハース・レーシング Report
16   Grand Prix Americas   エイドリアン・フェルナンデス   エイドリアン・フェルナンデス   マリオ・ドミンゲス ハーディス・コンペティション Report
17   Gran Premio Telmex-Gigante   ポール・トレーシー   ライアン・ハンター=レイ   ポール・トレーシー チーム・プレイヤーズ Report
18   Lexmark Indy 300   セバスチャン・ボーデ   ロベルト・モレノ   ライアン・ハンター=レイ アメリカン・スピリット・チーム・ヨハンソン Report
19   King Taco 500 Report

ポイントシステム 編集

順位 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
ポイント 20 16 14 12 10 8 6 5 4 3 2 1

ボーナスポイント

  • 1 point to fastest driver in a qualification session (2 sessions on road and street course events, 1 session for oval events).
  • 1 point to driver who leads the most laps.

ドライバー 編集

順位 ドライバー STP   MTY   LBH   BRH   LAU   MIL   LAG   POR   CLE   TOR   VAN   ROA   MDO   MTL   DEN   MIA   MEX   SUR   FON   ポイント
1   ポール・トレーシー 1 1 1 Ret 12 12 3 2 2 1 1 Ret 1 6 4 Ret 1 13 C 226
2   ブルーノ・ジュンケイラ 3 5 3 2 4 Ret 2 4 3 3 2 1 13 13 1 9 7 Ret C 199
3   ミチェル・ジョルディンJr. 2 2 Ret 6 3 1 4 12 7 2 4 Ret 4 1 6 7 4 4 C 195
4   セバスチャン・ボーデ (R) 11 Ret Ret 1 1 9 Ret Ret 1 4 3 2 5 Ret 2 Ret 2 Ret C 159
5   パトリック・カーペンティア 8 8 6 5 7 3 1 Ret 4 7 Ret 5 2 3 Ret 6 Ret 5 C 146
6   マリオ・ドミンゲス Ret 13 5 3 2 8 10 10 5 12 10 Ret Ret 5 7 1 3 10 C 118
7   オリオール・セルビア 12 Ret 12 4 5 2 6 5 6 5 Ret Ret Ret 2 3 Ret 13 Ret C 108
8   エイドリアン・フェルナンデス Ret 4 2 12 15 6 7 1 11 9 Ret 12 7 8 5 8 8 12 C 105
9   ダレン・マニング (R) Ret 7 8 10 6 4 Ret 6 10 8 5 6 8 10 8 11 9 2 C 103
10   アレックス・タグリアーニ Ret 3 10 8 Ret 5 14 3 8 Ret Ret 3 6 4 9 Ret Ret 7 C 97
11   ジミー・バッサー 6 14 4 Ret 8 11 8 7 13 13 Ret 9 15 Ret 11 4 Ret 3 C 72
12   マリオ・ハーバーフェルド (R) 4 Ret 9 9 14 7 5 8 15 Ret 7 8 10 11 10 5 12 14 C 71
13   ロベルト・モレノ 5 6 Ret 7 10 Ret 15 9 Ret 6 Ret 7 Ret 7 Ret 2 Ret C 67
14   ライアン・ハンター=レイ (R) Ret 12 7 16 11 Ret 12 Ret 9 11 6 10 3 Ret Ret 12 11 1 C 64
15   ティアゴ・モンテイロ (R) 7 Ret 11 14 13 10 9 Ret WD 10 Ret Ret 11 Ret 13 Ret 6 Ret C 29
16   ミカ・サロ (R) 14 3 5 11 C 26
17   マックス・パピス Ret 12 Ret 9 4 9 9 C 25
18   ロドルフォ・ラヴィン (R) Ret 15 Ret 15 9 Ret Ret 11 14 15 8 Ret 12 15 Ret Ret Ret 8 C 17
19   ガルター・サレス 13 Ret Ret DNS 11 Ret 12 Ret Ret 6 C 11
20   ジェフ・ボス (R) 16 13 Ret 14 DNS 13 14 14 12 10 Ret 9 C 8
21   パトリック・レマリエ (R) 10 10 13 11 Ret Ret C 8
22   ジョエル・カマティアス (R) 9 11 14 13 16 Ret 13 C 6
23   アレックス・ユーン (R) 9 Ret Ret Ret C 4
24   ロベルト・ゴンザレス (R) Ret 10 C 3
25   ブライアン・ハータ 11 C 2
26   アレックス・スペラフィコ (R) Ret Ret C 0
27   ルイス・ディアス (R) Ret C 0
順位 ドライバー STP   MTY   LBH   BRH   LAU   MIL   LAG   POR   CLE   TOR   VAN   ROA   MDO   MTL   DEN   MIA   MEX   SUR   FON   ポイント

