ブライアン・ハータ

ブライアン・ジョン・ハータ (Bryan John Herta, 1970年5月23日 - ) は、アメリカ合衆国レーシングドライバーミシガン州ウォーレン出身。自身のチーム、ブライアン・ハータ・オートスポーツを率いてインディ・ライツに参戦している。

ブライアン・ハータ
Bryan Herta
Bryan Herta 2004 Indianapolis 500 Third Qual Day.JPG
2004年、インディ500で
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1970-05-23) 1970年5月23日(51歳)
出身地 ミシガン州ウォーレン
IRL インディカー・シリーズでの経歴
活動時期 2003-2006
所属 アンドレッティ・グリーン・レーシング
出走回数 58
優勝回数 2
ポールポジション 3
シリーズ最高順位 8位 (2005)
ブライアン・ハータ
基本情報
CART チャンピオンシップ・カーでの経歴
活動時期 1994-2001, 2003
所属 A.J.フォイト・エンタープライズ
チップ・ガナッシ・レーシング
チーム・レイホール
ウォーカー・レーシング
モー・ナン・レーシング
ザクスピード/フォーサイス・レーシング
PKレーシング
出走回数 121
優勝回数 2
ポールポジション 7
シリーズ最高順位 8位 (1996 & 1998)
過去参加シリーズ
2005-2006
1992-1993
1990-1991
A1グランプリ
インディ・ライツ
バーバー・サーブ・プロ・シリーズ
選手権タイトル
1993
1991
インディ・ライツチャンピオン
バーバー・サーブ・プロ・シリーズチャンピオン

経歴編集

チャンプカー編集

ハータは当初下位のカテゴリーに参加し、バーバー・フォーミュラ・フォードやバーバー・サーブ・シリーズなどで成功を収める。1993年にはタスマン・モータースポーツからインディ・ライツに参戦、シリーズチャンピオンとなった。

1994年、A.J.フォイト・エンタープライズからチャンプカー・シリーズに参戦。何度か好成績を収めたものの、シーズン後半のトロント戦で負傷した。

1995年にはチップ・ガナッシ・レーシングから参戦する。フェニックス戦でポールポジションを獲得したものの、それ以外に目立った成績を収められず、チームメイトのジミー・バッサーはシリーズ8位となったが、ハータは20位と振るわぬ成績であった。翌1996年、ハータはチーム・レイホールへ移籍した。

続く数年間でハータはロードコースでのパフォーマンスを評価されるようになり、特にラグナ・セカでの評価が高まった。1996年には最終ラップまでトップを維持したが、「コークスクリュー」でアレッサンドロ・ザナルディに抜かれて勝利を逃した。ハータはラグナ・セカでフロントロー以下からスタートすることは滅多になく。1998年および1999年には優勝を遂げた。ハータはのキャリアにおける絶頂時、チームオーナーのデイヴィッド・レターマンは彼のファンを「ハータマニア Hertamania」と呼んだ。

 
2001年、ハータのドライブするフォーサイス・レーシングの77号車

1998年のウィスコンシン戦のオープニングラップで、ハータは北米モータースポーツ史上最も恐るべき事故の一つに捲き込まれた。4マイルのロードコースの5番目のターンで、ハータはチームメイトでありオーナーでもあるレイホール車の後部に接近しすぎてスピンし、ランオフエリアに飛び出したところ、数秒後に後続のアレックス・バロン車がコースアウトしハータの車に正面から乗り上げた。ESPNのカメラはハータのヘルメットをクローズアップし、拳を握りしめた瞬間バロンの車が乗り上げるところを撮影している。しかしながら両名とも大きな負傷もなく、ハータはバロンの車が実際には顔から数インチのところに乗り上げたと報告した。

2000年から2003年まで、ハータはフォーサイス・レーシングモー・ナン・レーシングPKレーシングといった様々なチームでドライブした。しかしながら、90年代後半のパフォーマンスを取り戻すことはできなかった。2002年、ミナルディの「サンダー・イン・ザ・パーク」イベントがドニントン・パークで行われ、彼は初めてF1カーをドライブした。このことによりハータがミナルディからF1に参戦するのではと取りざたされたが、実現することはなかった。

IRL インディカー編集

スポーツカーに短期間参戦した後、彼は2003年途中に負傷したダリオ・フランキッティの代役としてIRLに参戦、オープンホイール・レースに復帰した。

アンドレッティ・グリーン・レーシングから参戦したハータは、IRLにおける3度目のレースであるカンザス戦で初の優勝を遂げた。2004年にはアンドレッティ・グリーン・レーシングの4号車をドライブ、エンジン開発を担当した。2005年7月31日、ミシガン戦で2度目の優勝を遂げる。チームメイトのダン・ウェルドンを破っての僅差での優勝であった。