ネイションズカップ 編集

順位 国名 STP   MTY   LBH   BRH   LAU   MIL   LAG   POR   CLE   TOR   VAN   ROA   MDO   MTL   DEN   MIA   MEX   SUR   FON   ポイント
1   カナダ 1 1 1 5 7 3 1 2 2 1 1 3 1 3 4 6 1 5 C 298
2   メキシコ 2 2 5 3 2 1 4 10 5 2 4 Ret 4 1 6 1 3 4 C 262
3   ブラジル 3 5 3 2 4 7 2 4 3 3 2 1 10 7 1 2 7 6 C 228
4   フランス 11 10 13 1 1 9 Ret Ret 1 4 3 2 5 Ret 2 Ret 2 Ret C 161
5   アメリカ合衆国 6 12 4 16 8 11 8 7 9 11 6 9 3 14 11 4 11 1 C 107
6   スペイン 12 Ret 12 4 5 2 6 5 6 5 Ret Ret Ret 2 3 Ret 13 Ret C 106
7   イギリス Ret 7 8 10 6 4 Ret 6 10 8 5 6 8 10 8 11 9 2 C 103
8   ポルトガル 7 Ret 11 14 13 10 9 Ret WD 10 Ret Ret 11 Ret 13 Ret 6 Ret C 28
9   フィンランド 14 3 5 11 C 26
10   イタリア Ret 12 Ret 9 4 9 9 C 25
11   スイス 9 11 14 13 16 Ret 13 C 6
12   マレーシア 9 Ret Ret Ret C 4
順位 国名 STP   MTY   LBH   BRH   LAU   MIL   LAG   POR   CLE   TOR   VAN   ROA   MDO   MTL   DEN   MIA   MEX   SUR   FON   ポイント

ドライバーズポイント 編集

順位 氏名 チーム 参戦数 勝利数 入賞数 トップ5 トップ10 ポールポジション ラップリード ポイント
1   ポール・トレーシー   チーム・プレイヤーズ 18 7 10 11 12 6 658 226
2   ブルーノ・ジュンケイラ   ニューマン・ハース・レーシング 18 2 9 12 14 2 184 199
3   ミチェル・ジョルディンJr.   チーム・レイホール 18 2 6 11 15 1 350 195
4   セバスチャン・ボーデ (R)   ニューマン・ハース・レーシング 18 3 7 9 10 5 254 159
5   パトリック・カーペンティア   チーム・プレイヤーズ 18 1 4 8 14 1 107 146
6   マリオ・ドミンゲス   ハーディス・コンペティション 18 1 4 7 13 -- 76 118
7   オリオール・セルビア   パトリック・レーシング 18 -- 3 7 9 -- 37 108
8   エイドリアン・フェルナンデス   フェルナンデス・レーシング 18 1 2 4 11 1 123 105
9   ダレン・マニング (R)   ウォーカー・レーシング 18 -- 1 3 15 -- 4 103
10   アレックス・タグリアーニ   ロケットスポーツ・レーシング 18 -- 3 5 11 1* 70 97
11   ジミー・バッサー   アメリカン・スピリット・チーム・ヨハンソン 18 -- 1 3 8 -- 18 72
12   マリオ・ハーバーフェルド (R)   コンクエスト・レーシング 18 -- -- 3 11 -- -- 71
13   ロベルト・モレノ   ハーディス・コンペティション 17 -- 1 2 9 -- 6 67
14   ライアン・ハンター=レイ (R)   アメリカン・スピリット・チーム・ヨハンソン 18 1 2 2 6 -- 15 64
15   ティアゴ・モンテイロ (R)   フィッティパルディ=ディングマン・レーシング 18 -- -- -- 5 -- 14 29
16   ミカ・サロ (R)   PKレーシング 4 -- 1 2 2 -- 6 26
17   マックス・パピス   PKレーシング 7 -- -- 1 4 -- -- 25
18   ロドルフォ・ラヴィン (R)   ウォーカー・レーシング 18 -- -- -- 3 -- -- 17
19   ガルター・サレス   デイル・コイン・レーシング 9 -- -- -- 1 -- -- 11
20   ジェフ・ボス (R)   デイル・コイン・レーシング 11 -- -- -- 2 -- -- 8
21   パトリック・レマリエ (R)   PKレーシング 6 -- -- -- 2 -- -- 8
22   ジョエル・カマティアス (R)   デイル・コイン・レーシング 7 -- -- -- 1 -- -- 6
23   アレックス・ユーン (R)   デイル・コイン・レーシング 4 -- -- -- 1 -- -- 4
24   ロベルト・ゴンザレス (R)   ハーディス・コンペティション
  デイル・コイン・レーシング
2 -- -- -- 1 -- -- 3
25   ブライアン・ハータ   PKレーシング 1 -- -- -- -- -- -- 2
26   アレックス・スペラフィコ (R)   デイル・コイン・レーシング 2 -- -- -- -- -- -- 0
27   ルイス・ディアス (R)   ウォーカー・レーシング 1 -- -- -- -- -- -- 0

* アレックス・タグリアーニはミルウォーキーでポールポジションを獲得したが、予選セッションが雨で中止されたためボーナスポイントは加算されなかった。スターティンググリッドはプラクティスタイムで決定した。

参照 編集

  1. ^ “"Ford increases their stake in CART"”. motorsport.com. (2002年11月21日). http://www.motorsport.com/news/article.asp?ID=111881&FS=INDYCAR 2008年5月20日閲覧。 
  2. ^ “"Lola continues strong presence in 2003"”. motorsport.com. (2002年12月2日). http://www.motorsport.com/news/article.asp?ID=112279&FS=INDYCAR 2008年5月18日閲覧。 
  3. ^ “"Conquest Racing joins Champ Car Series"”. motorsport.com. (2002年12月23日). http://www.motorsport.com/news/article.asp?ID=112911&FS=INDYCAR 2008年5月30日閲覧。 
  4. ^ “"Pollock, Kalkhoven form Champ Car team"”. motorsport.com. (2003年1月15日). http://www.motorsport.com/news/article.asp?ID=113603&FS=INDYCAR 2008年5月30日閲覧。 
  5. ^ “"Gentilozzi to own CART team in 2003"”. motorsport.com. (2002年11月16日). http://motorsport.com/news/article.asp?ID=111581&FS=INDYCAR 2008年5月30日閲覧。 
  6. ^ “"Fittipaldi-Dingman Racing, driver Monteiro enter Champ Car series"”. motorsport.com. (2003年2月10日). http://www.motorsport.com/news/article.asp?ID=115177&FS=F3000 2008年5月30日閲覧。 
  7. ^ “"Johansson forms two car CART team"”. motorsport.com. (2002年12月20日). http://motorsport.com/news/article.asp?ID=112861&FS=INDYCAR 2008年5月30日閲覧。 
  8. ^ “"Former F1 driver Yoong joins Dale Coyne Racing"”. motorsport.com. (2003年3月21日). http://www.motorsport.com/news/article.asp?ID=117949&FS=INDYCAR 2008年6月11日閲覧。 
  9. ^ “"Yoong steps down at Dale Coyne Racing"”. motorsport.com. (2003年5月26日). http://www.motorsport.com/news/article.asp?ID=124721&FS=INDYCAR 2008年6月11日閲覧。 
  10. ^ “"Herta replaces PK Racing's rookie for Laguna"”. motorsport.com. (2003年6月12日). http://www.motorsport.com/news/article.asp?ID=126512&FS=INDYCAR 2008年6月11日閲覧。 
  11. ^ “"'Mad Max' Papis returns to Champ Car competition"”. motorsport.com. (2003年6月18日). http://www.motorsport.com/news/article.asp?ID=127377&FS=INDYCAR 2008年6月11日閲覧。 
  12. ^ “"Dale Coyne Racing signs Geoff Boss"”. motorsport.com. (2003年6月12日). http://www.motorsport.com/news/article.asp?ID=126511&FS=INDYCAR 2008年6月11日閲覧。 
  13. ^ “"Toronto: Round ten preview"”. motorsport.com. (2003年7月8日). http://www.motorsport.com/news/article.asp?ID=129560&FS=INDYCAR 2008年6月11日閲覧。 
  14. ^ “"Salo to debut at Denver"”. motorsport.com. (2003年8月27日). http://www.motorsport.com/news/article.asp?ID=134842&FS=INDYCAR 2008年6月11日閲覧。 
  15. ^ “"Walker Racing add Luis Diaz to team's Mexico City lineup"”. motorsport.com. (2003年9月30日). http://www.motorsport.com/news/article.asp?ID=138660&FS=INDYCAR 2008年6月11日閲覧。 
  16. ^ アルバート・ウィッテッド空港と空港周囲の道路を組み合わせたコース。

外部リンク 編集

  • Aberg, Andreas. “Bridgestone Presents the Champ Car World Series Powered by Ford 2003”. Driver Database. 2009年5月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年5月19日閲覧。
  • 2003 Bridgestone Presents the Champ Car World Series Powered by Ford”. Champ Car Stats. 2009年5月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年5月19日閲覧。
  • “Bankruptcy Judge Awards CART, Inc. Assets to Open Wheel Racing Series”. The Auto Channel. (2004年1月28日). http://www.theautochannel.com/news/2004/01/28/178394.html 2009年5月20日閲覧。 
  • "FEMA Quickly Authorizes Funds To Help Fight Grand Prix Fire" (Press release). Federal Emergency Management Agency. 24 October 2003. 2009年5月20日閲覧
  • Standings after Fontana”. Champ Car World Series. 2009年5月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年5月19日閲覧。

関連項目 編集