2006年始め、IRLのシーズン前にラグナ・セカおよびファンディドラ・パークでA1チームUSAからA1グランプリに出場した。

2006年までハータはインディ500に5回 (1994-1995, 2004-2006) 出場しており、3度トップ10でフィニッシュしている。最高位は2005年の3位であった。ハータのヘルメットは AliveDesignCo.com による塗装が施されている。

スポーツカー編集

2006年10月31日、ハータは2007年のアメリカン・ル・マン・シリーズに参戦するアンドレッティ・グリーン・レーシングの新たなアキュラ「ル・マン」プロトタイプ開発プログラムドライバーとして採用された。彼はダリオ・フランキッティの弟、マリーノ・フランキッティと共に開発を担当した。2007年1月3日、ダリオ・フランキッティがマリーノ、ハータと共に開発車をドライブすると発表された。ハータは1度のクラス優勝を遂げ、シーズンを7位で終了した。彼はまた、A1チームUSAでA1GPマシンをドライブし、オーストラリア戦では10位でフィニッシュした。

現役引退後編集

レースから引退して以来、ハータはヴィジョン・レーシングのドライバーコーチとなり、自らのチーム、ブライアン・ハータ・オートスポーツを結成してインディ・ライツに参戦している。チームは、ヴィジョン・レーシングのインディ・ライツチームと技術提携している。2009年には、ダニエル・ヘリントンを擁してフルタイム参戦した。

2011年、現役時代にアンドレッティ・グリーン・レーシングのチームメイトだったダン・ウェルドンをドライバーに、ブライアン・ハータ・オートスポート・ウィズ・カーブ/アガジェニアンチームとしてインディ500にスポット参戦し、見事インディ500優勝を飾った。ドライバー、オーナー・監督を通して、ハータ自身初のインディ500優勝だった。

翌2012年からはシリーズにフル参戦し、ドライバーはアレックス・タグリアーニを起用する。

レース成績編集

オープンホイール編集

太字はポールポジション、斜体はファステストラップ)

CART編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 順位 ポイント
2003 PKレーシング  
STP
 
 
MTY
 
 
LBH
 
 
BRH
 
 
LAU
 
 
MIL
 
 
LS
11
 
POR
 
 
CLE
 
 
TOR
 
 
VAN
 
 
ROA
 
 
MDO
 
 
MTL
 
 
DEN
 
 
MIA
 
 
MXC
 
 
SRF
 
 
FON
 
25位 2
チーム 勝利数 ポイント シリーズランキング
1994 A.J.フォイト・エンタープライズ 0 11 23位
1995 チップ・ガナッシ・レーシング 0 30 20位
1996 チーム・レイホール 0 86 8位
1997 チーム・レイホール 0 72 11位
1998 チーム・レイホール 1 97 8位
1999 チーム・レイホール 1 84 12位
2000 フォーサイス/ウォーカー/モー・ナン 0 26 18位
2001 フォーサイス・レーシング 0 28 22位
2003 PKレーシング 0 2 25位

2 wins, Best championship result: 8th

インディカー編集

チーム 勝利数 ポイント シリーズランキング
2003 アンドレッティ・グリーン・レーシング 1 277 13位
2004 アンドレッティ・グリーン・レーシング 0 362 9位
2005 アンドレッティ・グリーン・レーシング 1 397 8位
2006 アンドレッティ・グリーン・レーシング 0 289 11位

2 wins, best championship result: 8th

インディ500編集

シャシー エンジン スタート フィニッシュ チーム
1994 ローラ フォードコスワース 22位 9位 フォイト
1995 レイナード フォード・コスワース 33位 13位 ガナッシ
2003 ダラーラ ホンダ Injured アンドレッティ・グリーン
2004 ダラーラ ホンダ 23位 4位 アンドレッティ・グリーン
2005 ダラーラ ホンダ 18位 3位 アンドレッティ・グリーン
2006 ダラーラ ホンダ 16位 20位 アンドレッティ・グリーン

ル・マン24時間レース編集

チーム コ・ドライバー 使用車両 クラス 周回 総合順位 クラス順位
2002年   パノス・モータースポーツ   デビッド・ブラバム
  ヤン・マグヌッセン
パノス・LMP01 Evo LMP900 90 DNF DNF

外部リンク編集

タイトル
先代:
ロブ・ウィルソン
バーバー・サーブ・プロ・シリーズ・チャンピオン
1991
次代:
ロバート・アムレン
先代:
ロビー・ブール
インディ・ライツ・チャンピオン
1993
次代:
スティーヴ・ロバートソン